社会保障制度

2014年8月22日 (金)

慢性疲労症候群、実態調査開始へ

おはようございます

久しぶりのブログ更新です
またしても中2日空けてしまいました
この間にも沢山の方がこのブログにアクセスして頂いており、
有難いのと同時に、ちょっと申し訳なくもあります。
毎日はちょっと無理ですが、出来るだけ更新したいと思いますので、
今後とも宜しくお願いいたします<m(__)m>

さて、今回は慢性疲労症候群について、
毎日新聞の記事が出ていましたので紹介したいと思います。
詳細は
コチラをご参照下さい。

慢性疲労症候群(筋痛性脳脊髄炎)は、原因不明の激しい疲労が長期間続く病気です。
日本国内に推定30万人、その内4分の1が寝たきりの状態と言われていますが、
実態を示すデータがないことから、福祉や医療の保護を受け辛いという現実があります。
未だに難病指定されていません。
専門医の数も十分ではないことも大きな問題です。

これに対して厚生労働省は、
患者の日常生活の困難さや症状の経過を把握する調査を月内にも始めることになりました。

実施責任者の遊道和雄
難病治療研究センター長は、
「福祉や医療で患者に何が必要かを把握したい。
100人以上の患者に参加してもらうことが必要だ」
と話しています。
「筋痛性脳脊髄炎の会」の篠原三恵子理事長も、
「多くの患者に調査を知ってもらい、参加してほしい」と呼びかけています。


調査対象は医療機関で筋痛性脳脊髄炎と診断された人。
参加を希望する患者は10月末までに氏名、住所、電話番号、
メールアドレスを遊道センター長にご連絡下さい。
連絡先は電話(044・977・8111、内線4029)
またはメール(
yudo@marianna-u.ac.jp)で受け付けているそうです。

※因みに幣事務所は、上記センターや筋痛性脳脊髄炎の会とは関係がありません。
 しかし、ご病気で苦しまれている方がこの調査の存在を知っていただき、
 今後、この病気の医療や福祉制度構築のきっかけになればと思い、
 今回このブログで紹介させていただきました。

それと、慢性疲労症候群は障害年金の対象でもあります。
一昨年、厚労省からの通達で『認定が困難な疾患の認定事例』というものが出ていました。
その病気の症状から、障害認定がし辛かったものの1級~3級の事例を示しています。
勿論、必ずこの通りになる訳ではないでしょうが、
請求をお考えの方の一つの視準にはなると思います。
慢性疲労症候群もこの中に入っています。
詳しくはこのブログ『認定が困難な疾患の認定事例』をご参照下さい。



障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com
※お電話はこちらから掛けなおします。
 時間を気にせずご相談いただけます!







2013年10月29日 (火)

難病医療費助成の見直し案について考える

こんばんは

今日は疲れから腰痛が出ていたこともあり、仕事を休んで1日ゆっくりして過ごしました。
お蔭さまで、少しは回復しております。
適度に休むことは大切ですね

さて、今日テレビを見ていたら、難病医療費の助成について、
新法案提出の方針とのニュースが流れていました。
現在、医療費助成(要するに治療費の全部または一部を国が負担するということです)の対象を、
現在の56疾患から300疾患程度に拡大することになります。

これは非常に喜ばしいことなのですが、
助成の対象を原則として重症の患者に限ると決定しています。
(現在も認定基準がありますので、恐らく現行よりも厳しくなるということでしょう)


具体的には、患者の負担割合を2割とした上で、
1か月の自己負担の限度額を、年収に応じて5段階に分け負担を求めるとしています。

(最低3000円から最高4万4400円)
※症状が軽い患者でも、高額の医療費がかかる場合は助成の対象にするとしています。

問題は、現在全額公費負担となっている重症の患者からも負担を求めることになっていることです。
当然、患者会の代表からは見直しを求める意見が出ております。

重病の方の多くは、経済的にも困窮している現状があります。
その方々に負担を求めるというのは、余りにも酷過ぎる法案だと言わざるを得ません。

来月中をめどに報告書をまとめ、来年の通常国会に法案として提出する方針のようです。
これに対して、日本難病・疾病団体協議会の伊藤建雄代表理事は、


「患者が医療費を継続的に払うことができるか疑問で、
難病団体の間では、この案はひどいという声で一致している。
議論の時間が不足しているので、期限を引き延ばしてでももっと議論していくべきだ」


との意見ですが、本当にその通りだと思います。

確かに、現行の56疾患から約300疾患に拡大するのは有用なことです。
1日も早くそうするべきです。
一方で公費の負担も増すため、どこからか費用を捻出する必要があります。
それは分かるのですが、だからと言って重病患者に負担を強いるのは如何なものなのか?
来月までに報告書をまとめるというのは、はっきり言って時期尚早です。

慎重に議論を重ねて頂きたいと思います。
弱者切り捨ての制度にはなってはなりません。




障害年金の請求代行@熊本
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
http://www.tabira-sr.com





 

2013年9月26日 (木)

聞かれたことをきちんと答えるべき②

こんばんは
2013092612250000
今日のお昼は、
熊本市西区春日にある定食屋『味処壱・弐・参』に行きました。

写真は、今日食べた唐揚げ定食(600円)です
写真でも分かると思いますが、かなりのボリュームです
味はちょっと濃いめですが、個人的には結構ツボです
他にも味噌豚やカニクリームコロッケあたりがオススメです。
安くてお腹いっぱいになりたい方には、
是非お勧めしたいお店の一つです
※詳細はコチラをご覧ください。

さて、前回の続きから。
ここからは私と、対応した某役所の女性職員(以下、職員)のやりとりです。

ワタシ:「特定疾患医療受給者証の新規申請について聞きたいのですが、
     申請の際には診断書のようなものが必要だと思います。
     その書式はどこで
貰えるんですか?」

職 員:「継続の申請ですか?それなら・・・。」

ワタシ:「いえ、新規です。その際の診断書ですが書式はどこで手に入るのですか?」

職 員:「これは申請したからといって、必ず認められるものではありません。」

ワタシ:「いや、そういうこと聞きたいんじゃないんです。診断書は・・・。」

職 員:「(ワタシの話を遮って)最後まで聞いて下さい。
     申請したからと言って皆さんが認められる訳ではないんです。


ワタシ:「審査があるんでしょう?それは分かっています。私が聞きたいのは・・・。」

職 員:「(また遮られる)申請者の1割くらいの人は、認められていないんです。
     それに、普通は医者から勧められて申請しますし、医者が持ってるものですよ。」

ワタシ:「えっ、それって診断書は各病院の任意様式でいいということですか?」

職 員:「そうではありません。専用のものがあります。」

ワタシ:「だから、それはどこにあるんですか?病院に備え付けてあるんですか?」

職 員:「認定基準がありますので、それより先に
     医者に該当するかどうかを聞いてからの方が・・・。」

ワタシ:「(かなり呆れています)認定基準があって、それに基づいて審査される。
     そして全員が認められる訳ではないことは分かりました。
     私が聞きたいのは、診断書の書式がどこで手に入るかということです。」

職 員:「臨床検査個人表といって、診断書みたいなものがあります。
     
難病情報センターのホームページからダウンロード出来たハズです(←やっと答えた)。」

ワタシ:「私はそれを聞いているんですよ。」

職 員:「でも、そんなこと知らなくても、医者から教えて貰えるハズですよ。」

ワタシ:「・・・あのね。医者だって知らない人いっぱいいますよ。
     それに、知ってても積極的に教えてくれない医者もいる。
     私は障害年金の請求を代行している社会保険労務士ですが、
     56疾患に該当しながら、この制度自体を知らない方を何人も知っています。
     そういう現実、あなた分かってて言ってるんですか?」

職 員:「・・・」

ワタシ:「審査があるので全員が認められる訳ではないし、
     あなた達はそれを説明しなければならない、それは分かる。
     でも、順番が違うんじゃないですが?
     私の質問に答えてから言うべきことじゃないですか?」

職 員:「・・・」

以上が私とこの職員のやり取りです。

私も聞いていて非常にムカつきましたが、
実際に申請をしようとした方が、こういう対応をされたらどう思いますかね?

私は、意味もなく行政の批判をするつもりはありません。
彼らには彼らなりの立場もあると思いますので。
しかし、今回の様な対応では、申請したいと思っている人の意欲を削ぎかねません。
「医者から言われていないので、申請出来ないんだ」
そう思ってしまう人もいるんじゃないですかね?

『必ず認められる訳ではない』ので、それを説明しなければならないのは分かりますが、
話す順序とか言い方とか、もう少し考えて頂きたいと私は思います。

皆さんはどう思われますか?



障害年金の請求代行@熊本
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
http://www.tabira-sr.com





2013年9月24日 (火)

聞かれたことをきちんと答えるべき①

2013092412160000こんばんは

今日のお昼は餃子の王将のマーボー丼です

もう少し辛くてもいいかなという味付でしたが、
今日はマーボー丼な気分だったこともあり、
それなりに満足しています
それはいいとして、メニューにはマーボー丼”定食”はあるのに、
”単品”は書いていない
何故だったんでしょうか?
因みに、定食700円に対して、単品(スープ付)は504円でした

さて、先日とある役所に電話での問い合わせをしたのですが、非常に残念な対応をされました。
黙っておこうと思ったのですが、思い出すと腹が立って仕方がないので書きたいと思います。
(こういうのが嫌いな人もいると思いますので、そういう方は今回は読まないで下さい。)

皆さんは特定疾患医療受給者証というのをご存知でしょうか?
現在、国で特定疾患となっている病気が130疾患あり、
その内の56疾患が特定疾患治療研究事業対象疾患として定められています。
そして、特定疾患治療研究事業対象疾患については、
医療費の全部または一部が公費の対象となります(要するに補助されるということです)。
※詳細は、難病情報センターのHPをご参照下さい。

私が障害年金のご相談をいただく方の中にも、
この56疾患に該当する方が何人もいらっしゃいます。
その中には、特定疾患医療受給者証をお持ちの方もいますし、
そうでない方もいます。

中にはこの制度自体を知らない方もいます。

そんな方にはこういう制度があることを、情報として伝えています。
※因みに私は、これ以外にも特定疾病療養受療証自立支援医療なども、
ご相談者様への情報提供として、制度の紹介をさせていただいています。

・・・で、実際にお持ちの方から手続きは煩雑かどうかを聞いたところ、
詳しくは覚えていないが、そんなに難しくなかったと思うと言われました。
それで、どの様な手続きをするのかについて、ネット等で調べていました。

その中で、その申請書を県庁や市区役所(以上熊本市の方)、
各保健所(熊本市以外在住の方)に提出することは分かりました。
しかし、申請書と一緒に提出する『臨床検査個人表』(診断書みたいなものです)が、
どこで手に入るのかが分かりません。
そこで、某役所に電話を掛けた訳です。

・・・ちょっと長くなりそうなので、続きはまた次回




障害年金の請求代行@熊本
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
http://www.tabira-sr.com





2013年4月 7日 (日)

児童扶養手当④

こんばんは

昨日に引き続き風邪ひいています
そんな中、娘と温泉に行きました。
(どこか連れてってとのことだったので、取敢えず体の温まるところをチョイスしました
向かったのは熊本市佐土原にある、
天然温泉一休
ゆっくりお風呂につかって、2人でソフトクリームを食べて、クレーンゲームで遊んで、
それなりに楽しめた日曜日の昼下がりでした
明日も朝から面談が入っているので、それまでにはいい加減治さないとイカンですね

さて、『児童扶養手当』の4回目。
今回は具体例で示したいと思います。
※①~③の事例全て、父と母が入れ替わっても勿論OKです。

①父の障害年金受給権発生時に子の加算があり、母が児童扶養手当を貰っていない場合。

⇒このパターンが一番分かりやすいのではないでしょうか?

②父の障害年金受給権発生時に子の加算がなく、母が児童扶養手当を貰っている場合。

⇒要するに、障害年金受給権発生時には子供がいなかったが、後に生まれたというケースです。
平成23年3月までは障害年金の子の加算については受給権発生時にしか認めていませんでした。
それが、平成23年4月の法改正によって、
受給権発生後に生まれた子についても、子の加算が認められるようになりました。
(詳しくはこのブログ
『扶養手当が付くことがあります②』参照)

③父の障害年金受給権発生時に子の加算があり、
その後に生まれた子について母が児童扶養手当を貰っている場合。


⇒ちょっとややこしいですが、受給権発生時に1人以上子がいて子の加算がなされていたが、
その後に2人目以降の子が生まれて、
その子については母が児童扶養手当を貰っていたというケースです。
要するに、子の加算の対象になっていた子と、
児童扶養手当の対象になっていた子の2通り存在していたということです。

①~③のケースについて、1人目の額比較をすることによって、
その後の子はどちらを選択した方が有利かが決まって来るため、
下記の2つのケースに分けて考えることが出来ます。


ケース1)1人目が・・・児童扶養手当>子の加算の場合
     ⇒1人目は児童扶養手当、2人目以降は子の加算が支給されます。

ケース2)1人目が・・・児童扶養手当<子の加算の場合
     ⇒3人目だけが児童扶養手当、それ以外は子の加算が支給されます。


詳しくは
コチラをご参照下さい。

要するに・・・

1人の子に対して児童扶養手当と、
障害年金の子の加算の両方を受け取ることは出来ないということです。


このように、障害年金やその他社会保障制度には難解なルールが存在します。
もし良く分からないという方は、障害年金を専門とする社労士にご相談下さい。
私で良ければ
コチラからお願いします。
(電話でも構いません)



障害年金の請求代行@熊本
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
http://www.tabira-sr.com




2013年4月 5日 (金)

児童扶養手当③

おはようございます

平成25年6月1日より、障害認定基準の一部が改正されることになりました。
今回の改正は眼の障害と精神の障害(高次脳機能障害など)についてです。
それに伴い、診断書についてもその一部が改正されることとなりました。
(詳細については
コチラをご参照下さい。)
眼の障害については、障害認定要領がより詳細になっています。
また、高次脳機能障害についても詳細ではありませんが、明記されています。
それ以外にも注目すべき点や残念な点などもございますので、
いずれこのブログの中でも解説したいと思います。

さて、児童扶養手当の3回目。
今回は、両親とも存在するが、
父または母が一定の障害がある場合の注意点について書きたいと思います。

前々回のブログの中で、
上記の場合についても『ひとり親家庭』と同様に児童扶養手当が支給されると書きました。

・・・ところで、障害のある父または母については、障害年金を受給している可能性がありますよね?
勿論、今受給していないとしても、申請を検討しているというケースもあるでしょう。
そして、その受給している(受給することになる)障害年金が1級または2級の場合は、
子の加算が付くことになります。
(詳しくはこのブログ
『扶養手当が付くことがあります』参照)

じゃあ、児童扶養手当と子の加算の両方を貰うことが出来るのか?
残念ながら、両方は貰えません。
しかも、平成23年3月までは、子の加算の対象となっている場合は、
自動的に児童扶養手当を受けることが出来なかったのです。
しかし、両者の額を比較すると、下記の様に児童扶養手当の方が高い場合があります。

【両者の額比較】※対象となる子1人の場合(金額は、平成25年4月現在のものです。)


●子の加算額(18,860円/月)
●児童扶養手当の額(41,430円~9,780円/月)



これだと、子の加算を付けた方が損をするという、おかしな現象がこれまで起きていました。
そこで平成23年4月より、
児童扶養手当額が子の加算額を上回る場合においては、
児童扶養手当を受けることが出来るようになりました。
(要するに、子の加算を付けずに児童扶養手当を選択するということです。

それと、この取り扱いはあくまでも両親とも存在して、
片方の親が一定の障害状態にある場合のものですので、
母子家庭または父子家庭の場合で、父または母が障害状態にある場合は適用されません。

ちょっとややこしいですよね?
次回は具体例を示したいと思います



障害年金の請求代行@熊本
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
http://www.tabira-sr.com




2013年4月 4日 (木)

児童扶養手当②

おはようございます

昨日のことになりますが、海の向こうではテキサスレンジャースのダルビッシュ有投手が先発し、見事今期初勝利を飾りました
無四球、14奪三振、無失点、しかも完全試合まであと一人という快投ぶり
(アストロズの意地の一撃といったところでしょうか?)
やっぱりダルビッシュは凄い
・・・と思うと同時に、打たれたところで降板させるのはどうなんでしょうかね~
点差もあった訳だし、最後まで投げさせてもいいんじゃないかと思いますけどね。

さて、児童扶養手当の2回目、先ずは気になる支給額から。
同居の配偶者や扶養義務者の所得に応じて、下記の額が支給されることになります。

児童1人目(全部支給の場合)・・・41,430円
       (一部支給の場合)・・・41,420円~9,780円
児童2人目・・・+5,000円
児童3人目以降・・・+3,000円
※上記額は平成24年4月~平成25年8月までのものです。

因みに所得制限額は下記のとおりとなります。

○所得制限限度額

扶養親族等の数

本   人

孤児等の養育者

全部支給

一部支給

配偶者

扶養義務者

 0人

    190,000円

   1,920,000円

   2,360,000円

     1人

    570,000円

   2,300,000円

   2,740,000円

         2人

    950,000円

   2,680,000円

   3,120,000円

         3人

   1,330,000円

   3,060,000円

   3,500,000円

         4人

   1,710,000円

   3,440,000円

   3,880,000円

          5人  

   2,090,000円

   3,820,000円

   4,260,000円

※5人以降は、1人増すごとに380,000円を加算した額が限度額となります。

ここで注意をしていただきたいのですが、『所得額』とは、1年間の総支給額ではなく、
地方税法で決められた控除額を差し引いた後の額であるということです。

それと、2人目以降の加算についてですが、1人目が全部支給または一部支給の場合は加算されますが、
全額支給停止の場合は加算されません。
その点もご注意下さい。

・・・ところで、前回両親がいる場合でも、父または母の一方が一定の障害状態にあるときは、
ひとり親家庭の場合と同様に児童扶養手当が支給されることを書きました。

その場合には注意点がありますが、長くなって来ましたので続きはまた次回



障害年金の請求代行@熊本
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
http://www.tabira-sr.com




2013年4月 2日 (火)

児童扶養手当①

こんにちは

今日から長男の慣らし保育が始まりました。
最初の日ということで、預けるのは1時間だけ
結果は・・・大号泣だったようです
普段、私たちの姿が見えなくなるだけでも、泣いて探し回る長男
知らない人(保育園の優しい先生達です)に囲まれて、さぞ不安だったことでしょう
目がかなり腫れていましたので、相当に泣いたことが分かります。
辛いだろうけど、最初のうちだけだからね。
保育園はお姉ちゃんもいるし、楽しいところだよ~

さて、今回は『児童扶養手当』について書きたいと思います。

これは、離婚や死別などの理由により、
父親または母親が1人で子供を育てている『ひとり親家庭』の家計の支援を目的として、
地方自治体から支給される手当です。

また、両親がいる場合でも、父または母の一方が一定の障害の状態にある場合は、
『ひとり親家庭』と同様に支給されることになります
※この場合は、障害を持っている方の配偶者に対して、児童扶養手当が支給されます。

因みに、以前は母子家庭の場合しか認められていませんでしたが、
平成22年8月1日から、父子家庭についても支給が認められています。
そして、申請した月の翌月から支給が開始されることになります。
(要するに、過去には遡らないということです。)
もし、まだ手続きをされていない方がいましたら、早めに手続きを行うようにしましょう

申請は、各市区町村役場になりますが、担当窓口については役所ごとに異なりますので、
各市区町村役場にお尋ね下さい。
※因みに熊本市の場合は、子ども支援課が窓口になっているようです。

それと、児童手当(こども手当とか名前がコロコロ変わりましたが、
現在はまた児童手当に戻っています)を貰っていても調整の対象とはなりません。
要するに、減らされたり支給停止になったりされず、両方貰えるということです。

もう少し詳しく見て行きたいのですが、ちょっと長くなりそうですので、続きはまた次回



障害年金の請求代行@熊本
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
http://www.tabira-sr.com




2013年2月27日 (水)

特別障害手当金

こんばんは

今日は仕事から帰ってから、家族で居酒屋に行きました
行ったのは熊本市東野の居酒屋
『ぽんぽん船』
久しぶりに来ましたが、相変わらず魚が旨い
他にも色々と頼みましたが、家族みんな大満足でした
(すんません、写真撮るの忘れていました

さて、今回は『特別障害者手当』について書きたいと思います。

これは、20歳以上の常時介護が必要な、在宅の重度障害者に対して支給されます。
因みに、障害年金との調整はありません。
(要するに、要件を満たせば両方貰えるということです)

この特別障害手当金の対象となる障害の程度とは、下記のように非常に重い障害です。
例えば下記の様な状態です。
(必ずしも該当するとは限りません。あくまでも目安とお考え下さい)


障害年金1級相当
精神障害者保健福祉手帳1級相当
身体障害者手帳1級または2級相当
療育手帳A相当
など

因みにいくら貰えるのかというと、月額26,260円です。

また、下記の場合は支給はされません。

①障害者施設等に入所している場合。
②3ヵ月以上入院している場合。

【注意点】

①の障害者施設等とは、病院や特別養護老人ホームを指します。
 ただし、障害者用グループホームはここでいう障害者施設には入りません。
 (要するに、支給停止にはならないということです)
 その施設が該当するか否かについては、その都度役所に問い合わせる方がいいでしょう。

②3ヵ月以上入院する場合は、支給停止ではなく、資格を喪失することになります。
 この場合、資格喪失の手続きをしておかないと、あとで払い戻しを言ってくることになります。
 さらに、一旦資格を喪失させないと、再び申請することも出来ません。
 再申請の際にも早めに行わないと、過去に遡って支給されることはありません。

尚、手続きについては障害者福祉課の担当部署になります。
「該当するのでは?」と思われる方(若しくはご家族の方)は、
是非お住まいの市町村役場にお問い合わせ下さい。



障害年金の請求代行@熊本
たびら社会保険労務士事務所
http://www.tabira-sr.com




2013年2月 8日 (金)

携帯使用料が安くなります~手帳をお持ちの方へ~

こんばんは

今日は菊池市で開催された労働者派遣セミナーに参加していました。
労働基準法を中心とした労働法について、40分程度お話をさせていただきました
その後の相談会でお二人の方のお話を伺いましたが、
お二人とも、以前大変な目に遭ったことがあると仰っていました。
(ご本人様のプライバシー保護のため、これ以上のことは書けません。ご了承下さい。)
不利益を被らない為にも、労働法の基本を知ることは大切なことです
また事業主様にとっても、労使間の問題には頭を抱えておられることでしょう。
社長様達は孤独だと思います。
一人で悩む前に、是非我々社会保険労務士にご相談下さい。

さて、今回のタイトルは『携帯使用料が安くなります~手帳をお持ちの方へ~』です。

仕事柄、身体障害者手帳をお持ちの方と良くお話をする機会があります。
その中で、多くの方が仰っていることがあります。

「手帳ってあんまり使えないんですよね~」

公共交通機関や高速料金が安くなったりするのですが、奈何せん使わない人は全く使いません。
重い等級に該当する場合は、医療費の助成や福祉用具の支給もありますが、
そうでない方にとってはメリットを感じないのかも知れませんね。

そんな中で大きなメリットとなり得るのが、携帯使用料が安くなるというものです。
これは、docomo、au、softbank3社ともやっているようです。
(但し、具体的な内容は異なります)

【ハーティー割引 docomo】
①基本使用料の割引(Fomaは60%引き)
②各種サービス月額60%引き(留守番電話サービス、iチャネルなど)
③テレビ電話通話料が音声通話量と同額
詳しくは
コチラをご参照ください。

【スマイルハート割引 au】
①基本使用料50%割引
②通話料割引(同社携帯・一般電話への通話50%、他者携帯への通話料20%)
③Cメール送信料50%割引
詳しくは
コチラをご参照ください。

【ハートフレンド割引 softbank】
①ホワイトプランおよび標準プランの基本使用料無料
②パケット定額サービスが下限額0円から使用可能
③ホワイトプランのTVコール国内通信料が半額
詳しくは
コチラをご参照ください。

全社とも、身体障害者手帳、療育手帳、
精神障害者保健福祉手帳のいずれかの交付を受けていることが条件です。
※softbankの場合は、これらに加えて特定疾患医療受給者証、
特定疾患登録者証も認められるようです。
因みに、手帳の
等級は問いません。

各社ともに問い合わせたのですが、手続きもそれ程大変ではなさそうです。
ご存知ないという方々、是非ご利用されてはいかがでしょうか?



障害年金の請求代行@熊本
たびら社会保険労務士事務所
http://www.tabira-sr.com




フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ