« 準備しなきゃ(^_^;) | トップページ | またまた福岡(*^^)v »

2015年2月11日 (水)

障害年金請求前に、身体障害者手帳を取得するべきか?

こんばんは

今日は家族で、南阿蘇方面に行って来ました
お土産に饅頭を買って、
ウチの隣に住むお義父さんに息子(2歳)と2人で届けに行きました。
お義父さん:「ありがとうね」
息子:「じいじ、ちゃんとごはんたべてからよ!」
親の教えは浸透しているようです

さて、今回の内容は、先日面談の中で質問があったものです。

「手帳をまだ取得していないんですけど、障害年金申請前に取得した方がいいんですか?」

確かにコレって気になりますよね?

これに続けて、次のことを仰いました。

「田平さんに相談する前に、2人の社労士にもこのことを聞いたんですが、
違う答えが返って来ました。」

A社労士:「関係ないとは言い切れないので、出来れば取得しておいた方がいい。」
B社労士:「関係ないので、取得しなくていい。」

2人とも障害年金専門と謳っている社労士ですが、答えは正反対だったんですね

では、私がどのような答えをしたかと言うと…、

「関係ないとは言いませんが、取得する必要はありません。」

何故、このような答えをしたのか、この根拠について書きます。

障害年金には『申立書』というものが存在します。
これは、発病から現在まで、どのような経緯を辿り、
日常生活や就労にどのような支障があったかを、
請求者の目線で書き進めて行くものです。

・・・で、以前は障害基礎年金用と障害厚生年金用の2種類が存在し、
内容がちょっと違っていました。
どこが一番違っていたかと言うと、
障害基礎年金用にだけ、手帳の取得時期や等級等について記す欄があったのです。

これが、昨年の6月頃に1本化されました。
(今は、障害基礎年金も障害厚生年金も同じ書式になっています)
先に書いた手帳の情報についても、新様式の中に書く欄があります。
手帳の情報が全く必要ないのであれば、昨年1本化した時に、
わざわざ残すことは考えられません。
「関係ないとは言い切れない」というのは、ここから来ています。

では、何故取得する必要はないと言ったのか?
それには2つの理由があります。

先ず1つ目の理由です。
手帳を取得していない方でも、実際に障害年金が支給されています。
私がお手伝いした中でも、
手帳を取得していない方の障害年金支給決定の例は沢山あります。
(昨年の6月以降に請求したものにもありますし、
その前の障害基礎年金でも勿論あります)

「関係ないとは言い切れない」ですが、
決定に大きな影響があるとはとても思えません。
手帳と障害年金は、そもそもの認定基準が違っているのですから。

もう1つの理由です(コチラの方が重要です)。
ほぼ同じ時期に、障害年金と手帳の診断書を主治医に書いて貰うことは、
私はリスクがあると考えています。

多くの医師は多忙ですので、診断書を書くという作業は、
かなり手間のかかる作業ではないかと思います。
実際、診断書を書くのを露骨に嫌がる医師も存在しますので。

そんな面倒な作業である診断書を、ほぼ同じ時期に2枚書くとすればどうでしょうか?
内容がちょっと疎かになることも考えられなくはありませんよね?
勿論、必ずそうなる訳ではありませんし、そのリスクはかなり低いと考えます。
しかし、実際に手間のかかる作業ですので、
患者側も、作成依頼をする時期をちょっと変えるくらいの配慮を、
主治医に対してしてあげてもいいのではないかと思います。

勿論、これは私の考えであって、こうでなければならないとは思いません。
ですが、今回の質問はこれまでにもありましたし、
その度に同様に答えて来ました。

これを読まれた一般の方、社労士の方、医師の方、どのように思われますか?




障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com
※お電話はこちらから掛けなおします。
 時間を気にせずご相談いただけます!







« 準備しなきゃ(^_^;) | トップページ | またまた福岡(*^^)v »

障害年金」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 障害年金請求前に、身体障害者手帳を取得するべきか?:

« 準備しなきゃ(^_^;) | トップページ | またまた福岡(*^^)v »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ