« 補助具なしで評価する | トップページ | 社労士受験学習ルーム~出産育児一時金の改正~ »

2015年6月27日 (土)

ちょっと残念だった相談

こんばんは

今日はカビキラーを片手に、気合を入れて風呂掃除をしていました
マスクを付けてその上からタオルで顔を覆って、
子供たちから「どろぼうだ~」と笑われる程の重装備
お蔭でピカピカになりました
…まだ、体がプールのような臭いがしているのはご愛嬌ということで


さて、これは先日のことになります。
ある方から障害年金の相談を受けていました。
この方は事後重症請求で受給権が認められたあとに、
障害認定日請求を再度行っていました。
その再請求の結果が不支給となったという案件です。
不支給決定の内容としては、『原処分が確定していることによる却下』でした。

因みにこれがどういう意味かというと、

原処分が確定
   
⇒障害認定日当時は障害等級に該当していないことが、最初の請求で確定している。
却下⇒この(再)請求自体が認められない。

ということです。

今回(再請求時)の提出書類一式を見せていただいたのですが、
主治医に病状がうまく伝わらない中で、
頭を悩ませて工夫をして請求をされているという印象でした。
((私以外の)社労士が関わっていました)
それはいいのですが、この請求には非常に大切なものが掛けていたのです


これを解説する前に知っておいていただきたいのですが、
事後重症請求をする際には、
障害年金請求書にその理由を書くように(丸をつけるように)なっています。


1.初診日から1年6ヵ月目の状態で請求した結果、不支給となった。
2.初診日から1年6ヵ月目の症状は軽かったが、その後悪化して症状が重くなった
3.その他(理由         )

ところで、今回のケースは、最初に事後重症請求をしていた訳ですよね?
ということは、ここも当然記入されていた訳です。
その方は障害認定日請求をしたことがなかったようですので、
1以外に〇が付いていた筈です。

さらにいうと、再請求(障害認定日請求)の結果が却下だったことを考えると、
恐らく2に〇が付いていたのではないかと思われます。
※年金事務所等でも、事後重症請求の際には「2に〇を付けておいて下さい」と、
普通に案内されるというケースも多いようです。

2が理由であれば、自ら障害認定日時点では症状は軽かったことを認めている訳です。
それが、今回の”却下”に繋がったのではないかと考えています。

ところで、先ほど書いた非常に大切なものが掛けていたとはどういうことなのか?

国民年金・厚生年金保険 障害給付(障害厚生)受付・点検事務の手引き
(年金機構側で使用しているマニュアルのようなもの)を見ると、
今回のような請求(事後重症請求からの障害認定日請求の再請求)の際の添付書類として、
次のものを準備するようになっています。

・前回請求時に事後重症請求としていた理由が矛盾している場合には
 その理由を説明する文書


今回、私が確認した書類の中には、このような理由書は添付されていませんでした。
したがって、今回の棄却決定(障害状態が該当しなかった訳ではなく、
請求自体が認められなかった)に繋がったということなんですね。

今回の内容は、ちょっと難しかったと思いますが、
障害年金専門を謳っている社労士であれば、当然に知っているべき内容です。
今回の書類は、障害状態が認められるようにそれなりに工夫をされた内容でした。
それだけに、棄却(請求自体を認めない)という結果は、非常に残念なことです。

一般の方が自分でやってこの結果であれば、ある意味仕方のないことかも知れません。
しかし、今回は社労士が関わっています。
それだけに、この”却下”という結果は残念でなりません。

書類を確認し、今回の却下の理由を(相談者様に)説明しました。
先の社労士からは詳しい説明はなかったとのことでしたので、
説明を聞いて納得されていました(しかし、本当に残念そうでした)。

最近は、障害年金に関わる社労士も増えています。
それ自体は私はいいことだと思っています。
しかし、それに伴って不誠実な対応をされたとか、信頼できないからとか、
安易に無理だとか言われて、私に相談をされる方も増えています。

今回の案件については、明らかな社労士のミスだと考えます。
勿論、私もそうならないように気を付けなければいけないのですが、
今回の相談を受けて、非常に残念に感じています。



障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
熊本障害年金サポートセンター
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com

※お電話はこちらから掛けなおします。
 時間を気にせずご相談いただけます!






« 補助具なしで評価する | トップページ | 社労士受験学習ルーム~出産育児一時金の改正~ »

障害年金」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと残念だった相談:

« 補助具なしで評価する | トップページ | 社労士受験学習ルーム~出産育児一時金の改正~ »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ