« 受給権が認められました(再審査請求)(^^)v② | トップページ | あすから年金特訓! »

2015年6月11日 (木)

支給停止が解除されました!

こんばんは

ウチの庭には桃の木があって、今年はかなりの豊作となっています
子供たちは大喜びで、毎日沢山食べています
完全無農薬ですし、出所がはっきりしているのも信頼がおけます(何せウチの庭ですから)
…ただし、手入れをしていない分、虫が入っていることも多いのが難点ですが

さて、一昨日のことになりますが、更新で支給停止になっていた方について、
支給停止事由消滅届を提出していた案件があったのですが、
無事認められて支給が再開されることになりました
お電話でそれを伝えたのですが、非常に喜んでおられました
何度聞いても嬉しいものです
こういうお声をお聞きすると、社労士になって良かったと心底思います

今回の案件は、統合失調症という精神のご病気でした。
ご依頼者様は障害年金自体は何年も前から受給されていて、
これまで更新も問題なく通っていた方でした。

それが、『障害の程度に該当しない』という通知が来て支給停止。
病状は変わっていないのに何故?
疑問、不安、怒り、様々な感情が渦巻いていたのではないかと思います。

そこで地元の社労士に相談したところ、
「是非不服申立てをするべき」と言われました。
しかし、その社労士は診断書の内容を見た訳ではありません。
内容を見ずに不服申立てを勧める、絶対にあり得ないことです。

また、「自分の知っている医者は、コチラの言う通りに書いてくれるから転院しましょう」と言って、
安易に転院を勧める社労士もいたそうです。
現在の主治医をとても信頼されていた相談者にとって、それは受容れられないものでした。
※絶対に転院が悪いとは思いませんが、安易に社労士が勧めるのは絶対に間違っています。

残念ながら、社労士への相談は不信感を募らせるだけの結果となりました。
(同じ社労士として、この対応は恥ずかしい限りです)

そこで、県外の私に相談が来ました。
先ず私は、診断書を見せていただきました。
率直な感想として、不該当になっても仕方のない内容であり、
不服申立ては無理だと考えました(やっても覆せる内容ではありませんでした)。
そこで、支給停止事由消滅届といって、
これから先の年金の支給再開を求める手続きを勧めて、
ご依頼をいただけることになりました。

今回私がやったことは、至ってシンプルです。
それは、その方の日常生活状況について詳細にヒアリングし、
それを文章にして主治医に伝えることです。

障害年金の請求や更新の結果が不本意であった方からご相談を受ける場合、
診断書の内容が、ご本人様の状態よりも軽く書かれていることが多々あります。
「医者の書き方が悪かった」
そう仰る方もいるのですが、私はそうは思いません。
主治医は病気を治すのが仕事ですが、その方の日常生活の全てを見ている訳ではありません。
なので、それを適切に伝えてあげないと、実態と乖離した診断書が出来てしまうことがあります。
※特に精神疾患の場合は、この作業が非常に重要です。

今回は主治医が大変協力的な方で、
こちらが伝えた内容をしっかりと反映した診断書を書いて下さいました。
※勿論、嘘の情報や不正の強要などということではありません。

さらに、ここ1年程の日常生活状況について任意の申立書を作成し、
診断書に添付して提出しました。
これは必ずしも必要という訳ではありませんが、
診断書だけでは伝えきれない情報を、
任意の申立書の形で提出するのは、私は意義のあることだと考えています。

提出から約2ヵ月。
ご依頼者様から連絡がありました。

「年金額改定通知書というものが送られて来て、金額が0になっている」
「これはどういうことなのか?もしかして、ダメだったということなのか?」


実は、今年の4月分の年金から金額が改定されています(少しだけ増えています)。
改定されたのは4月ですが、改定後の最初の振込みは6月です。
※年金の支払いは、前2ヵ月の後払い方式になっているため。
そこで、振込み前の今の時期に、全受給権者に対してこの通知が発送されています。

受給権者には、現在支給停止になっている方も含みます。
ご依頼者様の年金は支給停止になっていますので、改定されても0円。
それが、今回の紛らわしい通知の意味でした。
(早い場合は提出から2ヵ月程で結果が出ることもありますからね、タイミング的にも悪かった訳ですね

そこでその方の状況について調べて貰った結果、
上手くいったことが分かりました。

まあ、上手くいったから笑い話で済みましたが、
こういう紛らわしい通知は止めて欲しいですね。
実際、年金機構からの通知は、一般の方では分かりにくいものが多いです。

旧社保庁が解体し、日本年金機構が発足して5年になります。
以前より、サービスが良くなったとは言われていますが、
こういうところはまだまだ改善の余地があると思いますね



障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
熊本障害年金サポートセンター
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com

※お電話はこちらから掛けなおします。
 時間を気にせずご相談いただけます!






« 受給権が認められました(再審査請求)(^^)v② | トップページ | あすから年金特訓! »

障害年金」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 支給停止が解除されました!:

« 受給権が認められました(再審査請求)(^^)v② | トップページ | あすから年金特訓! »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ