« この事例、どう思いますか? | トップページ | あの方はどうなったんだろう? »

2015年6月 3日 (水)

幣事務所の進め方(申立書)

Dsc_1041こんばんは

今日のお昼は、コメダコーヒーのフィッシュフライバーガー(420円)でした
かなりデカイとの評判を聞いていて、ワタシも期待して注文しました。
運ばれて来たハンバーガーはやはりデカイ
写真ではちょっと見にくいですが、真ん中から切ってあります。
大きさ的には、普通のハンバーガーより2周りくらいデカいサイズです。
揚げたてのフィッシュフライにタップリのキャベツが入っていて、
味的にも大満足
…ただし、コーヒーと一緒に頼むと800円を超えてしまうのが辛いところです

さて、今回のタイトルは『幣事務所の進め方(申立書)』です。

申立書については、殆どの社労士事務所がそうしていると思いますが、
幣事務所でも私が代筆しています。
…と言っても、想像で物語を書く訳にはいきませんので、
請求者様やご家族の方から情報提供をしていただきます。

…と言っても、どんな情報を伝えればいいのか分からないと思います(それが普通です)。

幣事務所の場合は、先ず発病から現在までの期間をいくつかに区切って、
それを請求者様に伝えます。

例えば、発病日が平成20年8月頃、初診日が同年10月15日だったとしますね。
それで、5つの期間に分ける場合は、

①平成20年8月頃~同年10月14日(発病から初診前まで)
②平成20年10月15日~平成22年5月頃(〇〇医院)
③平成22年6月頃~平成22年12月頃(受診なし)
④平成23年1月頃~平成25年8月頃(△△クリニック)
⑤平成25年9月頃~現在(××病院)

こうやって具体的に示すことで、どの部分のことを思い出せばいいかが分かるようにします。
※因みに、申立書の書き方として、1つの医療機関ごとに1マス、
 受診していない期間が長ければそこも1マス使います。
 また、その期間が長ければ、3年~5年毎にさらに区切ることになります。
 さらに、病状の大きな変化や、病気によって退職を余儀なくされた場合等は、
 さらに区切ることもあります(この辺りはケースバイケースです)。

そして通院頻度や医師からの指示、症状、
その他具体的なエピソードなど、教えて欲しい項目を伝えます。
さらに、具体的な例文なども示します。
(例)医師からは、暫く安静にするように言われた。など

また、必要に応じて、
以前実際に取り扱った申立書のコピーを渡したり(勿論、個人情報には十分配慮しています)、
年齢早見表(平成〇年は何歳の頃というのが分かるもの)を作って、
何歳くらいの頃のことを思い出せばいいのかが分かるようにします。
さらに、この年齢早見表に子供の情報を掲載することもあります。
※例えば38歳の頃のことは思い出せなくても、
子供が小学校に上がった頃と言えば、より思い出しやすくなるのではないでしょうか?

こういった形で、出来るだけご依頼者様が情報提供しやすいようにと考えています。

今回は幣事務所の申立書作成の際の進め方を書きました。
申立書一つを取っても、社労士ごとにやり方は様々です。
最初の無料相談の際に色々と話を聞いて、
その方に合った社労士を探して頂きたいと思います。



障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
熊本障害年金サポートセンター
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com

※お電話はこちらから掛けなおします。
 時間を気にせずご相談いただけます!






« この事例、どう思いますか? | トップページ | あの方はどうなったんだろう? »

障害年金」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幣事務所の進め方(申立書):

« この事例、どう思いますか? | トップページ | あの方はどうなったんだろう? »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ