« 統合失調症で障害厚生年金支給決定 | トップページ | これじゃ何を言っても伝わんないよ(^_^;) »

2015年8月28日 (金)

職員の過半数が『障害年金は改善が必要』って…(・・;)

こんばんは

今日から娘の新学期が始まりました
私たちの頃は8月一杯が休みだったんで、8月中に2学期が始まるのって、
何だか違和感がありますね
そう言えば、当時は土曜日も通学日(半ドン)でした。
家に帰って、お笑いスター誕生を見ていたな~とか思い出しました
(歳がバレますね

さて、今回のタイトルは『職員の過半数が『障害年金は改善が必要』って…(・・;)』です。

日本年金機構の内部で行った職員調査で、
障害年金業務を経験した職員の過半数が
「制度や事務運用を改善すべきだ」と感じていることが分かりました。
詳しくは
コチラをご覧ください。

先ず、これを読んで「やっぱりな」と思うと同時に、
「どんな制度なんだよ!」と呆れもしました

だって、公的な制度ですよ。
しかも、昨日・今日に始まった制度ではないんですから
※昭和14年に制定された船員保険の中に”廃失年金”というのがあって、
 これが障害年金の前身になります。
(注)当時の船員保険は公的年金の機能もありましたが、
 昭和61年4月の大改正によって、厚生年金保険に統合されました。
 現在も船員保険はありますが、医療保険と労災の上乗せ部分のみの機能となっています。

勿論、その間に何度も法改正が行われ、ルールもその都度見直されています。
それでもこの結果なんですからね、公的な制度としては問題ありですよね…。

話しを職員の意識調査に戻しますが、
問題や改善すべき点として、最も多くの意見があったのが「初診日の証明」に関する部分です。
このブログでも何度も書いていますが、やっぱり初診日主義って問題ありすぎなんですよね…。

こんなことはあまり書きたくはないのですが、
私が携わった案件の中でも、初診日の証明がどうやっても出来ないばかりに、
障害の状態としては間違いなく認められるような案件でも、
請求が出来ずに終わってしまったものも正直あります。

勿論、私も簡単には諦めませんが、初診日が何十年も前のものなどは、
当時の病院が既に廃院している、引っ越しを何度かやっていて、
その度に有力な資料となる可能性のあったもの(診察券など)を廃棄してしまった、
といったものもあります。
色々と当ってみたけれども、どうにもならないことも正直あるのです。

現在、初診日の取扱いについても見直しの動きがあり、
今年の10月から運用予定になっています。
しかし、その内容を見ても、最小限の改善しか行われないという印象があります。

初診日主義を取っている意味も分からないではありません。
しかし、その弊害の方が大きすぎます。
初診日主義をとるのであれば、せめてカルテの保存期間を見直さないと。
5年はいくら何でも短すぎます。
(勿論、これには医師法の改正が必要ですが。)

今回の意識調査の結果、予想通りと言えば予想通りなのですが、
やっぱり何とかしないとマズいですよね…。

追伸
「初診日の確認について(案)」に関する意見(パブリックコメント)の募集が行われています。
障害年金に携わる社労士の方、病院のケースワーカーの方、行政の担当者の方、
初診日が証明できないことにより障害年金が貰えない方など。
是非、コメントをお願いします。
勿論、私も書きます。
※パブリックコメントの募集についてはコチラをご参照下さい。



障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
熊本障害年金サポートセンター
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com

※お電話はこちらから掛けなおします。
 時間を気にせずご相談いただけます!






« 統合失調症で障害厚生年金支給決定 | トップページ | これじゃ何を言っても伝わんないよ(^_^;) »

障害年金」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 職員の過半数が『障害年金は改善が必要』って…(・・;):

« 統合失調症で障害厚生年金支給決定 | トップページ | これじゃ何を言っても伝わんないよ(^_^;) »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ