« 社労士受験学習ルーム~労働組合法上の労働者とは②~ | トップページ | 人工透析で障害年を金請求する際の注意点②~3ヵ月待たなくていいケースが殆どです~ »

2014年5月 1日 (木)

人工透析で障害年金の請求をする際の注意点①~必ず2級になる訳ではありません~

こんにちは

今日から5月に突入しました
旧暦で言えば皐月(さつき)ですよね。
そう言えば、映画『となりのトトロ』に出て来た女の子の名前は『さつき』でした。
その子の妹の名前は『めい』。
Mayは日本語で5月のことです。
両方とも5月の意味なんですね
ご存知でしたか?


さて、今回のタイトルは『人工透析の際の注意点』です。

障害認定基準には下記のように書かれています。

・人工透析療法施行中のものは2級と認定する。
なお、首相上、人工透析施行中の検査成績、具体的な日常生活状況等によっては、
さらに上位等級に認定する。


これを読むと、人工透析の場合は最低でも2級に該当する、と思ってしまうのですが、
実は3級に該当するケースもあります。
具体的には下記の3つのケースです。

①血液透析の回数が2回/週以下の場合
②腹膜透析の場合
③旧法の適用を受ける場合
(※)。


※昭和61年3月までに受給権(年金を貰える権利)が発生したもの。

勿論、①~③に該当する方でも、2級となるケースはあります。
ここで私が言いたいのは、必ず2級になるとは限らないということです。

障害基礎年金の場合は、3級はありませんので不該当になりますし、
障害厚生年金の場合でも、年金額には大きな開きが出てしまいます。
2級と3級の間には、かなり大きな隔たりがあるのです。
そうであれば、認定基準にも書かれていない取扱いが公然と行われているというのは、
如何なものでしょうか?

他にも注意点がありますが、
長くなりそうですので、また次回




障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com






« 社労士受験学習ルーム~労働組合法上の労働者とは②~ | トップページ | 人工透析で障害年を金請求する際の注意点②~3ヵ月待たなくていいケースが殆どです~ »

障害年金」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 社労士受験学習ルーム~労働組合法上の労働者とは②~ | トップページ | 人工透析で障害年を金請求する際の注意点②~3ヵ月待たなくていいケースが殆どです~ »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ