« 病状に合った請求を! | トップページ | 福岡の皆さん、頑張って下さい!! »

2014年8月 1日 (金)

非常に悔しい結末①

こんにちは。

先ほど、熊本県外にある某年金事務所の方から電話がありました。
3月に障害厚生年金の再請求をしていた案件があったのですが、
これが認められないとのことでした。
非常に特殊で困難な事例ではありましたので、
こうなることも充分に予想されました。
しかし、この結果は非常に残念です。
こういう残念な結果に終わるのは、正直初めてのことです。
やるだけのことはやりましたが、それでもメチャクチャ悔しいです。

今回の請求は、障害基礎年金から障害厚生年金への変更を求めるものでした。
実はこの案件、昨年ご自身で請求をされています(社労士が入っていないということです)。
某年金事務所(冒頭に書いた年金事務所)で、
これまでの経緯について(私の依頼者が)説明をしたところ、

「あまりにも古い初診日は認められない可能性があるので
(本来の初診日ではない)こちらを初診日としてはどうか?」
「こちらを初診日にするならば、区役所でも手続きが出来る。
待ち時間が長い年金事務所より、
直ぐに対応出来て家からも近いのでいいんじゃないか?」


という、とんでもない説明を年金相談員から受けたそうです。
それで、本来なら障害厚生年金が請求出来たところを、
障害基礎年金で請求してしまっていました。
しかも、申請した初診日(国民年金期間中)ともう一つの初診日(厚生年金期間中)は、
2~3ヵ月しか離れていませんでした(共に保険料納付要件は満たしていました)。
※因みに、障害厚生年金加入期間中の方が、時系列的に前(古い)になります。

結果は障害基礎年金の2級。
普通に請求をしていれば、
障害厚生年金が認められた事例です(診断書の内容は、充分2級のものでした)。

それから10人程の社労士に依頼を断られて、私に相談をされたという訳です。

ちょっと長くなりそうですので、続きはまた次回。




障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com

※お電話はこちらから掛けなおします。
 時間を気にせずご相談いただけます!






« 病状に合った請求を! | トップページ | 福岡の皆さん、頑張って下さい!! »

障害年金」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 非常に悔しい結末①:

« 病状に合った請求を! | トップページ | 福岡の皆さん、頑張って下さい!! »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ