« 受診状況等証明書のコピーを添付しましょう | トップページ | なでしこジャパン準優勝!! »

2015年7月 5日 (日)

…ちょっとおかしな方向に行っているのでは?

こんばんは

今日は、手裏剣戦隊ニンニンジャーの映画の親子前売りチケットを購入しました。
…で、その特典として、チョロQ的な車のオモチャを貰いました。
3歳の息子は、当然それを大喜びしていたのですが、
次に行ったホームセンターで無くしてしまって大慌て
幸い、忘れ物として届けてあったので一安心でした
しかし、無くすから持っていくなっていう、
私の注意を聞かないからこういうことになるんですが
まあ、子供ってそんなモンですけどね

さて、今回のタイトルは『…ちょっと議論がおかしな方向に行っているのでは?』です。

先週の木曜日になりますが、
”精神・知的障害に係る障害年金の認定の地域差に関する専門家検討会(第5回)”が開かれました。
これは、厚生労働省内で開かれている、
公開の検討会(第2回とかは非公開でしたが)です。
勿論、私は熊本にいますので、直接聞いてはいません。

しかし、検討会を傍聴した社労士のネット上の書き込み等を見ると、
ちょっととんでもない議論がなされているようですね…。

例えば…。

●この一連の検討会は、障害基礎年金における地域格差をなくす為のものだった筈ですが、
その目安を作る為のサンプルに、障害厚生年金のものが含まれている。

⇒同じ2級でも、障害基礎よりも障害厚生の方が判定は厳しいというのは、
 私たち社労士の間では常識になっています(逆にいうと、障害基礎の方が甘い)。
 しかし、これには理由があります。
 障害基礎は2級までしかありませんが、障害厚生は3級まであるからです。
 したがって、全く同様に扱ってしまうと、
 
障害基礎の場合は救済されない方が余りにも多くなってしまうことになります。
 今回、格差をなくす為の調査サンプルに障害厚生を含めている事実は、
 障害基礎と障害厚生の格差も解消しようという意図があるのではないかと思われます。
 勿論、格差があることはいいことではありません。
 しかし、そういう議論をするのであれば、
 先ずは障害基礎にも3級を認めるようにすることが先決かと考えます。
 そうしないと、フェアじゃありませんよね。

●気分障害は障害年金の対象とすべきではない、という意見が出ている。

⇒気分障害とは、うつ病や双極性感情障害(躁うつ病)などを含む、
 精神疾患の一群を指します。
 数年前のデータですが、障害年金の支給件数のうち、約4分の1を精神疾患が占めていました。
 恐らく、現在はもっと多いものと思われます。
 その中でも、うつ病や双極性感情障害等の方の割合は、非常に多いですので、
 ここを対象から外すことが出来れば、
 障害年金の給付費を抑えることが出来るとでも考えたのでしょうか?
 さらに恐ろしいことに、ある医師から冒頭の意見が出されたのに対して、
 それに同調する意見が多かったとのことです。
 勿論、傷病名ではなく、日常生活における支障の程度で判断すべきものという、
 常識的な意見も出たようですが…。

私も直接話を聞いた訳ではありません。
それに、上記の内容が本当だったとしても、それで決定することになった訳ではありません。
しかし、上記の話が本当であれば、とんでもない話だと思います。
一月程待てば、今回の議事録が公開される筈ですので、
これを読んでから、真偽の程は確かめたいと思います。



障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
熊本障害年金サポートセンター
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com

※お電話はこちらから掛けなおします。
 時間を気にせずご相談いただけます!






« 受診状況等証明書のコピーを添付しましょう | トップページ | なでしこジャパン準優勝!! »

障害年金」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: …ちょっとおかしな方向に行っているのでは?:

« 受診状況等証明書のコピーを添付しましょう | トップページ | なでしこジャパン準優勝!! »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ