« 講義終了! | トップページ | 『*』なんて不親切… »

2014年7月 1日 (火)

ちょっと愚痴です…

こんばんは

毎日蒸し暑いですね
私の住む熊本県は盆地なので、夏は蒸し暑く冬は寒いという気候にあります。
(気候的には京都と似ているらしいですね)
昔は夏は大好きだったのですが、最近は暑いのは苦手
「早く涼しくならないかな」
…夏本番を前に、季節先取り的なことを考えている今日この頃です

さて、今回は…愚痴です。
(こういうのが嫌いな方もいると思いますので、そういう方は今回はパスして下さい)

私は1件1件丁寧に、誠実に対応することを心掛けておりますし、
殆どの社労士は、細かいやり方などは違えども、
やはりきちんと対応しているものと信じています。

しかし、最近、同じ社労士に対する良くない話を耳にする機会が増えています。
対応が不誠実、雑、不勉強等…。
こういう話を聞くと、何だかがっかりしますね。

障害年金は、最近社労士の間でも注目されています。
それに伴って、携わる社労士も増えています。
年金の専門家は私たち社労士ですので、
障害年金に携わる人が増えることは、決して悪いことではありません。
しかし、それで不誠実、不勉強な社労士が増えることは、
業界のイメージとしてとても悪いことです。

私はこのブログの中で、「障害年金を専門とする社労士にご相談下さい」と、
何度も呼びかけて来ました。
しかし、このままでは自信を持ってそう言えなくなってしまいます。

勿論、冒頭にも書いた通り、殆どの社労士は誠実に対応していると信じています。
しかし、その一方で、いい加減な社労士が存在することも事実です。

最近、こういう話を聞くことが増えており、正直うんざりしています。



障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com

※お電話はこちらから掛けなおします。
 時間を気にせずご相談いただけます!






« 講義終了! | トップページ | 『*』なんて不親切… »

障害年金」カテゴリの記事

コメント

社労士という職業を障害年金を知るまで知りませんでした。請求を考える人向けの一般書籍もどんどん発売され知識が増える分、障害者の自分と真摯に向き合って話しを聞いてくれるかどうか、誠実に対応して頂けるかとても気になります。さらに社労士先生の不勉強・・といいますか認識間違いや知識不足で支給に繋がる可能性に気付かない事があれば残念に思います。でも障害者側も気持ちの押し付けすぎも良い結果を生まないと痛感しています、社労士は神様ではないですし。このブログで田平先生の率直な気持ちを聞けるのはありがたいと私は思います。

KMさん、コメント有難うございます。
…確かに、ご存じない方は多いですよね。
私も社労士試験の勉強をしている時に友人から「…で、社労士って何する人なん?」と聞かれたこともありますし(^_^;)
障害年金に関する情報、かなり多いですよね。
勿論、私も知らないことが沢山ありますので、特殊な事例や初めての病気にあたった場合は、それなりに情報を集めますし、勉強もします。事例も調べます。
でもこれって、業としてお金を頂く以上、当然のことですよね。
「気持ちの押し付け過ぎも良い結果を生まない」確かにそうかも知れません。
すがる気持ちで請求をお考えの方は少なくありませんし、そういった気持ちがプレッシャーにならないかというと嘘になります。
私の判断ミスで、その人の人生に大きな影響を与えてしまう可能性がある、こう言うと何だか傲慢な意見のように聞こえるかも知れませんが、そう考えるとやっぱり怖い部分はあります。
私が1件1件を丁寧に対応しようと心掛けているのは、やっぱり怖いからに他なりません。

…ちょっと、自分でも何書いているのか分からなくなって来ました(^_^;)

KMさん、愚痴にお付き合いいただきましてありがとうございました

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと愚痴です…:

« 講義終了! | トップページ | 『*』なんて不親切… »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ