« 講師やりますので、お気軽にお声をお掛け下さい | トップページ | 1週目終了! »

2014年7月18日 (金)

自閉症スペクトラム障害で障害厚生年金支給決定

こんにちは

今夜からまた福岡に旅立ちます
明日の教室講義に備える為です。
(因みに、明日から4週連続で講義が入っています
本試験まで残り約1ヵ月、健康状態には充分気を使いつつ、
最後まで一緒に走り抜けましょう

さて、今日も大変嬉しい報告がありました。
4月に障害年金の請求をしていた方から連絡があり、
無事、3級での障害厚生年金が認められたとのことでした。
ご本人様も本当に喜んでおられて、私もとても嬉しく思いました
やっぱり、こういう喜びの声は何度聞いても嬉しいものです
この案件も、請求には頭を悩ませただけに喜びも一入ですね、
社労士冥利に尽きます

この方の疾患は自閉症スペクトラム障害という発達障害の1種で、
うつ病を併発していました。
知的障害を伴わない発達障害の場合は、初診日は最初に医療機関を受診した日なのですが、
申立書には、出生から現在までを書き記す必要があります。
長期間のことを思い出して頂く必要があったため、
この方にも相当にご苦労を掛けました

それとこの方の場合、初診(厚生年金加入)の医療機関から、
次の医療機関(国民年金加入)を受診するまで、
10年近く医療機関を受診していない期間がありました。
さらに、その間にお勤めになっている期間も何年かありました。

通常であれば、5年以上医療機関の受診がなければ、社会的治癒が疑われます。
しかし、この方の場合は自閉症スペクトラム障害という先天性のご病気であったため、
社会的治癒が適用されるかどうかが何とも言えないところでした。
(こちらとしては、社会的治癒が認められない方が良かったのです)

社会的治癒は、実際に医学的に治癒状態であるかどうかで判断される訳ではありませんので、
この点が不安材料でした。

この空白の約10年間、何故受診をしていなかったかというと、
ご家族が精神的な病気に対して理解をしてくれなかった、
もっと言うと、受診するのを嫌がったことが原因です。
しかし、この間もうつ病の症状は出ていました。
この方の場合は、インターネットで抗うつ系のサプリメントを購入しており、
この購入履歴を添付して、社会的治癒の状態にはなかったことの証明としました。

このことが功を奏したのかどうかは分かりませんが、無事3級で認められました。
※因みに社会的治癒と判断された場合は、初診日が国民年金期間中になりますので、
 今回の請求は不支給になっていたものと思われます(障害基礎年金は2級までしかない為)。

私がお手伝いをする場合、不安材料があればそれを打ち消す工夫をしますし、
必要に応じて資料等を添付することにしています。
(勿論、事実に基づいたことしかやりませんが)
後で後悔しない為に、今出来る最大限の努力は行っています。

非常に頭を悩ませた案件でしたが、無事上手く行ってホッとしています。
今日のビールも…、多分最高ですね



障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com

※お電話はこちらから掛けなおします。
 時間を気にせずご相談いただけます!







« 講師やりますので、お気軽にお声をお掛け下さい | トップページ | 1週目終了! »

障害年金」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自閉症スペクトラム障害で障害厚生年金支給決定:

« 講師やりますので、お気軽にお声をお掛け下さい | トップページ | 1週目終了! »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ