« 通院歴を時系列的にまとめましょう! | トップページ | 平成26年6月から障害認定基準が改正になります② »

2014年4月24日 (木)

平成26年6月から障害認定基準が改正になります①

こんにちは

今日は娘の保育園の遠足でした
町のグラウンドに行って、他のお友達やお父さんお母さん達と一緒に遊びました
天気にも恵まれて、外で食べる弁当も本当に美味しかったです
来月は下の子の遠足があります…、
一緒にやってくれると親としては助かるのですが

さて、もうご存知の方もいると思いますが、
今年の6月から障害認定基準が一部改正となります。

昨年の改正から1年、今回は肝疾患による障害とその他の障害による疾患の認定基準の改正、
それと循環器(心臓)疾患による障害の診断書が一部変更となります。
※循環器(心臓)疾患については、認定基準は既存のままです。

今回の改正で気になった点をちょっと紹介したいと思います。

【肝疾患による障害】
①検査項目が変わったこと
⇒これまであったアルカリフォスファターゼ(ALP)とコリンエステラーゼ(CHE)が無くなりました。
それ以外にも、例えば血清アルブミンの中程度の異常であれば2.8以上3.5未満(g/dl)だったのが、

3.0以上3.5以下となっています(厳しくなったということです)。

②障害の程度を示す障害の状態について、検査項目の異常の数が加わった。
⇒例えば2級の障害の状態について、新旧の比較をすると

(旧)…検査成績が中程度の異常を示すもので、かつ、一般状態区分表のエ又はウに該当するもの
(新)…検査成績及び臨床所見のうち中程度又は高度の異常を3つ以上示すもので、

かつ、一般状態区分表のエ又はウに該当するもの

異常を示すものの具体的な数が記載されたことで、
以前より分かりやすくなりました。
しかし、これによって従来であれば認定されていた方が、
認定されなくなるという可能性も否定出来ません。

③アルコール性肝硬変の基準が追加された
⇒下記の2点が確認できた者に限り認定することになっています。
(逆に言うと、それが確認できなければ認定されないことを示唆しています)
①継続して治療を行っていること
②検査日より180日以上アルコールを摂取していないこと


以前、「アルコール性肝硬変は障害年金の対象ではない」と言った医者がいました
今回、認定基準に加わりましたので、そのようなことを言われたという方は、
新しくなった認定基準を見せましょう!
それと、上記①②が確認出来なければなりませんので、
診断書をお願いする際にはご注意下さい。

それ以外にも、肝臓移植の取扱いなども、今回新たに認定基準に加わりました。


その他障害等についても書きたいのですが、
長くなってきましたので続きはまた次回



障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com





« 通院歴を時系列的にまとめましょう! | トップページ | 平成26年6月から障害認定基準が改正になります② »

障害年金」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成26年6月から障害認定基準が改正になります①:

« 通院歴を時系列的にまとめましょう! | トップページ | 平成26年6月から障害認定基準が改正になります② »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ