« 慢性腎不全で障害厚生年金支給決定 | トップページ | 転院したら、直ぐに診断書を書いて貰えるの?② »

2014年10月 7日 (火)

転院したら、直ぐに診断書を書いて貰えるの?①

こんばんは

今日、社会保険審査官に対して審査請求書を発送しました
審査請求の請求期限まで残り1週間を切っていたこともあり、
ちょっと焦りましたが、何とか間に合うことが出来ました
人事は尽くしましたので、後は天命を待ちたいと思います。

さて、今回のタイトルは『転院したら、直ぐに診断書を書いて貰えるの?』です。

障害年金の請求をする際には診断書が必要です。
しかし、医師から作成を断られるケースもあります。
「障害年金が認められる程、酷い状態ではない」
そう医師が判断している場合などは、このように断られることもあります。

勿論、本当に状態が軽いのであればそれは仕方のないことかも知れません。
しかし、きちんと本人の状態が主治医に伝わっていないことが原因の場合もあります。
また、「この病名で認められる訳がない」と、主治医が決めつけているケースもあります。
※一部例外もありますが非常に少ないです。
 詳しくはこのブログ『障害年金の対象とはならない疾患』をご参照下さい。

そこで、仕方なく転院をされる方もいらっしゃいます。
(個人的には安易な転院は好みませんが、そうは言ってられないこともあります。)

そこで質問されるのがタイトルに書いた内容です。

私はそういう質問をされた時は、
最低でも3ヵ月くらいは通ってから作成依頼をした方がいいと答えるようにしています。

それは何故か?

ちょっと長くなりそうですので、続きはまた次回



障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com
※お電話はこちらから掛けなおします。
 時間を気にせずご相談いただけます!







« 慢性腎不全で障害厚生年金支給決定 | トップページ | 転院したら、直ぐに診断書を書いて貰えるの?② »

障害年金」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 転院したら、直ぐに診断書を書いて貰えるの?①:

« 慢性腎不全で障害厚生年金支給決定 | トップページ | 転院したら、直ぐに診断書を書いて貰えるの?② »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ