« 平成27年10月以降の障害共済年金① | トップページ | 飲み会(*^^*) »

2015年9月18日 (金)

平成27年10月以降の障害共済年金②

…今日のブログを書くのは、実は2回目です。
と言うのも、書き終えて保存した時に、何故か分かりませんが、
文章の殆どが消えてしまいました
せつなすぎる~

さて、前回の続きから。

⑥額改定請求は原則として1年待たなければなりません
⇒障害共済年金は1年待つ必要はありませんでした。
今後は障害厚生年金のルールが適用されますので、
原則として1年待つ必要があります。
ただし、厚生労働省令で定める22個のケースに該当する場合は、
1年待たなくても額改定請求が可能です。
また、更新で等級が変わらなかった(3級⇒3級など)場合も1年待つ必要はありません。

⑦再就職した際の支給停止がなくなる
⇒これまでは、障害共済年金の受給権者が再就職して厚生年金の被保険者になった場合、
年金額と標準報酬月額、標準賞与額÷12の合算額が47万円を超えると、
一定額が支給停止になっていました。
今後は障害厚生年金のルールが適用されますので、このルールは無くなります。
(つまり、再就職しても支給停止にならない)
現在支給停止になっている方も、10月以降の年金(12月支払い分から)は、
支給停止が解除されます。

⑧公務員等の特例
⇒これまで、公務災害・通勤災害により障害状態になった場合で、

国家・地方公務員災害補償法に基づく傷病補償年金などが支給される場合は、
職域加算部分の一部が支給停止になっていました(これを公務員等の特例と呼びます)。
障害厚生年金には公務員等の特例はありませんが、
公務災害(通勤災害は対象外)により障害状態になった場合は、
別枠の「年金払い退職給付」の給付として、公務障害年金を支給します。
これにより、これまでの公務員等の特例による水準は今後も補償されることになります。

⑨障害一時金がなくなり障害手当金になる
⇒初診日から5年以内に症状が固定して一定の障害状態になった場合は、
障害一時金が支給されていました。
これが、10月以降に権利が発生する方については、障害手当金が支給されることになります。
障害一時金も障害手当金も要件は同じですし、3級額の2年分というのも同じです。
ただし、障害厚生年金には職域加算はありませんので、
障害一時金よりも障害手当金の方が額が少なくなります。

いかがでしょうか?
特に後半はちょっとややこしいですよね
公務員等でこれから障害年金の請求をお考えの方。
イマイチルールが分からないと言う方。
いつでもお気軽にご相談下さい。



障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
熊本障害年金サポートセンター
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com

※お電話はこちらから掛けなおします。
 時間を気にせずご相談いただけます!






« 平成27年10月以降の障害共済年金① | トップページ | 飲み会(*^^*) »

障害年金」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成27年10月以降の障害共済年金②:

« 平成27年10月以降の障害共済年金① | トップページ | 飲み会(*^^*) »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ