« 日々勉強ですね(^_^;) | トップページ | ようやく書き上げました(^^)v »

2015年5月16日 (土)

急に連絡が取れなくなること

こんばんは

セ・リーグ横浜DeNAは、広島を2対1で下し、今季3度目の5連勝としました
しかも7カード連続の勝ち越しは、大洋時代以来51年ぶりの快挙だとか
勿論、ペナントレースはまだ序盤ですので、これからどうなるか分かりませんが、
こういうチームが出て来ると、野球が盛り上がりますね

さて、今回のタイトルは『急に連絡が取れなくなること』です。

実際にご依頼を受けていて、途中で急に連絡が取れなくなることがたまにあります。
…と言ってもご本人様がいい加減なことをしている訳ではありません。
連絡することが出来ないんです。

これは特に精神疾患の方に多いのですが、
連絡する気力がなくて出来ないことがあります。
したがって、数週間とかそれこそ1ヵ月以上経ってから連絡が来ることもあります。

ご病気の方が相手ですので、これはいたしかたのないことだと思っています。
しかし、請求が長引くとそれだけ不利益が生じることもあります。
事後重症請求の場合は請求月の翌月分からしか年金が支払われませんので、
日にちが経つとそれだけ年金を捨ててしまうことになります。
5年以上経過している障害認定日請求も同様です。
5年の時効が過ぎれば、その分は支払われません。

また、診断書の有効期間は3ヵ月です。
※障害認定日分の診断書は過去の状態の証明ですので、3ヵ月以上経過しても大丈夫ですが。
以前ご依頼を頂いた方は途中で症状が悪化し、この3ヵ月を超えてしまいました。
主治医に事情をお話しして、現症日の日付を書き直していただけたから良かったものの、
そうでなければ、また1から診断書を書いて貰わなければならないところでした。

このように、請求の過程で急に連絡が取れなくなってしまうことがあります。
私の方は仕方のないことだと思っていますが、
障害年金の制度上、不利益を被ってしまうこともあるのです。

勿論、我々社労士に依頼をする場合は、ご自分でやるよりも心身の負担は少なくて済みます。
しかし、全く何もしなくていい訳ではありません。
例えば申立書については、殆どの社労士は代筆してくれると思いますが、
これまでのご病気の経過については、やはり思い出して教えていただく必要があります。
これはご病気を抱えた方にとって、負担の大きいことだと思います。
(それは分かっているのですが、私が想像だけで申立書を書くことは出来ません)

こういったことがありますので、障害年金を請求する際には(社労士に依頼する場合であっても)、
出来ればご家族の協力を仰ぐようにして下さい。



障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
熊本障害年金サポートセンター
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com

※お電話はこちらから掛けなおします。
 時間を気にせずご相談いただけます!







« 日々勉強ですね(^_^;) | トップページ | ようやく書き上げました(^^)v »

障害年金」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 急に連絡が取れなくなること:

« 日々勉強ですね(^_^;) | トップページ | ようやく書き上げました(^^)v »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ