« 問い合わせをしたら悪影響を及ぼす? | トップページ | 伝えるべきは、その日の症状だけではありません »

2014年9月 4日 (木)

一生に一度のこと

こんばんは

ここ2日程、ちょっとだけ寝不足です
今日、それを知り合いの社労士に話したのですが、
「田平さんはまだ甘いよ!」と言われました
今月、藤崎宮秋の例大祭という熊本伝統のお祭りがあるのですが、
私に前記のセリフを言った社労士はそのお祭りの準備等が毎日深夜まであっているらしく、
本当にシンドイと言っていました
ビタミン注射しながら頑張っているらしいです
Nさん、体壊さんようにね

さて、先ほどまで障害年金のご依頼者様とお電話でお話をしていました。
その内容については勿論書けませんが、
真剣に考え、そして悩まれている様子でした。
勿論私も、私なりの考えを真剣にお話しました。

私は自分の障害年金に対するポリシーとして、
誰よりも親身に丁寧にというのを心掛けるようにしています。
障害年金は、その人の人生において、とても大きな意味を持つからです。

先日ご依頼をいただいた方は、当初他の社労士に依頼をされていました。
しかし、相次ぐミスがあり、その社労士に不信感を覚えたそうです。
さらにミスの言い訳として、同時に50件ほど抱えているからと言っていたそうです。
障害年金は1件1件違いますので、そんなに案件を抱えていたら、
現実問題としてまともな対応は出来ないでしょう(少なくとも私は無理です)。
起こるべくして起きたミスだと思いました。

現在、何件かの案件を抱えています。
勿論、これまでにも何件もの請求をしてきました。
私たち社労士にとっては、一つの請求は、
何件もあるうちの一つであることは事実です。
しかし請求者は違います。
障害年金の請求は、恐らく一生に一度のことです。
そして、その方の人生において、とても大きな存在なのです。
私たちはそれを忘れるべきではありません。

今日、ご依頼者様とお話をしながら、そういうことを考えていました。



障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com
※お電話はこちらから掛けなおします。
 時間を気にせずご相談いただけます!







« 問い合わせをしたら悪影響を及ぼす? | トップページ | 伝えるべきは、その日の症状だけではありません »

障害年金」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一生に一度のこと:

« 問い合わせをしたら悪影響を及ぼす? | トップページ | 伝えるべきは、その日の症状だけではありません »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ