« 傷病の原因又は誘因とは | トップページ | 試験に臨む皆さまへの5つのアドバイス »

2015年8月19日 (水)

提出前にはコピーを!

こんばんは

シュノーケリング中の事故が増えているようですね。
何でも、今夏だけでも22人が死亡しているとか。
私も若い頃は、友人とよく海に行ってシュノーケリングを楽しんでいました。
そこで怖い思いをした経験もあります。
ちょっとぐらい泳力があっても、
人間の力では自然には絶対に勝てません。
雨や台風の後などで海が荒れている時や、
流れの速い場所でのシュノーケリングは絶対に止めましょう!

さて、今回のタイトルは『提出前にはコピーを!』です。

これは以前にも書いたと記憶していますが、
障害年金請求の際に、書類のコピーを取っていないケースが非常に多いように感じます。
また、取っていたとしても診断書だけだったりというケースもありました。

不服申立てをする際には、先ずは提出した書類の全てを確認する必要があります。
当然ですが、診断書だけでなく、病歴・就労状況等申立書(以下、申立書)の内容も重要です。

また、不支給の原因が初診日にある場合は
『受診状況等証明書(以下、受証)』の内容が重要となりますし、
医療機関で受証が取れなかった場合は、
『受診状況等証明書が添付できない申立書』および、
それに添付した証拠などが重要です。

これらを確認しないことには、不服申立てをやるべきなのか否かの判断も付きません。

勿論、提出した年金事務所等を通じてコピーを取りよせることは可能です。
しかし、既に他の場所(事務センターまたは年金機構本部)に保管されている場合は、
2週間程時間がかかることもあります。
知った日の翌日から60日以内が請求期限の審査請求において、
2週間のタイムロスはやはり痛いです。

これから障害年金の請求をお考えの方は、
必ずコピーをとっておくようにして下さい。
勿論、更新時の診断書(障害状態確認届)も同じです。
自分を守る為にも、必ず証拠となる書類は手元に保管しておきましょう!



障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
熊本障害年金サポートセンター
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com

※お電話はこちらから掛けなおします。
 時間を気にせずご相談いただけます!







« 傷病の原因又は誘因とは | トップページ | 試験に臨む皆さまへの5つのアドバイス »

障害年金」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 提出前にはコピーを!:

« 傷病の原因又は誘因とは | トップページ | 試験に臨む皆さまへの5つのアドバイス »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ