« 受け付けられるのと認められるのは違う | トップページ | 受給権が認められました(再審査請求)(^^)v② »

2015年6月 8日 (月)

受給権が認められました(再審査請求)(^^)v①

こんばんは

最近、障害年金のご相談を受けていて、
同じ案件は一つもないことを再確認しています。
それだけに、その人にあった請求をしないと、
とんでもない結果がもたらされることがあります。
ネットを検索すると、障害年金についてのマニュアル本のようなものを見つけることが出来ます。
私は読んでいませんし今後も読む気はありませんが、
こういうものを鵜呑みにすることの危険性を感じずにはいられません。
『障害年金はオーダーメイド』だということは断言できます。
なので、その人にあった請求を考えてくれる社労士を探していただきたいと思います。

さて、今日のお昼頃、厚生労働省年金局の方から電話がありました。
1月に再審査請求を行っていた案件があったのですが、
無事処分が変更され、コチラの主張が認められる結果となりました
直ぐにご依頼者様のお母様に電話をしたのですが、
非常に喜んでおられました
こういう喜びの声は、何度聞いても嬉しいものですね
正に社労士冥利に尽きます

今回の案件は、糖尿病から片足が壊死しての切断という、
非常に大変な状態にある方からのご依頼でした。
障害の程度としては2級相当。
認められなかったのは、
20歳前の尿糖を指摘された時の健診結果が添付できなかったことによります。
初診日の争いということですね。

今回は、ご自分で請求をして不支給になったということで、
審査請求からのご依頼でした。
不服申立て(審査請求、再審査請求)を行う際には、
最初の障害年金請求時の書類を確認する必要があります。
しかし、ご依頼者様は提出書類のコピーを取っておらず、
提出した年金事務所に控えを請求するところからのスタートでした。

しかし、そこの年金事務所の副所長の対応が最悪で、
色々理屈をこねて中々書類を渡してくれませんでした。
思い出すと、今でも腹が立ちます
※詳細はこのブログ『某年金事務所の呆れた対応』参照。

…まあ、そんなこともありながら、無事請求書類と照会書類一式を手に入れ、
全てに目を通しました。
前記の通り、20歳前の専門学校時代の健康診断結果がないこと、
それに代わるものがないことが不支給の理由だと言うことが分かりました。

しかし、健診から数年後に(糖尿病で)某病院に入院していたのですが、
その事実については、医療機関の証明(受診状況等証明書)が添付されていたことが分かりました。

…もう少し書きたいことがありますので、続きはまた次回



障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
熊本障害年金サポートセンター
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com

※お電話はこちらから掛けなおします。
 時間を気にせずご相談いただけます!







« 受け付けられるのと認められるのは違う | トップページ | 受給権が認められました(再審査請求)(^^)v② »

障害年金」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 受給権が認められました(再審査請求)(^^)v①:

« 受け付けられるのと認められるのは違う | トップページ | 受給権が認められました(再審査請求)(^^)v② »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ