« 納得いかない裁決 | トップページ | 新しいホームページの公開を始めました »

2015年2月 4日 (水)

自分の言葉で話す

こんばんは

昨日は節分でしたね
そんで、子供達と3人で(嫁は仕事だったので)豆まきをしました
各部屋を回って、「鬼は外」「福は内」と言いながら、
楽しく豆まきをして鬼を追い払いました
3人とも鬼のお面を付けていたのはご愛嬌ということで

さて、今回のタイトルは『自分の言葉で話す』です。
考えたら、社労士講座の講師になって今年で6年目になります。
勿論、そのような貴重な機会を与えていただいている某社労士講座には、
大変感謝しております<m(__)m>

最初はガチガチに緊張して、開始5分前にトイレに行ったりタバコ吸いに行ったりと、
結構可愛らしい頃もあったのですが…。
お蔭さまで、今ではあんまり緊張しなくなりました(成長したのやら図太くなったのやら)。

最近は、他の人から人前で話す際のアドバイスを求められることも、
たまにですがあります。
勿論、細かいテクニック的なものは沢山あるのですが、
私が先ずお伝えするのは「自分の言葉で話す」ということです。

私が社労士として開業して間もない頃、2つのセミナーを聞きに行ったことがありました。

最初のセミナーの講師は、非常に流暢な喋りで、殆ど噛むことはありませんでした。
しかし、単に原稿を読んでいるだけといった感じで、
聞いている私たちの反応を伺うことはありませんでした。
専門用語や分かりにくい箇所があってもお構いなしにしゃべり続けていました。
(正直、殆ど寝ていました

次に行ったセミナーの講師は、あまり人前で喋るのに慣れていないらしく、
何度も噛みながら、タドタドしい印象がありました。
しかし、原稿を読むのではなく、自分の言葉でお話下さいました。
私たちの反応を見ながら、時には立ち止まって解説してくれたり、
噛み砕いて説明してくれたりしました。

…どちらが聞き手にとって嬉しいかは、言わなくても分かりますよね?

また、私が前職で営業に回っていた時、先輩営業員と同行する機会がありました。
その時に先輩から言われました。

「言っていることは間違っていない」
「でも、全然自分の言葉で喋っていない」
「枝はあっても、葉っぱが生えていない木のようなものだ」
「それじゃ、相手には伝わんないよ」


ホント、仰る通りだと思いました
やっぱり、多少下手でも、言葉に詰まっても、
自分の言葉で喋んないと伝わんないんですよね

人前で喋るのって、そう簡単に慣れるものではありません。
正直な話、講義を始めて3年くらいは、毎回怖くて仕方がありませんでした。
でも、最初のうちから私が心掛けていることは、
「自分の言葉で喋る」ということです。

人前で話すという行為は、
自分の考えを大勢の人に伝えることが出来る大きなチャンスでもあります。
折角ならば、きちんと思いを伝えたいですよね?

これから人前で話す機会がある方は、
是非「自分の言葉で話す」ことを心掛けてみて下さいね




障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com
※お電話はこちらから掛けなおします。
 時間を気にせずご相談いただけます!






« 納得いかない裁決 | トップページ | 新しいホームページの公開を始めました »

その他」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分の言葉で話す:

« 納得いかない裁決 | トップページ | 新しいホームページの公開を始めました »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ