« 認定日請求をされる方へ~傷病手当金との調整~ | トップページ | 健診の結果が見つかりました(^O^) »

2014年5月18日 (日)

障害手当金と傷病手当金の調整

こんばんは

昨日、娘がお泊り保育から戻って来ました
私の心配をよそに、泣くこともなく楽しく過ごせたようです
保育園に迎えに行ったのですが、
駐車場までの道のりを、同じ組のMちゃんと手をつないで楽しそうに歩いている娘が、
ちょっとだけ逞しく感じました。

(完全に親バカですね

さて、今回のテーマは『障害手当金と傷病手当金の調整』です。

障害厚生年金には障害手当金というものがあります。
これは、障害等級3級に満たない障害で一定の場合に支給される一時金です。
具体的な要件は下記の通りです。

①初診日において、厚生年金保険の被保険者であること。
②初診日から起算して、5年を経過する日までの間にその傷病が治ったこと。

※治ったとはその傷病を受ける前の状態になったという意味ではありません。
 症状が固定した(これ以上治療をしても症状が変わらない)場合を含みます。
③障害手当金を受けるべき障害の状態に該当していること。
④保険料納付要件を満たしていること。

※このブログ『保険料納付要件』参照

上記4つの要件を全て満たした場合に、
障害手当金として障害年金3級の額の2倍の額が、
一時金として支払われることになります。

…ところで、②に関連する部分なのですが、傷病手当金が支給され得る期間である、
支給開始から1年6ヵ月より前に障害手当金が支給されることになった場合はどうなるのか?

この場合も支給の調整が行われます。
具体的には、傷病手当金の支給された額の合計額が障害手当金の額に達するまでの間、
傷病手当金は支給されません。
ただし、合計額が障害手当金の額に達してもなお、傷病手当金の支給日数が残っている場合のみ、
傷病手当金が支給されることになります。

いかがでしょうか?
傷病手当金を受給していて、障害年金や傷病手当金を受給することになった場合は、
支給調整にかかることがあるのです。

その点をしっかり理解した上で、障害年金の請求を行うようにして下さい。
そうしないと、思いがけず返金しなければならない、
または傷病手当金が支給されない等といったことになります。
くれぐれもご注意下さいね。




障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com





« 認定日請求をされる方へ~傷病手当金との調整~ | トップページ | 健診の結果が見つかりました(^O^) »

障害年金」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 障害手当金と傷病手当金の調整:

« 認定日請求をされる方へ~傷病手当金との調整~ | トップページ | 健診の結果が見つかりました(^O^) »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ