« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月31日 (木)

病状に合った請求を!

こんばんは

今日で7月も終わりですね。
明日から8月、益々暑い日々が続くことでしょう
社労士試験の受験生の皆さんにとっては、8月24日が本番です。
最後の追い込みに頑張っていることと思いますが、
しっかり食べることと、きちんと睡眠を取ることは忘れないで下さいね

さて、昨日は障害年金の請求書を1件提出して来ました。
依頼を受けてから4か月かかりましたが、やるだけのことはやった感があります。
結果が出るまでの約3ヵ月、非常に待ち遠しいですが、
人事は尽くしましたので、あとは天命を待ちたいと思います。

今回の請求については、結果が出ていませんので、まだ病名等は書きません。
しかし、請求に当たっては、ちょっと頭を悩ませました。
この病気には、ある薬が効果的で、服薬し始めた頃はほぼ症状が抑えられます。
しかし、段々と薬が効く時間が短くなったり、薬の副作用が出るようになったりしてきます。
これをどう審査する側に訴えるのか?今回のキモはここにあると考えました。

診断書にちょっと工夫をしたり(…と言っても、不正などではありませんよ)、
薬が効いている時と聞いていない時の症状を比較した表などを作成して、
申立書の補足としました。


私は、請求をする際には、その病状に合った請求方法を考えるべきだと思っています。
勿論、殆どの場合はそこまで考える必要はないのですが、
特殊な病気の場合は、なかなか診断書や申立書だけで、
その症状等を訴えるのが難しいケースがありますので。

以前、私が手掛けた案件で、脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)という疾患がありました。
この病気の主な症状は、立位時の頭痛、ふらつき、吐き気、体温調節の不調などです。
しかし、この病気は、何故か肢体の診断書に書くことになっています。
個人的には肢体の診断書ではなく、
血液・造血器・その他の診断書の方が適当だと思っていますが、
年金機構側がこの病気は肢体の診断書を指定していますので、
それには従わざるを得ません。

肢体の診断書では、関節の可動域や筋肉の減少度、
日常生活動作の障害の程度などを書くようになっています。
しかし、主な症状は前記の通りですので、
普通に書いて貰っても上手く行かないと考えました。

因みにこの方の場合、日常生活動作の障害の程度は、
殆どが”〇”(一人でうまくできる)になっていました。
普通にやっていたら、間違いなく不該当だったでしょう。

そこで、添付資料等を幾つか付けて請求に臨みました。
※詳細はコチラをご参照下さい
苦労の甲斐あって、無事3年遡りでの障害厚生年金が認められました。

このように、特殊な疾患の場合で、普通に診断書を書いて貰ったのでは、
中々症状が伝わりにくいケースがあります。
その場合は、添付資料を付けるなどの工夫が必要になって来ます。
因みに昨日私が提出した疾患も、脳脊髄液減少症も、
自分で請求して失敗したという話を聞いたことがあります。

このように、特殊な疾患の場合は、難易度が高い請求になることがあります。
ご自分でやみくもに頑張るのもいいですが、やはり限界があります。
少しでも不安を覚える方は、お気軽にご相談下さい。



障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com

※お電話はこちらから掛けなおします。
 時間を気にせずご相談いただけます!






2014年7月28日 (月)

不支給処分が取り消されました(審査請求)(*^^)v②

Dsc_0146こんばんは

今日のお昼は、相棒(社労士)が「肉が食いたい」というので、
彩炉学園大通り店へ
平日の昼間っから焼肉を食べることはあまりありませんが、
たまにはいいモンですね
ガッツリ食べて夏バテ知らず、かな?
…しかし、お昼休みに焼肉食べに来ているサラリーマン、
結構多くて驚きました


さて、昨日の続き。
審査請求にあたっては、追加の資料などは全く用意しませんでした。
審査請求からご相談を受けることもあるのですが、
その際に「追加資料って、何を準備すればいいのですか?」と聞かれることがあります。
しかし、基本的には必要ありません。

勿論、主治医の意見書や本人やご家族、友人や会社の同僚などからの証言、
その他資料を付けることはありますが、
あくまでも、先に提出した診断書や申立書などを補強する意味しかありません。
勿論、ものによってはそれを前面に押し出した審査請求書類を作成することもありますが、
審査請求や再審査請求は、
先に提出した障害年金請求書類について行うことを覚えておいて下さい。
(したがって、最初の請求が肝心です


今回は、障害認定日前後2枚の診断書から、
障害認定日の状態は確認できる筈だという主張をしました。
そりゃそうですよね。
認定日から3ヵ月という年金機構のルールは勿論知っていますが、
この3ヵ月には特に医学的な根拠はありません。
(あまりにも外れていると、障害認定日の状態とは言えないという理由だけだと思われます)

そして、先に提出した診断書は、
この3ヵ月前後1ヵ月ないし2ヵ月程度しか離れていません。
また、この3ヵ月間に受診をしていないのには理由がありますし、
これについても申立書の中できちんと記載していました。
そうであれば診断書の現症日が、当該3ヵ月に入っていないことをもって、
内容を審査することなく不支給にすることは、やはり理不尽だと言わざるを得ません。

審査請求から約5か月後、今回の不支給決定の取り消しとなりました。
因みに今回は、社会保険審査官が審査をした結果、
処分を変更したのではなく、
その前に年金機構が審査をやり直した結果です。
(再度審査をしたということです)
最初はいい加減な審査だったということを、年金機構側が自ら認めた訳ですね。

今回、こちらの主張が認められて、正直ホッとしています。
しかし、ご自分で障害年金の請求をした方の中には、
結果が不合理だということに気付かず、
そのままにしているケースも少なくないと思います。

また、審査請求や再審査請求からご相談を受けることもありますが、
先に提出した障害年金請求書類の内容について不服を申立てますので、
ここが適正に書かれていないと、中々認められるものではありません。

これから障害年金の請求をお考えの方は、
不利益を受けないためにも、是非ご相談いただきたいと思います。



障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com

※お電話はこちらから掛けなおします。
 時間を気にせずご相談いただけます!




2014年7月27日 (日)

不支給処分が取り消されました(審査請求)(*^^)v①

こんばんは

今日は模擬試験の試験監督でした
直前期ということもあり、皆さんちょっとお疲れのご様子でした
模擬試験は点数が出ますので、どうしても一喜一憂しがちです。
しかし、点数が何点かなど、どうでもいいことです。
模擬試験で一番大切なのは復習です。
「分からなかった」から落ち込むのではなく、
「分からない部分が分かった」と前向きに捉えましょう!

さて、昨日の夕方のことですが、とても嬉しい報告がありました。
2月に審査請求をしていた案件があったのですが、
見事、不支給決定が覆りました(要するに支給決定になりました)
いや~、こういう報告は何度聞いても嬉しいですね
お蔭でその後のお酒も美味しくいただけました(ちょっと飲み過ぎ

今回は障害認定日での障害基礎年金の請求をしていました(因みに発達障害です)。
昨年9月に提出して1月に決定がなされたのですが、
事後重症での2級という結果でした(障害認定日は不支給決定でした)。

実はこの方、障害認定日から3ヵ月間に、医療機関の受診がありませんでした。
理由は、この当時、不安や気分の落込みが激しく、殆ど引篭もりの状態で、
病院を受診することすら出来なかったのです。
しかし、病院に尋ねたところ、当該3ヵ月の前後1~2ヵ月程のところに受診歴がありました。
そこで、認定日前後の診断書を計2枚書いて貰って、障害認定日請求を行ったという訳です。
(因みに、2枚の診断書はほぼ同じ状態のことが書かれていました)
当該3ヵ月の期間に受診がなくても、
それらを見れば障害認定日当時の状態は確認出来る筈です。

最初の障害年金請求から約1ヵ月後、熊本事務センターから連絡があり、
マニュアルにない請求は認めないので、事後重症請求に変更しろと言ってきました。
こちらがどんなに正論を言っても、「マニュアルにない」の一点張り。
しかも、「事後重症請求に変えたら、不服申立てすら出来ないだろう」という私の主張に、
「元からこんな請求は、不服申立ての対象にはならない」というとんでもない答えが返って来ました
しばし電話での口論の末、
「私の一存では決められないので、上司に相談する!」と言って電話を切られました。
それから1月の事後重症のみでの決定に繋がったということです。

因みに、当該3ヵ月から僅かしか離れていなければ、
2枚の診断書を提出することで認められた事例は、私が初めてではありません。
だからこそ、今回このような障害年金の請求に踏み切ったのです。
(5年の遡りというとかなりの額になりますからね、簡単に諦める訳にはいきません)


それから審査請求を行ったのですが、
ちょっと長くなってきましたので、続きはまた次回



障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com
※お電話はこちらから掛けなおします。
 時間を気にせずご相談いただけます!





2014年7月26日 (土)

これから講義です(^^)d

こんにちは

私は今、熊本市内の某所にいます。
今日は、午後からの講義を担当します。
1点でも上積みがあるよう、また、最後の追い込みのモチベーションが上がるよう、
アツい講義をしてきます

娘も、午後は音楽発表会があります
私も負けないように頑張ります

では



障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com
※お電話はこちらから掛けなおします。
 時間を気にせずご相談いただけます!



2014年7月25日 (金)

保険料納付要件が問われないケース

こんばんは

明日は熊本で講義があります
本試験まで1ヵ月を切っていますので、
受験生の皆さんは、きっと不安の中で最後の追い込みに励んでいることと思います
そんな皆さんの不安を、少しでも解消出来るように頑張ります

さて、今回のタイトルは『保険料納付要件が問われないケース』です。
保険料納付要件は以前にも書きましたが、
きちんと保険料を支払っているかを見るものです。
※詳細は、このブログ『保険料納付要件』をご参照下さい。
公的年金制度は保険ですので、保険料をちゃんと支払っていない人には支払われません。

しかし、この保険料納付要件が問われないケースが3つあります。

①初診日が20歳前(正確には20歳の誕生日の前々日以前)にある場合
②初診日が20歳誕生日の前日から、誕生月の翌月までにある場合
③初診日に共済組合の加入員である場合


①については20歳前傷病による障害基礎年金を請求することになりますが、
20歳前には国民年金に加入していませんので、保険料納付要件を問われることはありません。
※詳細は、このブログ『20歳前障害』をご参照下さい。

②については、保険料納付要件は初診日の前々月までの被保険者期間中の納付状況を見ますので、
初診日の前々月までに被保険者期間が全くない場合は、
保険料納付要件は問われません。

③についてですが、障害共済年金については、保険料納付要件は問われません。
したがって、初診日に公務員や私立学校の職員であった場合は、
それ以前に保険料を納めていようがいまいが、何ら関係はありません。

しかし、障害共済年金を請求して2級以上に認められた場合は、
通常であれば障害基礎年金も同時に支給されることになります。
※公的年金は2階建て構造になっています。
 1階部分が障害基礎年金、2階部分が障害共済年金となります。
ところで、障害基礎年金については、当然保険料納付要件が問われますので、
もし、保険料納付要件を満たしていない場合は、障害基礎年金は支給されません。
要するに、2級以上であったとしても、障害共済年金(2階部分)しか支給されません。

これはレアケースのように思われがちなのですが、実はそうでもありません。
例えば、学生の間に保険料を全く支払わず免除もしていなかった者が、
卒業後公務員となり、
採用されて1年1ヵ月経過日までに初診日があった場合は、
このようなことになってしまいます。
(例えば平成20年4月に採用された場合で考えると、
初診日が同年4月1日から翌年4月30日までにあった場合がこれに該当します)

今回は保険料納付要件を問われないケースについて書いてみました。
因みに、①や②のケースであっても、20歳前に会社に勤めていた期間がある場合は、
その部分の保険料納付状況が問われることになります。
(まあ、ここは会社が納めてくれているので問題ないのですが)

それと、①の場合であっても、20歳前に会社勤めをしており(厚生年金加入)、
その期間内に初診日がある場合は、障害厚生年金を請求できます。

このように、障害年金には様々なルールがあり、
また、実際に請求をされる方の状況も様々です。
しかし、あくまでもルールに則って審査がなされますので、
要件を満たしていない場合は、障害年金が支払われることはありません。

障害年金を請求するのは、恐らく一生に一度きりのことです。
闇雲に頑張っても失敗することもあります。
少しでも不安を覚える方は、先ずはご相談下さい。



障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com
※お電話はこちらから掛けなおします。
 時間を気にせずご相談いただけます!




2014年7月24日 (木)

あと1ヵ月!

こんばんは

日本サッカー協会は、代表の新監督として、
メキシコ人のハビエル・アギーレ氏と合意したことを発表しました。
今回のW杯で日本を率いたザッケローニ氏は欧州のビッグクラブの経験はあるものの、
W杯での経験がないことが反省点として指摘されていました。
(ちょっと疑問の残る采配がありましたよね
その点アギーレ氏は、日韓共催と南アフリカでの経験があり、
共に母国をベスト16に導いています。
さらにメキシコ人は、体格的にも日本人と似ている(欧州選手程強靭ではない)点を考えても、
日本代表をどのように導いてくれるかが、非常に楽しみなところです
初陣は9月5日、南米の強豪ウルグアイ。
どのような采配を揮うのか?今から楽しみですね

さて、平成26年の社会保険労務士試験の当日まで、今日で丁度1ヵ月となりました。
これから1ヵ月、どのような勉強をすればいいのか?
私が受験生時代を思い出してみると…、


①過去問
②模擬試験


この2トップを何度もやっていた覚えがあります。
※②については、沢山の模試を受けるという意味ではありません。
 同じ問題を、何度も復習することが大切です。

「そんなの既にやってるよ!」

そう言われるかも知れませんね
でもそれでいいんですよ
何度もやれば絶対に実力は付きますので、最後まで自分を信じて頑張りましょう!

ただ、これから先は、新しい知識を取り入れるというよりも、
あやふやな知識を、どれだけ確実なものに変えて行けるかが重要です。
過去問や模試は、これまでにも何度も解いていると思います。
これからは、特にあやふやな問題を積極的に繰り返し解いて行って下さい。
(何度やっても迷ってしまう問題…、ありますよね?

それと、数字要件をそろそろ覚えていってもいい頃です。
現時点で数字はバッチリ!という方は少ないと思います
数字はやれば確実に点が伸びますので、頑張って覚えましょう!

最後の1ヵ月、まだまだ飛躍的に点数を伸ばすことは可能です。
(因みに私は、最後の模試から1ヵ月で、択一式の点数が20点伸びました
順調に学習が進んでいる方、思うように成績が伸びない方、様々だと思います。
そして、それぞれ不安の中で毎日の学習を続けておられることでしょう。
これからの1ヵ月、肉体的な疲れだけでなく、精神的にもシンドイ日々が続くと思います。
(実際私もそうでした)
弱気になっても何もいいことはありません。
「絶対に受かる」という強い気持ちで頑張って下さい

追伸
しかし、体調を崩す程のオーバーワークは厳禁です
健康には充分に気を使って下さいね



障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com
※お電話はこちらから掛けなおします。
 時間を気にせずご相談いただけます!






2014年7月23日 (水)

受診しないといけませんが…

Dsc_0143こんばんは

今日は娘(5歳)の音楽教室の個人レッスンに付き添いでした
週末に発表会があり、昨日、そのリハーサルがあったのですが、
緊張しい(これは私譲りです)の娘は表情も硬く、
いつもの練習のように弾けませんでした
でも、今日は先生が上手くリードしてくれたお蔭で、
娘も上手に弾けて、ちょっとは自信を取り戻したかな?
週末は仕事で行けませんが、楽しんで弾いて欲しいと思います

さて、今回のタイトルは『受診しないといけませんが…』です。

今日は、ある障害年金の請求をこれからお考えの方のお母様とお話をしていました。
この方は、ある難病に罹患されています。
詳細は勿論書けませんが、障害年金を申請したいと考えているけれども、
実はこの方、病院の受診をしていません。

病気の方なら病院を受診しないといけないんじゃないの?
受診しないと診断書を書いてもらえないんで、障害年金は申請出来ないんじゃないの?


そういった疑問を感じられる方が多いかも知れませんね。
実際、その通りです。
しかし、これと同様のご相談は初めてではありません。

前に同じご相談があった方もそうだったのですが、発病からこれまでの経緯の中で、
いくつもの病院を転々とされているケースがあります。
珍しいご病気の場合は、最初に受診した病院で確定診断が出ることは先ずあり得ません。
ハッキリとした病名が分かるまでに何年も(中には10年以上)かかっていることもあります。
また、確定診断が出た後も、きちんとその病気を理解している医師が少ない等の理由により、
適切な治療を受けていないケースもあります。

治療方法が合わない、薬の副作用が出ることで治療自体が難しい、といったこともあります。
さらに、医師の不理解のため、心無い言葉を浴びせられ、
心身ともに疲弊している方もいらっしゃいます。

「病院を受診していないのに、障害年金を貰える訳がないじゃないですか?」


ある方が役所の窓口で言われたことです。
また、社労士に相談して、同様のことを言われたという話も聞いたことがあります。

勿論、言っていることは間違いないのですが、もう少し言い方とか考えてもいいのかなと思います。
ご本人だって、言われなくても分かっているんですよね。
でも、そのような方が病院を受診することは、非常に大変なことなのです。

受診しないと診断書は書いてもらえませんし、そうしないと障害年金は申請出来ません。
しかしながら、受診を再開するのは非常に勇気のいることです。
周りの方は、この点を理解してあげて下さい。



障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com

※お電話はこちらから掛けなおします。
 時間を気にせずご相談いただけます!







2014年7月21日 (月)

墓参り

こんばんは

私の住む熊本県(九州北部)は、今日梅雨明けとなりました。
これから夏本番ですね
社労士受験生の皆さん、夏バテきは気を付けて、
ラストスパート最後まで走り抜けて下さい

さて、海の日の今日、私の家族と嫁さんのご両親と一緒に墓参りに行きました。
気になりつつなかなか行けなかったのですが、
墓参りを終えると、ちょっと安心しますね

そう言えば、嫁さんとこの従妹の子(小学校2年生と3年生)も来ていました。
墓参り後、2年生の男の子とタップリ遊びました(子供は元気ですね)
どうも大人の男の人が好きみたいで、いつもは義理の父に絡んでくるみたいです。
まあ、確かに男の子は、多少無茶して遊んでくれる大人が大好きですからね
ちょっと疲れましたが、喜んでくれたかな?



障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com


※お電話はこちらから掛けなおします。
 時間を気にせずご相談いただけます!







2014年7月19日 (土)

1週目終了!

こんばんは

今日は福岡で講義をしていました
…で、熊本に帰ってきてブログの更新をしているところです。

今日は選択式対策の講義でした。
選択式は苦手とする受験生も多いのですが、
択一式と違って、時間が十分過ぎるほどあります。
したがって、難問に直面しても、きちんと絞り込む努力をしていただきたいと思います。
それと、テーマを探すこと、キーワードを探すこと、全体をまず読んでみること、
これを心掛けて下さい。

選択式は、最終的には国語の問題です。
日本語として矛盾のない文章を完成させることが重要です

じっくりと問題を読んで、最後まで諦めずに頑張って下さい。

そうそう、選択式は時間がたっぷりとありますので、
毎年、書き直して間違ったという話をよく聞きます。
本当に確信が持てるもの以外は、
第一印象を信じて書き直さないほうがいいことも書き添えます



障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com


※お電話はこちらから掛けなおします。
 時間を気にせずご相談いただけます!






2014年7月18日 (金)

自閉症スペクトラム障害で障害厚生年金支給決定

こんにちは

今夜からまた福岡に旅立ちます
明日の教室講義に備える為です。
(因みに、明日から4週連続で講義が入っています
本試験まで残り約1ヵ月、健康状態には充分気を使いつつ、
最後まで一緒に走り抜けましょう

さて、今日も大変嬉しい報告がありました。
4月に障害年金の請求をしていた方から連絡があり、
無事、3級での障害厚生年金が認められたとのことでした。
ご本人様も本当に喜んでおられて、私もとても嬉しく思いました
やっぱり、こういう喜びの声は何度聞いても嬉しいものです
この案件も、請求には頭を悩ませただけに喜びも一入ですね、
社労士冥利に尽きます

この方の疾患は自閉症スペクトラム障害という発達障害の1種で、
うつ病を併発していました。
知的障害を伴わない発達障害の場合は、初診日は最初に医療機関を受診した日なのですが、
申立書には、出生から現在までを書き記す必要があります。
長期間のことを思い出して頂く必要があったため、
この方にも相当にご苦労を掛けました

それとこの方の場合、初診(厚生年金加入)の医療機関から、
次の医療機関(国民年金加入)を受診するまで、
10年近く医療機関を受診していない期間がありました。
さらに、その間にお勤めになっている期間も何年かありました。

通常であれば、5年以上医療機関の受診がなければ、社会的治癒が疑われます。
しかし、この方の場合は自閉症スペクトラム障害という先天性のご病気であったため、
社会的治癒が適用されるかどうかが何とも言えないところでした。
(こちらとしては、社会的治癒が認められない方が良かったのです)

社会的治癒は、実際に医学的に治癒状態であるかどうかで判断される訳ではありませんので、
この点が不安材料でした。

この空白の約10年間、何故受診をしていなかったかというと、
ご家族が精神的な病気に対して理解をしてくれなかった、
もっと言うと、受診するのを嫌がったことが原因です。
しかし、この間もうつ病の症状は出ていました。
この方の場合は、インターネットで抗うつ系のサプリメントを購入しており、
この購入履歴を添付して、社会的治癒の状態にはなかったことの証明としました。

このことが功を奏したのかどうかは分かりませんが、無事3級で認められました。
※因みに社会的治癒と判断された場合は、初診日が国民年金期間中になりますので、
 今回の請求は不支給になっていたものと思われます(障害基礎年金は2級までしかない為)。

私がお手伝いをする場合、不安材料があればそれを打ち消す工夫をしますし、
必要に応じて資料等を添付することにしています。
(勿論、事実に基づいたことしかやりませんが)
後で後悔しない為に、今出来る最大限の努力は行っています。

非常に頭を悩ませた案件でしたが、無事上手く行ってホッとしています。
今日のビールも…、多分最高ですね



障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com

※お電話はこちらから掛けなおします。
 時間を気にせずご相談いただけます!







2014年7月17日 (木)

講師やりますので、お気軽にお声をお掛け下さい

こんばんは

お昼に、街角の年金相談センターに行っていました。
先日、ここに障害年金の請求書を提出していたのですが、
これに対して某職員さんが一言。
「田平さんにしては、久しぶりに普通の案件でしたね(笑)」
…確かに私が依頼を受ける案件は、
ちょっと工夫が必要なものが少なくないですからね
普段、ここを利用することが多いのですが、
それ程利用者も多くない上に、相談員さん達もとても親切です。
年金についてのご相談がある方は、
是非、街角の年金相談センター熊本をご利用されることをお勧めします
※アクセス等は
コチラをご参照下さい。
※辛島公園の地下駐車場を利用すると、相談時間分の駐車券がいただけます。

さて、それから益城町(私の住む町)のケアマネージャー連絡会議に出席し、
そこで40~50分程障害年金についてのお話をさせていただきました。
そこで、障害年金の概要やどのような病気が対象となるのか、
実際いくらくらい貰えるものなのか、初診日の考え方などをお話しました。
30人程出席されていましたが、皆さん真剣にお話を聞いておられました。

以前から何度かこのブログで書いていますが、
障害年金の制度は、
まだまだ一般的に知られているとは言い難いのが現実です。
これは、国や旧社保庁、日本年金機構、
そして私たち社会保険労務士の怠慢でもあると私は考えています。

この制度を利用するか否かは、その方が決めればいいことですが、
知らないと権利を行使することは出来ません。
制度を知ってもらうことも、私の職責だと(勝手ながら)考えています。

障害年金について知ってもらうことが目的ですので、
私に対する講師料はいただくつもりはありません。
(若干の資料代と、場所によっては交通費等はお願いすることはありますが)

ケアマネージャー、ケースワーカー、各ご病気の患者会等の皆さま。
勉強会などを開かれる際に、
障害年金について話して欲しいというご要望があれば、
お気軽にお声かけ下さい。
喜んで講師をさせていただきます。



障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com

※お電話はこちらから掛けなおします。
 時間を気にせずご相談いただけます!






2014年7月15日 (火)

嬉しい報告(*^^)v

こんばんは

先日終わったサッカーワールドカップ、MVPはアルゼンチンのメッシ選手でした。
しかし、このことがちょっと物議を醸しています。
中にはスポンサーの意向に従ったのでは?という意見も出ています
…まあ、確かに私も「何でメッシ?」と首を傾げてしまいましたが。
個人的にはドイツのGKノイアー選手だと思うんですけどね
皆さんはどう思われますか?

さて、今日はとても嬉しい報告がありました。
審査請求をしていた方から、無事障害年金が認められたとのお電話を頂きました。
本当に喜ばれていて、私もとても嬉しく思いました

実はこの案件、私は審査請求のお手伝いをしていません。
県外のある社労士に依頼をしていたのですが、対応があまりにも酷く、
そこで私にご相談をされたという訳です。
色々話を聞きましたが、ちょっと耳を疑うような内容でした。
(差し障りがあるといけませんので、これ以上の詳細は書けません)

今回処分の変更がなされたのは、
その社労士がきちんとした審査請求をしたからではなく、
その方とそのご家族が、
本当に苦しみながら頑張られた結果であることだけは確かです。
これまで相当に悩まれていましたので、
本当に良かったと私も嬉しく思いました。

これから障害年金の請求をお考えの皆さま。
ホームページの内容だけで決めるのは絶対に止めて下さい。
こう言ってはなんですが、ホームページの内容など、何とでも書けますので。
しっかりと話しを聞いて、またこちらの話にもきちんと耳を傾けてくれる社労士をお探し下さい。



障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com

※お電話はこちらから掛けなおします。
 時間を気にせずご相談いただけます!




2014年7月14日 (月)

記載内容には気を付けて(申立書)②

こんばんは

先ほどまで、再審査請求書の最終チェックを行っていました。
特に問題は見当たりませんでしたので、明日、社会保険審査会に送付します。
因みに、今回の案件は眼瞼痙攣というまぶたの病気です。
殆どの時間を閉眼で過ごさなければならない(要するに失明と同様の)状態であるにも関わらず、
障害基礎年金が認められていません。
(実際、昨年改正になった認定基準自体に問題があるのですが)
こんなバカな話はありません。
依頼者の権利の為にも、最後まで頑張ります。

さて、前回の続き。

前回は申立書には、変な誤解を受けるようなことは書くべきではないことを書きました。
今回は、絶対に書かなければならないことを1つだけ書きたいと思います。
 

これは特に精神疾患の方に言いたいことなのですが、労働能力が非常に重要になります。
請求時やその前後に無職の状態であれば労働能力がないと主張し易いのですが、
在職期間がある場合は、その期間の実態をきちんと書き記す必要があります。
※あくまでも、不正はしないという大前提の基での話です。

先日、障害認定日(遡及)請求を行ったが、
事後重症で認められた(遡及分は認められなかった)ので審査請求をしたいという相談がありました。
この方は障害認定日当時無職でしたが、その後、いくつかの職に就いていました。
そして、「黙っていれば分からないだろう」と思い、申立書にその事実を書いていませんでした。

会社に勤めて厚生年金に加入していれば、その記録は日本年金機構が把握しています。
したがって、「黙っていれば分からない」などということは絶対にないのです。

そして、その就労の実態を聞くと、働き出してすぐに症状が悪化し、
遅刻、早退、欠勤を繰り返し、最後に解雇される。
しかし、働かないと食べて行けないので、無理をして就職。
あとはこの繰り返しでした。
そして、このことは申立書には書いていませんでした。

これでは審査請求は困難です。
審査請求はあくまでも先に提出した書類等について審査されますので、
審査請求時に新たな事実を前面に押し出しても、殆どの場合、これは見て貰えません。
完全に後出しジャンケンですからね。
後出しジャンケンの正当性を認めさせるのは、現実問題として非常に困難です。

最初から申立書にきちんと書いておけば何とかなったのではないか?
非常に残念な案件でした。

一方、審査請求で3級から2級への処分の変更が行われた案件がありました。

この方は請求時は無職でしたが、その数か月前まで半年程厚生年金の加入期間がありました。
しかし、まともに働けているのは最初の1~2ヵ月程度で、その後は欠勤なども増え、
最後の2ヵ月程は、月に1~2日くらいしか出勤出来ていませんでした。
私が障害年金の請求から請け負っていた案件でしたので、
申立書にその事実を詳細に書いていました。

審査請求も私が請け負いましたが、上手く行った一番の要因は、
やはり申立書の内容ではなかったかと思います。

このように、申立書につては書くべきことと書いてはいけないことが存在します。
この辺をきちんと理解して請求を進めないと、後で大変な不利益を被ることになります。

これから障害年金の請求をお考えの方。
少しでもご不安があれば、先ずはお気軽にご相談下さい。



障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com

※お電話はこちらから掛けなおします。
 時間を気にせずご相談いただけます!






2014年7月12日 (土)

記載内容には気を付けて(申立書)①

こんにちは

今日は朝から1件面談が入っていました。
これから請求をお考えの方のお母様との面談でした。
以前にも書いたことがありますが、平日は仕事等で都合が悪い方も多いと思いますので、
土日に行っても、私の方は全く問題ありません。
また、夕方からの方がいいといった時間に関しても、フレキシブルに対応いたします。
これから請求をお考えの方は、ご遠慮なくお申し付け下さい。

さて、今回のタイトルは『記載内容には気を付けて(申立書)』です。
障害年金を請求する際には、その人の症状をあらわすための書類として、
診断書が最も重要になりますが、だからと言って申立書を疎かにしてはなりません。
例えば2級と3級のボーダーラインのような内容の診断書の場合は、
申立書をしっかりと2級相当のものを書くことで、2級に認められることがあります。
※勿論、事実と異なることを書くのはNGですが。

したがって、申立書もしっかりと書いて頂きたいと思います。
自分がどのような点で困っている(いた)のか等、しっかりと事実を訴える必要があります。

しかし、いくら事実でも、書かない方がいいものもあります。
それは、その事実を書くことによって、余計な誤解を与えてしまうようなものです。

これは聞いた話なのですが、ある(精神疾患をお持ちの)方が障害年金を請求したのですが、
不該当での結果が届いたそうです。
因みに、診断書は認められなければおかしいというような内容だったそうです。

そして、審査請求、再審査請求をしたのですが、結局認められませんでした。
社会保険審査会の採決文(再審査請求の結果を記した文書)には、
申立書の内容から不該当の処分は妥当だというようなことが書いてあったそうです。

その時の申立書には、たまたま調子がいい時に友人から誘われて温泉に行ったことがあり、
そのことを書いていたそうです。
これが、不該当であることを決定づけたようです。

「病気の人は温泉も行ったらいかんのかい!」と言いたくなりますが、
その前に、やっぱりこういうことは書くべきではないですよね?
元気だから友人と出かけることが出来た、そういった誤解を生んだことが、
不本意な結果に繋がったということです。

これから障害年金の請求をお考えの方は、
申立書の記載内容には十分気を付けて下さい。

今回は、申立書に記載するべきではないことについて書きました。
逆に、絶対に書いた方がいいことも勿論あります。

ちょっと長くなってきましたので、続きはまた次回



障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com

※お電話はこちらから掛けなおします。
 時間を気にせずご相談いただけます!







2014年7月10日 (木)

先ずはご相談を

こんにちは

最近、yahoo!知恵袋で、質問に対する回答をさせていただいております。
お答えするのは勿論、障害年金についてがメインです。
ところで、覚えておいていただきたいことが一つあります。
それは、yahoo!知恵袋で障害年金についての回答をしている方を見ると、
ご自分が障害年金を貰っている方や、病院のケースワーカー等が多いということです。

勿論そのこと自体に問題はないのですが、
彼らは専門家ではありませんので、結構間違いが散見されます。
障害年金請求にあたって、どのような点が大変だったとかいう話は、
彼らの意見が非常に参考になるでしょう。
しかし、これから請求を考えている方などが、ここの情報を鵜呑みにしてしまうと、
とんでもないことが起きかねません。
(勿論、社労士(と思われる)方の書き込みで、正しい回答も存在します)
その辺りはご理解の上でご利用下さい。

さて、先日yahoo!知恵袋の質問で、その方のご友人の方がご病気になり、
闘病の末お亡くなりになられたというお話がありました。
そして、その方の生存中に、ご家族が障害年金を請求したけれども不支給となった。
それについての質問でした。
※詳細は
コチラをご参照下さい。

私も回答をさせていただきましたが、
その時に障害年金を専門とする社労士に相談をしていれば、
もしかしたら違った結果になった可能性はあると思います。

このブログの中で、障害年金の色々なルールについて解説していますが、
これを読んで「これって簡単だ」と思われる方はいないと思います。
難しいですよ、障害年金って。
なので、役所の窓口や医療機関の関係者から、間違ったことを教えられることも多いです。

また、診断書を書くのは医者ですが、
その医者は患者の日常生活の全てを知っている訳ではありません。
きちんと伝えないと、本来の状態よりも軽く書かれた診断書が出来上がってくる可能性があるのです。

障害年金のルールを理解し、
その方が本来認められるべき年金がきちんと認められるようにエスコートするのが、
私たち社労士の役割だと考えます。

これから障害年金をお考えの皆さま。
障害年金を請求するのは、恐らく貴方の人生で1回きりのことです。
失敗した場合は、時間も労力も無駄になってしまいます。
そして、それによる経済的な損失は、
社労士に支払う報酬などの話では済まないことになり兼ねません。

そうであれば、自分でやみくもにやって失敗するよりも、
障害年金を専門とし、貴方の親身に相談に乗ってくれる社労士をお探し下さい。



障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com

※お電話はこちらから掛けなおします。
 時間を気にせずご相談いただけます!






2014年7月 7日 (月)

不服申立てまでやってくれるところをお探し下さい

Dsc_0134こんばんは

今日は七夕ですね
日中降っていた雨も、夜には少し持ち直しました。
そんで、昨日、子供たちと飾り付けをした笹を玄関に出しました。
願いよ、天にとどけ!と言ったところですね
※ブログにアップすべく、スマホで写真を取りましたが、
画素数を落としている(高いとアップ出来ないんですよね)んで、
何だか怪しげな写真になっちゃいましたが

さて、今回のタイトルは『不服申立てまでやってくれるところをお探し下さい』です。

社労士に依頼をする際に、どのような人を探すべきか?
これは、依頼者によってその物差しは変わってくると思います。
後で失敗しない為にも、ホームページの情報や報酬が単に安いという理由でなく、
実際に話しをして、親身に話を聞いてくれる、
自分と相性がいい社労士を探した方がいいというのは、以前にも書きました。

それ以外に契約条件として押さえていた方がいいのは、
不本意な結果に終わった場合に、不服申立てまで手伝ってくれるかどうかです。

障害年金の認定は、日本年金機構内で行われます。
その認定にあたっては、障害認定基準に基づいて行われます。
そして、それは当然人の手を介して行われます。
人がやることですので、当然間違いは存在しますし、
認定基準と矛盾した結果が出ることもあります。
(本来はあってはならないことなのでしょうが、現実問題としてこれは存在します)

不本意な結果が出た場合には、やはり不服申立てはやるべきです。
その不服申立てまで、社労士がやってくれるかどうかという話です。

「そんなもん、当然にやってくれるんじゃないの?」

そう思うかも知れませんが、必ずしもそこまでフォローしてくれる社労士ばかりではありません。
不服申立てはハードルが高いので、
ここは受けたくないというスタンスの社労士は少なくないようです。

したがって、契約の際にここは確認しておいた方がいいと思います。
結果如何に関わらず不服申立ては受けない、若しくはそこで追加の着手金が発生する、
などと言った条件を提示されるかも知れませんので。
(勿論、それでもいいと言われるのであれば問題はありませんが)

勿論、不服申立てが不要であればこれに越したことはありません。
しかし、前記の通り、首を傾げてしまう決定がなされるケースもあります。
そこまできちんとやってくれる社労士を探しましょう!



障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com

※お電話はこちらから掛けなおします。
 時間を気にせずご相談いただけます!






2014年7月 6日 (日)

日本も見習って欲しいコスタリカのパフォーマンス

こんばんは

今日、私の応援するソフトバンクホークスは、
5月16日以来のパ・リーグ首位を奪還しました
まだまだペナントレースは長い道のりですが、
首位の座は素直に嬉しいものです
今週は直接対決もありますが、ここも制して、是非首位固めをして欲しいものです

さて、日本時間の今朝早く、ワールドカップ準々決勝が行われ、
私の応援するオランダがコスタリカをPKの末下し、ベスト4進出を決めました
次は南米の雄アルゼンチンとの大一番、難しいゲームになると思いますが、
是非ここも制して、悲願の初優勝まで駆け抜けて貰いたいです

今回取り上げているテーマは、勝ったオランダではなく、
惜しくも敗れ去ったコスタリカについてです。

今大会、コスタリカは『死のグループ』と呼ばれたグループDに属していました。
しかもその他の3ヵ国は、イタリア、イングランド、ウルグアイと、いずれもワールドカップ優勝国。
コスタリカのグループリーグ突破を予想した人は、多分少なかったと思います。
※因みに、先日紹介したイギリス誌の動物の例え、コスタリカは”インパラ”。
 「猛獣に追いかけ回される姿しか見たことがない」
 …散々な言われようですね

しかし、大方の予想を覆し、2勝1分けでの首位通過
対戦した3ヵ国を考えると、これは本当に凄い成績です

そして迎えたオランダとの準々決勝。
今大会のオランダは、守備的だの何だの言われていますが、
今大会屈指の攻撃力を誇り(私はNo.1だと思います)、かなりの防戦が予想されました。

試合は、予想通りオランダが試合を支配し、
コスタリカは殆どの時間を守備に費やさざるを得ませんでした。
スコアレスドローから延長、PKまでもつれたのはご存知の通り。

こういう試合って、見ていて相当に退屈なことが多いのですが…。

しかし、コスタリカは違いました。
防戦一方といっても、ベタベタに下がっていた訳ではなく、
統率されたバックラインで、何度もオフサイドトラップの網にオランダをかけました。
攻撃陣にワールドクラスのタレントを擁するオランダを相手に、
最終ラインを上げるのは、かなり勇気のいることです。
しかも、それを延長まで120分続けました。

そして、数は決して多くはありませんでしたが、
時折見せるカウンターも、なかなか迫力のあるものでした。

負けはしましたが、本当に素晴らしいチームでした。
母国に帰っても、きっと暖かく迎えられるでしょう。

コスタリカを見ていて、日本代表も学ぶべきものが沢山あると思いました。
決して強豪とは言えない国が、強豪国を相手に勝ち残って来た、
守備的ではあったけれども消極的なスタイルではなかった。
あの勇気と集中力は、是非とも見習って貰いたいです。



障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com

※お電話はこちらから掛けなおします。
 時間を気にせずご相談いただけます!






2014年7月 3日 (木)

『*』なんて不親切…

Dsc_0114こんばんは

今日は子供たちとコインランドリーに行っていました。
梅雨のこの時期、洗濯物は部屋干しをしていますが、
どうしても生乾きになってしまいます。
そこで乾燥機を利用した訳ですね
因みに、部屋干しである程度は乾いていましたので、
乾燥機代は100円で済みました
※写真は、洗濯物の取り込みを手伝って貰っているところです

さて今回のタイトルは”『*』なんて不親切です。

今回は不服申立てによって、処分が変更になったあとのお話です。
(例えば、元々3級だったのが、審査請求によって2級に変更されたというケースです)

障害年金請求の結果、請求が認められた場合は、
その障害の等級が書かれた年金証書が送られて来ます。
この年金証書の右下あたりを見ると、『次回診断書提出年月』という欄があります。
これは読んで字の如し、次にいつ診断書を提出するかが書かれている訳ですね。

障害年金には有期認定と永久認定があり、殆どの場合は有期認定になると思って下さい。
要するに、現在認められている障害年金の等級は期限付きであり、
前記の欄に書かれている年月に、
再度診断書(正確には障害状態確認届)を提出することにより、
それから先の等級が決まって来るのです。
(勿論、等級が上がることも下がることもありますし、状態によっては不該当になることもあります)

一方、永久認定の場合は、読んで字の如し、ずっとその等級のままということです。
(因みに永久認定は、上肢や下肢の切断、失明など、症状が完全に固定した場合のみです)
したがって、もう診断書を提出する必要はありませんので、
前記の欄は『*』で塗りつぶされて表示されています。

…それはいいとして、不服申立てによって処分が変更になった場合はどうなるのか?

例えば、最初は3級だったとしますね。
その場合は3級の年金証書が届きますし、
有期認定の場合は、前記の欄には提出年月がしっかりと表記されている筈です。

これが不服申立てによって(例えば)2級に変更になった場合は、
新しい年金証書が届きます。
そして、前記の欄は『*』で塗りつぶされています。
しかし、
永久認定になった訳ではありません。

かと言って、最初に送られてきた年金証書に書かれていた年月と同じかというと、
必ずしもそうとは限りません。
この場合は年金事務所で調べてみないと分からないんですね

非常に不親切ですよね
なんでこんな訳の分からんことをするのか?私にも分かりません

提出時期が同じなら同じで、変わったなら変わった年月を書いてくれれば、
こんな面倒なことをせずに済むんですけどね

以前、私が審査請求をして処分の変更が行われた方から、
「等級が変更になって、しかも永久認定になりました
と喜びの報告をいただいたことがあります。
…しかし、そうではないんですね

旧社保庁が解体して日本年金機構が発足しました。
これによって、だいぶサービスは向上したと言われています。
しかし、こんな不親切なことが行われているんですね。
どうにかならないものでしょうか?




障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com

※お電話はこちらから掛けなおします。
 時間を気にせずご相談いただけます!






2014年7月 1日 (火)

ちょっと愚痴です…

こんばんは

毎日蒸し暑いですね
私の住む熊本県は盆地なので、夏は蒸し暑く冬は寒いという気候にあります。
(気候的には京都と似ているらしいですね)
昔は夏は大好きだったのですが、最近は暑いのは苦手
「早く涼しくならないかな」
…夏本番を前に、季節先取り的なことを考えている今日この頃です

さて、今回は…愚痴です。
(こういうのが嫌いな方もいると思いますので、そういう方は今回はパスして下さい)

私は1件1件丁寧に、誠実に対応することを心掛けておりますし、
殆どの社労士は、細かいやり方などは違えども、
やはりきちんと対応しているものと信じています。

しかし、最近、同じ社労士に対する良くない話を耳にする機会が増えています。
対応が不誠実、雑、不勉強等…。
こういう話を聞くと、何だかがっかりしますね。

障害年金は、最近社労士の間でも注目されています。
それに伴って、携わる社労士も増えています。
年金の専門家は私たち社労士ですので、
障害年金に携わる人が増えることは、決して悪いことではありません。
しかし、それで不誠実、不勉強な社労士が増えることは、
業界のイメージとしてとても悪いことです。

私はこのブログの中で、「障害年金を専門とする社労士にご相談下さい」と、
何度も呼びかけて来ました。
しかし、このままでは自信を持ってそう言えなくなってしまいます。

勿論、冒頭にも書いた通り、殆どの社労士は誠実に対応していると信じています。
しかし、その一方で、いい加減な社労士が存在することも事実です。

最近、こういう話を聞くことが増えており、正直うんざりしています。



障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com

※お電話はこちらから掛けなおします。
 時間を気にせずご相談いただけます!






« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ