« 腰痛(+_+) | トップページ | 平成27年10月以降の障害共済年金① »

2015年9月14日 (月)

やるなら急ぎましょう(額改定請求)

こんばんは

今朝、阿蘇中岳第一火口が噴火をしました。
幸い、けが人などは出ていないようですが、
農作物や観光(これからの阿蘇は紅葉が綺麗です)に大きな影響がでそうです。
そう言えば、私が高校の頃、同じように阿蘇山が噴火をして火山灰が沢山降ったことがありました。
自転車通学だったのですが、高校に着く頃には、制服が真っ白になっていました。
自然には逆らえませんので、早く終息するのを祈るばかりです。

さて、今回のタイトルは『やるなら急ぎましょう(額改定請求)』です。
※今回は、受給権が認められた後の話です。

例えば3級で障害厚生年金が認められた方がいたとしますね。
その方の症状がその後悪化し、障害状態が重症化したとします。
(勿論、そのようなことにはならない方がいいのですが)
その場合は、現在よりも上位の等級へ(3級から2級や1級へ)の改定を求めることが出来ます。

これを額改定請求と呼びますが、タイトルにもある通り、
やるなら急いで請求した方が絶対にいいです。

何故なら、年金額の改定(3級⇒2級など)が行われるのは、
額改定請求をやった翌月からなのです。
実際に重症化したのはもっと前だったとしても、
そこまで遡って改定してくれる訳ではないのです。
要するに、早くやらないとそれだけ損をするということです。

因みに、この額改定請求ですが、
受給権を取得した日または大臣の審査を受けた日から起算して、
1年待たなければ行うことは出来ません。
ちょっとややこしいルールがありますので、補足として3点解説いたします。

【補足】
①障害の程度が増進したことが明らかである場合として、
厚生労働省令で定める22個のケースに該当する時は、
1年待たなくても額改定請求が可能です。
※22個の詳細はコチラをご参照下さい。

②更新により等級が変わらなかった場合は(3級⇒3級など)、
いつでも額改定請求をすることが可能です。
※因みにこの場合は、大臣の処分が行われていないという取扱いになりますので、
不服申立てをすることは出来ません(要するに、額改定請求しか方法はありません)。
等級の変更(3級⇒2級、2級⇒3級など)が行われた場合は、
やはり1年待たないと額改定請求はすることが出来ません(①に該当する場合を除く)。
※この場合は、大臣の処分が行われたことになりますので、不服申立ての対象となります。

③一度額改定請求をすると、等級が変わらなかった場合であっても、
大臣の審査が行われたという取扱いになります。
したがって、次に額改定請求をするのであれば、
1年待たなければなりません(①に該当する場合を除く)。

いかがでしょうか?
基本的に1年待たなければなりませんが、
1年待って明らかに障害の状態が悪化しているのであれば、
速やかに額改定請求をやった方がいいかと思います。
また、①の22個に該当する場合、②の更新で等級変更が無かった場合は、
いつでも額改定請求が可能ですので、早めにやった方がいいでしょう。
※特に②に関しては誤解の多いところです。

…ちょっとややこしいですよね
障害年金には複雑なルールがありますので、
額改定請求をお考えの方も、先ずはご相談下さい。



障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
熊本障害年金サポートセンター
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com

※お電話はこちらから掛けなおします。
 時間を気にせずご相談いただけます!




« 腰痛(+_+) | トップページ | 平成27年10月以降の障害共済年金① »

障害年金」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やるなら急ぎましょう(額改定請求):

« 腰痛(+_+) | トップページ | 平成27年10月以降の障害共済年金① »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ