« これじゃ何を言っても伝わんないよ(^_^;) | トップページ | ホッとしました(障害共済年金) »

2015年9月 1日 (火)

社会的治癒は自分でやらない方がいい

Dsc_1340こんばんは

右の写真をご覧ください。
ブラックモンブランのパンです
(ブラックモンブランとは、
九州山口地方で昔から売っている有名なアイスです)
お昼にコンビニに寄った際に、
パンの陳列棚で一際目立つ存在でした
早速購入し、一口
パンにチョコレートがかけてあって、
それにクランチがまぶしてある、
見た目はちょっとデカいブラックモンブランです。
味は全く違いますが、ボリュームもあって結構旨かったですよ
…ただ、車で移動中に食べたので、
座席にクランチがボロボロと落ちてしまったのはご愛嬌ということで

さて、今回のタイトルは『社会的治癒は自分でやらない方がいい』です。

先日、このブログにどういうキーワードでアクセスがなされているかを調べていたら、
”社会的治癒”というのが多いことが分かりました。
このテーマについては、何度かこのブログでも登場しています。

社会的治癒とは、(ざっくりというと)医学的に治癒したかどうかは別にして、
特に症状を感じずに長期間(概ね5年間)治療行為を行わずに社会生活を送れていれば、
社会的治癒が認められます。
そして、社会的治癒が認められると、
その後に医療機関の受診をした日が初診日とされる取扱いになります。

例えば、精神疾患や糖尿病の合併症、慢性腎不全等の場合、
初診日が相当に古いことがあります(それこそ20~30年前のケースも多々あります)。
そうなると、初診の医療機関が廃院している、
若しくはカルテが廃棄されている等といったことも少なくありません。

こういった場合に社会的治癒が認められると初診日が変わって来ますので、
本来であれば請求が出来ない方が救われることもあります。
非常に有難い制度です。

ただし、この社会的治癒を安易には考えないで頂きたいのです。

社会的治癒は、当然に認められるものではありません。
きちんとその申立てをしなければなりませんし、
それなりの証拠が求められることもあります。
安易に考えているとしっぺ返しを食らいます。

考えてみて下さい。
社会的治癒を申立てるケースというのは、
実際の初診日の証明が出来ない等の理由から、この方法を選択する訳ですよね?
そんなことは、審査をする日本年金機構だって分かっています。
なので、審査が厳しくなることが想像出来ます。

実際、私もこれまで2度社会的治癒が認められていますが、
審査の途中で返戻
(注)が行われています。
(注)返戻とは、審査の途中で疑義が生じた場合等に、一旦申請書類が戻されることを言います。
 この時に、追加資料の提出や疑義に対する回答を求められることがあります。

※その時の事例です、ご参照下さい。
精神疾患で社会的治癒が認められた事例
腎疾患で社会的治癒が認められた事例


これらを読んでいただければ分かる通り、請求に際してはそれなりの工夫をしています。
それと、両者とも途中で返戻が行われています。
返戻に対する返答や追加書類の可否によっては、
違った結果になっていた可能性も否定出来ません。
実際、両者ともに最初にご依頼をいただいた際に、
不服申立てまで争われるかも知れないことを伝えていました。

幸いそこまでには至りませんでしたが、
そこまで考えてきちんとした主張をしない限り、
当たり前に認められるものではないのです。

社会的治癒が絡んだものは、難易度が高いと考えていただいた方がいいでしょう。
ご自分でこれをやるのは、リスクが高すぎます。
無理をせず、経験のある社労士にご依頼いただきたいと思います。




障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
熊本障害年金サポートセンター
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com

※お電話はこちらから掛けなおします。
 時間を気にせずご相談いただけます!







« これじゃ何を言っても伝わんないよ(^_^;) | トップページ | ホッとしました(障害共済年金) »

障害年金」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 社会的治癒は自分でやらない方がいい:

« これじゃ何を言っても伝わんないよ(^_^;) | トップページ | ホッとしました(障害共済年金) »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ