« いい報告が出来ました…ですが(審査請求) | トップページ | ご参考にされて下さい(認定事例) »

2015年2月19日 (木)

リスクについて

こんばんは

今日は久しぶりに私が夕食を作りました
親子丼とお吸い物(エビのすり身入り)だったのですが、
思いの他上手く出来まして(手前味噌で申し訳ございません)。
子供達も嫁さんも、美味しく完食してくれました
(写真撮るの忘れてました

さて、先ほどまで知り合いの社労士の先生と電話で話していました。
その先生は、ある方から障害年金の相談を受けています。
私もお話を聞いて、いくつか私なりのアドバイスをさせて頂きました。
率直な感想として、障害等級に該当するのは厳しいのではないかと感じました。

私が相談を受ける場合は、先ずお電話で病名や症状、
日常生活でのお困りごと等をお聞きします。
そして、次に面談という流れになるのですが(ご遠方の場合は、次も電話のこともあります)、
それまでに病気について調べ、認定基準を読み込んだ上で面談に臨みます。

その中で、正直障害年金は厳しいのであれば、はっきりとその旨を伝えます。
勿論、私も専門家を名乗っていますので、単なる感覚的なところでは話しません。

障害認定基準および私の経験、これまでの事例等から、
何がどう厳しいのかの理由を伝えます。
要するに、ご相談者様に考えられるリスクを全部お話するのです。

私は、多少のリスクであれば社労士が負うべきだと考えています。
(実際私は、何人もの社労士に断られた案件を受給に結びつけた実績がありますので。)
しかし、どう考えても無理な場合もあります。

明らかに要件を満たしていない場合はどうしようもありません。
また、障害等級に該当しない場合もやはりそれを伝えます。
特に障害基礎年金の場合は2級までしかありませんので、
認められる障害等級の幅が、障害厚生や障害共済よりも狭い現実があります。

一つだけ理解して頂きたいのですが、私たち社労士が関わったからと言って、
本来3級程度の状態の方が2級で認められる訳ではありません。
こんなことやったら、当然ですが…不正です。

ただし、現実問題として、ご自分で請求される場合は、
2級相当の方が3級で認定されたり、
3級相当の方が不該当になったりといったことが実際に起きています。
私たちがやるべきことは、障害年金を受けるべき方に、
本来受けられるべき等級での受給に導くことにあると考えています。

それと、先ほどのリスクの話に戻りますが、やはりご相談者様側も、
そのリスクの存在を理解して頂きたいと思います。
請求するだけでも、お金も労力も掛かります。
リスクが大きければ大きい程、不該当になる可能性も大きくなりますので。

簡単に諦めるべきではありませんが、どうしようもないケースもあります。
絶対無理とは言わないまでも、リスクが非常に大きいケースもあります。
中には、仮に認められたとしても、得られる実益が少ないケースもあります。
(現在受給中の年金より、ほんの僅か増えるだけといった場合です)

私は安易に「ダメ元でやりましょう」とか、
「やってみなければ分からない」といった説明はしません。
(こういうことを安易に言うのは、専門家として失格だと考えます。)
しかし、リスクの存在があるケースもあることを、どうかご理解いただきたいと思います。



障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com
※お電話はこちらから掛けなおします。
 時間を気にせずご相談いただけます!






« いい報告が出来ました…ですが(審査請求) | トップページ | ご参考にされて下さい(認定事例) »

障害年金」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リスクについて:

« いい報告が出来ました…ですが(審査請求) | トップページ | ご参考にされて下さい(認定事例) »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ