« ラスト1ヵ月!まだまだ伸びます!! | トップページ | 久々の福岡(^^) »

2015年7月28日 (火)

勝ち取って欲しいです(行政訴訟)

こんばんは

6月に再審査請求での処分の変更(不支給⇒2級)が行われた方がいたのですが、
今朝、ご家族の方から連絡が入り、無事年金証書が届いたとのことでした
勿論、こうなるのは当然のことなのですが、
それでも無事届くとホッとするものです
ご家族の方も安心されていました
最初の請求から約2年、本当に不安な日々が続いたのではないかと思います。
因みに、現在1級への額改定請求をしていますので、
まだ終わりではありません。
もう少しだけお付き合い下さいね。

さて、昨日のことになりますが、もう一つ嬉しい連絡がありました。
前に再審査請求で棄却を受けていた方からメールが届き、
行政訴訟を行うことにしたとのことでした。

メールに気付いたのが遅い時間でしたので、
早速朝から電話をしました。
久しぶりにお声を聞きましたが、
とても明るく、また前向きなお話をされていました。

この方は眼瞼痙攣という瞼の疾患により、
殆どの時間を目を閉じたままの生活を余儀なくされています。
診断書にも書いてありましたが、”機能的失明の状態”にあります。

一昨年、眼の障害について認定基準の見直しが行われ、
瞼の障害の場合は、最高でも3級までしか認められていません。
ということは、障害基礎年金の場合は認められないということです。
※障害基礎年金は2級までしかない為。

この方の場合も障害基礎年金でしたので、
受給権が認められていません。

社会保険審査会での棄却決定がなされた後、
相当に悩まれたと仰っていました。
裁判となると、経済的、肉体的、精神的な負担が計り知れませんから当然ですよね…。
でも、今回勇気ある決断をされたことを、私も嬉しく思います。

お話をする中で言われたことです。

「今後、田平さんに眼瞼痙攣での(障害年金の)依頼者が現れたら、
訴訟に進んでいる人がいることを伝えて下さい」


そう明るく仰いました。
本当に前向きで強い人だと思いました。

この方以降、眼瞼痙攣での障害年金や不服申立ての依頼者の方は現れていませんので、
今回このブログで紹介させていただきました。

この方からご依頼をいただいたのは、1年ちょっと前のことになります。
眼瞼痙攣での障害基礎年金は、認定基準を見る限り中々認められるものではありません。
一昨年の眼の障害の認定基準改正の際も、
瞼の障害について2級が認められないことに疑問を抱いていました。

しかし、診断書の内容やご本人からの話を聞く限り、
失明と殆ど同じような生活を強いられている訳で、
これで認められないのは間違っている、そう思って受任しました。

残念ながら、私は再審査請求で処分を覆すことは出来ませんでした。
非常に悔しかったです。
それだけに、今回のこの方の勇気ある決断を、私もとても嬉しく思っています。
私も出来る限りの協力をしたいと思っています。

その方と私の願いは1つです。
是非裁判で受給権を勝ち取って欲しいです!




障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
熊本障害年金サポートセンター
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com

※お電話はこちらから掛けなおします。
 時間を気にせずご相談いただけます!






« ラスト1ヵ月!まだまだ伸びます!! | トップページ | 久々の福岡(^^) »

障害年金」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勝ち取って欲しいです(行政訴訟):

« ラスト1ヵ月!まだまだ伸びます!! | トップページ | 久々の福岡(^^) »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ