« 受給権が認められました(再審査請求)(^^)v① | トップページ | 支給停止が解除されました! »

2015年6月10日 (水)

受給権が認められました(再審査請求)(^^)v②

こんばんは

昨日のことになりますが、
更新で支給停止となっていた方からの依頼で支給停止事由消滅届を提出していた案件について、
無事、支給が再開されることになりました
ご本人様も非常に喜んでおられて、ワタシも嬉しかったです
…ただし、これについてはちょっと紛らわしい通知があった訳で
(このことについては、また次回書きます

さて、前回の続き。
書類(結構沢山の書類がありました)を精査すると、下記のことが分かりました。

①健診から数年後に、某病院に入院していたこと。
※これについては、医療機関の証明(受診状況等証明書)あり
②健診から約10年後に受診していた病院の資料の中に、
『専門学校時代の健診での指摘あり』という記述があったこと。


さらに年金記録を調べると、①の某病院入院時まで、
保険料の未納が全くない(全て厚生年金加入期間)ことが分かりました。

そこで、審査請求にあたっては、下記の点を主張しました。

①障害の程度は2級相当であること。
②某病院入院まで未納が全くないこと。
③初診日によって障害厚生年金、(原則の)障害基礎年金、
(20歳前障害による)障害基礎年金のいずれかが請求可能であること。
④当方が主張しているのは、最も不利な(20歳前障害による)障害基礎年金であること。

さらに、日本国憲法25条の条文を引き合いに出し、この精神に反することを主張しました。

※日本国憲法25条
・すべての国民は、健康で文化的な最低限の生活を営む権利を有する。(国民の生存権)
・国は、すべての生活部面について、社会福祉、
社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。
(国の責務)
※年金制度を始めとする社会保険も、この憲法25条の実現を目的としています。

審査請求から約3ヵ月後、『棄却』の決定がなされました。
当然納得が行きませんので、再審査請求を行うことにしました。
※再審査請求にあたっては、審査請求時と主張は変えておりません。

再審査請求から約4ヵ月後、公開審理の日程と出席の有無についての連絡がありました。
※公開審理とは、再審査請求の内容についての話し合いの場のようなものです。
 依頼者や(私たち社労士などの)代理人の出席と陳述が認められています。

私が出席する予定だったのですが、公開審理まで約2週間に迫った今月8日、

厚労省年金局からの電話により、受給権が認められることになりました。

今回のケースについては、兎に角未納が全くなかったことが一番の要因だったと考えます。
初診日について、日付を確定させる物証が何らありませんでしたので、
理論のみで主張するしかありませんでした。
(勿論、必要な資料は添付しましたが、初診日に直接結びつくものはありませんでした)
非常に難しい案件でしたが、認められてホッとしています。

しかし、これで終わりではありません。
先の障害年金の後に、糖尿病によって、別の障害がもたらされています。
その障害も2級相当ですので、併合認定の請求をして1級を勝ち取る必要があります。

また請求をしますので、初診日の証明から行うことになります。
しかし、今回の不服申立てで初診日は確定しておりますので、
処分の蒸し返しのようなことは出来ない筈です。
しかし、きちんと主張しないと不当な結果になる可能性もあります。

これから仕上げに入ります。
最後まで依頼者様の為に頑張ります



障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
熊本障害年金サポートセンター
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com

※お電話はこちらから掛けなおします。
 時間を気にせずご相談いただけます!




« 受給権が認められました(再審査請求)(^^)v① | トップページ | 支給停止が解除されました! »

障害年金」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 受給権が認められました(再審査請求)(^^)v②:

« 受給権が認められました(再審査請求)(^^)v① | トップページ | 支給停止が解除されました! »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ