« 非常に悔しい結末② | トップページ | やっぱり気を付けたい申立書の内容 »

2014年8月 4日 (月)

非常に悔しい結末③

こんばんは

今日は、9月に受検する人間ドックの書類が届きました。
因みに、昨年に引き続きで2回目となります。
何事もなければいいのですが…
ただ、間違いなく運動不足は言われるでしょうね

さて、昨日は再請求の提出をしたところまででしたね。
前回書き忘れたのですが、今回の再請求のように特殊な請求をする際には、
その理由が必要になります。
今回のケースでは、障害基礎年金から障害厚生年金への裁定替えですので、
何故そのようなことをするのか?
また、何故前回それをしなかったか等の理由が必要でした。
経緯や理由などを書いて、再請求の際に添付したのはその為です。

さて、再請求から約2か月後、問題の年金事務所の方から電話がありました。
年金機構本部からの指示で、
初診(問題の脳神経内科)を含む3ヵ所のカルテを提示するようにとのことでした。
再請求の際はハードルが上がることがあると、
前にこのブログでも書いたことがあると思います。
3か所ものカルテの提示要求から、審査がかなり慎重に進められていることが伺われました。
せめて、初診の病院が、ちゃんと受診状況等証明書に書いてくれれば、
もう少し違ったかも知れませんが…。

ここでまた、困った事態が起きました。
その初心の病院が、カルテの提示に難色を示してきたのです。
因みに、病名と受診日以外の情報は入っていないとのことでしたので、
カルテを提示したところで、どの程度の効果があるのかどうかはちょっと疑問でしたが。
初診の証明をお願いした時と同じように、本人か家族が取りに来ない限り、
郵送で送ることは絶対にしないと言ってきました。
しかもその時は、ご本人だけでなくご家族もご病気で動けなかったのです。
私が代わりに行くにしろ、飛行機を使わなければならないほど離れていましたので、
経済的な負担は計り知れません。

そこで、その旨を某年金事務所の方に伝えました。
…で、某年金事務所の方がそこの病院に連絡をしたのですが、
「たとえ国からの要望であっても、本人以外には絶対に渡さない」と言ってきたそうです。

ご本人と話し合いをし、結局そこの病院以外の2つの病院のカルテだけを提示して、
審査を再開してもらいました。
カルテを提示したところで殆ど内容が書いていないのであれば、
あまり意味は無かったかも知れません。
でも、何故その病院が、そこまで直接手渡しに拘るかの意味が、
私にはさっぱり分かりません。

それから1ヵ月後、今回の再請求が認められない旨の連絡がありました。
今回は事情が事情でしたので、
認められない場合は、再請求自体を取り下げることを認めてもらっていたので、
最初の請求で獲得した障害基礎年金の受給権は残った形になりました。
…でもまあ、私としては非常に悔しい結果でした。
(再請求の取り下げですので、不服申立ても出来ません)

その初診の病院がカルテを送ってくれれば(身分証明の書類があれば可能な筈ですので)、
また、その前に、受診状況等証明書に書いてくれれば、という思いは正直あります。

しかし、それ以上に、最初の請求の時に間違った説明がなされていなければ、
こんな大変な請求はしなくて済んだ訳です。
それと、もしその時に、社労士に依頼をしていれば、
そこの間違いに気づいて、障害厚生年金の請求をしていたでしょう。
そして、普通に認められていたと思われます。
(1回目であれば、わざわざカルテを出せとまでは言ってこなかったでしょうから)

今回のケースは、かなり特異な例かも知れません。
しかし、これまでにも窓口で間違った説明をされたという話は、何度も聞いています。
医者などの医療関係者から、間違った説明を聞いたという話も、度々聞いています。

今回は非常に残念な結果でした。
この結果を踏まえて、敢えて声を大にして言いたいです。
請求に対して少しでも不安のある方は、是非ご相談下さい。
そうしないと、大変なことになり兼ねません。
そして、そうなった時に、それを覆すのは多くの場合、非常に困難です。
不服申立てや再請求は簡単ではないことを覚えておいて下さい。
とにかく、最初の請求が肝心なのです。

このブログをお読みの皆様には、このようなことになって欲しくありませんので、
敢えて、私の初の不支給事例を書かせていただきました。



障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com
※お電話はこちらから掛けなおします。
 時間を気にせずご相談いただけます!






« 非常に悔しい結末② | トップページ | やっぱり気を付けたい申立書の内容 »

障害年金」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。障害年金を考えている者です。HPを見ても料金がいくらかかるのかよくわからなかったので、質問します。ここで質問していいのかどうかもわかりませんがすみません。結局、手数料はいくらかかるのですか??定額ですか??それとも厄介な内容だったら割増料金的なものがかかるのですか??おおよそでいいので教えてください。 

イダ様
コメントありがとうございます。
料金については着手金なしで、完全成功報酬制(年金額の2か月分または初回振込額の10%のうち、いずれか多い方)となっています。年金が出ない場合は、私への報酬は発生しません。したがって、私も全力で頑張らせていただいています。結果に納得がいかない場合は、不服申立てを行いますが、これについても、追加の着手金などはいただかず、当初の条件を引継いだ形で、最後までお付き合いいたします。
ただし、これは基本であり、不服申立て(審査請求や再審査請求)からのご相談や特殊な事例等の場合は、着手金をいただくなど、条件を変えさせていただくこともあります。
勿論、条件については契約前にきちんと提示しますので、請求の過程において条件を変動させることはしません。
詳細な業務内容についても、書面できちんと提示しますので、その点はご安心下さい。

どちらにせよ、先ずは内容を把握しないことには始まりませんので、良ければ返信フォームまたはお電話でご相談下さい。

返信フォーム→http://tabira-sr.com/admission.html
電話→096-221-1318
※お電話はこちらから掛け直しますので、電話料金を気にせずご相談いただけます。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 非常に悔しい結末③:

« 非常に悔しい結末② | トップページ | やっぱり気を付けたい申立書の内容 »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ