« 出来れば”最初から”ご相談下さい | トップページ | これって体罰なの? »

2015年7月10日 (金)

審査請求で覆るパターン?!

こんばんは

今日は熊本市内の某所で、労働基準法の話をさせて頂きました
皆さん本当に真剣で、話している私も喋り甲斐がありました
ただ、いつも思うのですが、法律のジャッジを受けなければならないのは最終手段であって、
労使の関係が上手くいっているのであれば、極端な話問題は生じないんですよね
(勿論、労基法なんてどうでもいいと言っている訳ではありません)
難しい話は別にして、結局、働いているのも働かせているのも”ヒト”だということですね。

さて、今回のタイトルは『審査請求で覆るパターン?!』です。

これは、以前Yahoo!知恵袋で質問があったものです。
障害年金の請求をしたものの結果に納得が行かず、
これから審査請求をお考えの方が質問をされたものと思われます。

…で、その時も回答しましたが、審査請求の覆るパターンなどは存在しないと考えています。

勿論、過去の事例などを参考にすることはありますが、
あくまでも、どう主張するのかは(個別に)考えることになります。

そりゃそうですよね…。
病気も違えば経緯も違います。
また、実際にどのような書類が提出されていて、その内容はどうなっているのか等、
同じ案件なんて2つと存在しませんからね。

それだけに、審査請求や再審査請求は、非常に頭を使います。
どうやれば合理的な主張が出来るのか、そしてどうやればきちんと認めて貰えるのか。
ある意味これは答えのない作業です

添付する書類も様々です。
医師の意見、家族や知人の証言、当時勤めていた会社の給与明細や出勤簿等々。
それこそケースバイケースで考えます。

しかし、添付書類はあくまでも主張を補強するものに過ぎませんので、
先に提出した書類の内容が、きちんと主張出来るものでなければ、
添付書類はあまり意味をなしません。
(実際、添付書類なしで覆ることもありますので)

審査請求や再審査請求で覆るパターンがもしあれば、
私も教えて欲しいくらいです。
それが存在しない以上、やはり1つ1つ頭を悩ませるしかないんですよね。




障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
熊本障害年金サポートセンター
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com

※お電話はこちらから掛けなおします。
 時間を気にせずご相談いただけます!







« 出来れば”最初から”ご相談下さい | トップページ | これって体罰なの? »

障害年金」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 審査請求で覆るパターン?!:

« 出来れば”最初から”ご相談下さい | トップページ | これって体罰なの? »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ