« 消えた~(T_T) | トップページ | 公開審理の日程決まる »

2014年11月13日 (木)

最低限お伝えいただきたいこと

こんにちは

久しぶりにおにぎりを握って食べたのですが、
ちょっと塩を付け過ぎてしまいました
でも、それを食べながら、亡くなったばあちゃんのことを思い出しました
小さい頃からご飯好きな私は、お腹が空くとばあちゃんにおにぎりを握って貰っていました。
ばあちゃんが作る大きくてちょっと塩辛いおにぎり
そんなおにぎりが大好きで、しょっちゅう握って貰っていました
何の具も入っていない塩むすびですが、やっぱり私にとってはソウルフードのようです

さて、今回のタイトルは『最低限お伝えいただきたいこと』です。
※今回の内容は、前回書こうとして消えてしまった内容です

私は日ごろ、電話やメールでのご相談を受けています。
電話だとそうでもないのですが、メールだと情報が少なすぎることが非常に多いです。
どこまで書いたらいいのかが分からないというのもあるでしょうし、
相談している社労士が信頼に足る人物かどうかが分からないので、
詳しく書くのは抵抗があるという方もいるでしょう。
しかし、ご相談を受ける時には、最低限教えていただきたい情報がいくつかあります。

例えば、下記のようなことです。

①病名
⇒障害年金は、病気や部位毎に細かく認定基準が設けられています。
 したがって、何の疾患かが分からないことには、受給できる可能性の有無を測ることが出来ません。

②現在の年齢

⇒65歳以上の方は、そもそも請求が出来ないケースが多いですし、
 60歳から65歳までの方は、特別支給の老齢厚生年金を貰っているケースが多いのと、
 障害年金の受給権が発生しても、どちらかを選択しなければならないことになります。
 
 また、障害者特例というものを選択した方がいいこともあります。

③初診日(または、いつ頃から症状が出て来たのか)
⇒初診日に加入していた年金制度によって、請求できる年金の種類が変わって来ます。
 初診日に国民年金の場合は障害基礎年金を請求することになりますが、
 この場合は1級と2級しかありません(障害厚生と障害共済は3級まである)。
 したがって、初診日に国民年金の場合は、認められる障害の幅が狭くなります。

④現在の症状と日常生活でどのような支障が出ているのか?
⇒これが分からないことには、受給できる可能性を探ることが出来ません。

⑤現在働いているのか?
⇒特に精神疾患の場合は、労働能力が支給決定に大きな影響を与えます。
 単に働いているかどうかだけでなく、どのような状態であるかも教えていただければと思います。
(例:休職中、休職後のお試し出勤をしている最中、簡単なアルバイトを短時間行っている、
就労支援事業所で無理のない範囲で働いている等


※④⑤については、
障害認定日(原則、初診日から1年6ヵ月経過日)頃の状態も分かれば教えて下さい。

…といったところでしょうか?

私たち社労士には、守秘義務が課されています(社労士法21条、27条の2)。
そうは言っても、見ず知らずの人間に、自分のデリケートな部分をお話するのは、
とても抵抗があることと思います。

実際、障害年金を請求する過程では、
私も根掘り葉掘りお聞きすることもあります。
勿論、話せる範囲で構いません。
私のことを信頼に足る人物だとご判断されたときに、
その他のことについてもお話いただければ幸甚です。

しかし、上記の5点については、やはり最低限教えていただきたいと思います。



障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com

※お電話はこちらから掛けなおします。
 時間を気にせずご相談いただけます!







 

« 消えた~(T_T) | トップページ | 公開審理の日程決まる »

障害年金」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最低限お伝えいただきたいこと:

« 消えた~(T_T) | トップページ | 公開審理の日程決まる »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ