« あの方はどうなったんだろう? | トップページ | 受給権が認められました(再審査請求)(^^)v① »

2015年6月 7日 (日)

受け付けられるのと認められるのは違う

こんばんは

今日は朝から面談が入っていました。
「おみやげ買ってきてね」という娘(6歳)と息子(3歳)の要望に応え、
ミスドでドーナツ(ポンデリング)を購入
渡された紙袋を覗き込んで娘が一言。
「ポンデライオンみたいなドーナツが入ってる
…間違いではありませんが

さて、今回のタイトルは『受け付けられるのと認められるのは違う』です。

今日は夕方にも1件面談が入っていました。
ご本人で請求を進め、既に診断書の取得まで終わっており、
後は申立書を書くのみという状態だと、事前に聞いておりました。

前にも書きましたが、私は申立書のみの代筆のような、
部分的な関わりはお断りさせていただいております。
※このブログ『部分的な関わりはお断りいたします』参照。

…で、ご本人様にもそれをご理解いただいた上で、今日の面談となりました。

最初にこれまで取得した診断書等の書類を見せていただいたのですが、
非常に大きな請求上のミスをされていることが分かりました。
請求前のことですので、詳細は勿論書けません。
しかし、このまま提出したら、間違いなく不支給になってしまうというほどの重大な部分でした。
(因みに、障害状態の重さに関する部分ではありません。)

ここで一つ覚えておいていただきたいのが、
窓口でチェックされるのは、あくまでも書類がきちんと揃っているかであり、
そこで審査が行われる訳ではないということです。
なので、支給決定に関わることまでは言及して貰えません。
(これは窓口の職員が悪い訳ではありません。)

今回は、提出前にそれに気づくことが出来ましたので、
取りあえず最悪の結果は回避することが出来ました。
(勿論、これからその部分をきちんと補って行かなければなりませんが)
障害年金には複雑なルールが存在しますので、
それを理解してやらないと、とんでもないことになり兼ねません。

ご自分で請求するのが悪いとは決して思いません。
ただし、こういうことがあり得ますので、それなりの覚悟を持ってやって下さい。
それと、少しでも不安を覚えるのであれば、
提出前にご相談いただきたいと思います。



障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
熊本障害年金サポートセンター
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com

※お電話はこちらから掛けなおします。
 時間を気にせずご相談いただけます!







« あの方はどうなったんだろう? | トップページ | 受給権が認められました(再審査請求)(^^)v① »

障害年金」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 受け付けられるのと認められるのは違う:

« あの方はどうなったんだろう? | トップページ | 受給権が認められました(再審査請求)(^^)v① »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ