« 受診状況等証明書を複数取得するケース | トップページ | 42歳になりました(*^-^*) »

2015年3月25日 (水)

非公開って…

Dsc_0806_2こんばんは

今日は熊本市内某所にて、
労働基準法のお話をさせていただきました
皆さん真剣に聞いて下さって、
短い時間でしたが私も有意義な時を過ごすことが出来ました
でも、短時間で要点をお話するのって、やっぱり難しいですね
『端的に分かり易く』
ここ数年に渡って私が課題としているものですが、
今日も反省点一杯でしたね
※写真は空き時間に読んでいた、池上彰さんの『伝える力』です。
 まだまだ、私には足りないですね(でも欲しいです)。

さて、今回のタイトルは『非公開って…』です。

先日、このブログでも書いた通り、障害年金の認定には地域格差が存在しています。
※このブログ
『障害基礎年金の障害認定の地域格差』参照。

その地域格差を解消すべく、現在関係者による話合いが進められています。
第1回の検討会は2月19日に行われました。
これについては、参加された社労士の先生のブログ等の書き込みで、
大体の内容は知っていますが、まだ議事録が出ていないので、
それを読むまではコメントはいたしません。

…で、第2回の検討会が3月31日に行われることになりました。
詳細は
コチラをご参照下さい。
まあ、これは単にこの日に話合いがありますよ、という告知に過ぎないのですが、
ちょっと(というか大きな)問題なのが次の記述があることです。


精神・知的障害に関する認定事例を分析するために申請者の個人情報を多数扱うことから、
個人情報保護の観点により非公開とします。


これも、第1回の検討会の時に決定していたことは知っていましたが、
やっぱりコレって問題ですよね?

障害認定の地域格差が生じていることは、非常に大きな問題です。
そして、それを是正すべく会合が行われることは、非常に有意義なことです。
しかし、こんなに大切なことを非公開でやっていいのでしょうか?

『個人情報を多数扱う』とありますが、
個人が特定出来そうな情報だけ伏せればいいことですよね?
どう考えてもおかしいと思います。

格差を無くすにしても、単に厳しいところに基準を合わせるだけというのも考えられます。
これが一番安易な方法ですからね。
勿論、一番ゆるやかなところに合わせろとは言いませんが、
全てを総合的に勘案して、最善の基準を探すべきです。
そして、これを密室でやろうとしているんですね。

本当に恐ろしい話です。
この国は何を考えているのでしょうか?



障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com
※お電話はこちらから掛けなおします。
 時間を気にせずご相談いただけます!






« 受診状況等証明書を複数取得するケース | トップページ | 42歳になりました(*^-^*) »

障害年金」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 非公開って…:

« 受診状況等証明書を複数取得するケース | トップページ | 42歳になりました(*^-^*) »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ