« 某年金事務所の呆れた対応① | トップページ | 某年金事務所の呆れた対応③ »

2014年9月30日 (火)

某年金事務所の呆れた対応②

こんばんは

朝から子供を保育園に送って行ったのですが、
その時に、娘の仲良しの友達のKちゃんが、娘に抱き付きながら一言。
「昨日は何で来なかったの?Kちゃん、一緒に遊びたかったのに~」
いや~、5歳児の抱擁、何とも可愛らしいですね
朝からホッコリさせられました

さて、昨日の続きから(ホッコリした内容からの急展開で申し訳ないです)。

お母様が年金事務所に再訪問することは分かっていましたので、
窓口で分からないことがあった場合は、直ぐに私に電話をするように伝えていました。
案の定、電話が鳴りました

※ココからは、「」が副所長の言葉、()がワタシです。

「審査請求は、先に提出した書類が無くても可能ですよ。」
(そんなことは分かっています。
しかし、中身を確認しないと、審査請求をするべきなのかどうかの判断すら出来ません。
こちらは情報がなくて困っているんです。
手紙にもその旨を書いていた筈ですが。)

「照会文書が欲しいと書いてありますが、
これは請求者が持っているんじゃないんですか?」

(持っていないし内容も覚えていないようなのです。
そのことは手紙にも書いていますよね。)

「開示請求をしたいと書いてありますが、
わざわざ開示請求をしなくても、提出書類はここで保管してありますよ。」

(じゃあ、それを下さい。)

「でも、全部ここにあるとは限りません。
照会文書は多分、事務センターにありますよ。」

(じゃあ、その分を事務センターから取り寄せて下さい。)

「それには開示請求が必要です。」
(じゃあ、その分だけ開示請求すればいいんですよね?)

「開示請求にはお金が掛かりますよ。」
(いくら位ですか?)

「300円程です。」
(お母様は何と言っていますか?)

「出してもいいって言っています。」
(じゃあ、お願いします。)

「でも、開示請求しなくても、ウチで提出書類は保管してありますよ。」
(でも、照会文書はないんでしょう?)

「これだけあれば、審査請求は出来ますよね?照会文書は本人さんが持っているでしょうし。」
(だから、持っていないって言ってるじゃないですか!
こちらはその内容が全く分からないから言っているんです!!


…馬鹿馬鹿しい会話ですよね
こんな不毛なやり取りが数分続き(同じやりとりを何度させられたか…)、
最終的にはその年金事務所で保管している分は出していただいて、
照会文書については開示請求をするようにお願いしました。

ちょっと疲れましたが、これで終わりだと思いました。
しかし、まだ続きがあるんですね

長くなってきましたので、続きはまた次回



障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com

※お電話はこちらから掛けなおします。
 時間を気にせずご相談いただけます!






« 某年金事務所の呆れた対応① | トップページ | 某年金事務所の呆れた対応③ »

障害年金」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 某年金事務所の呆れた対応②:

« 某年金事務所の呆れた対応① | トップページ | 某年金事務所の呆れた対応③ »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ