« 1つの傷病でも複数の診断書を求められることがあります | トップページ | 土日でもお気軽にご相談下さい »

2014年4月 9日 (水)

更新結果に納得がいかない場合は

こんばんは

お昼前に保育園から呼び出しがありました。
2歳の息子が保育園の渡り廊下の端っこを歩いていて、
足を踏み外し顎を強打
パックリと割れてしまい、結局3針縫うことに
幸い目立たないところだったので良かったのですが。
お姉ちゃんと違って、息子はちょっと無茶をするところがあります。
帰ってからもソファーの背もたれに登って怒られる始末
(懲りない奴です
男の子なんで怪我は付き物でしょうが、暫くは目が離せませんね

さて、今回のタイトルは『更新結果に納得がいかない場合は』です。

障害年金の認定には、有期認定と永久認定の2種類があり、
症状が完全に固定しているケースを除くと、
殆どの場合は有期認定となります。
有期認定とは、読んで字のごとく期間が決まっている認定のことです。
この場合は、1~5年後に更新というものがあり、
その時に診断書(正確には障害状態確認届)を提出することになります。

…で、その結果に納得がいかない場合はどのような選択肢があるかというのが、
今回のテーマです。

【等級が下がった場合や、上がったが思った等級ではなかった場合】
※2級から3級に下がった、
 または元々3級で1級に上がると思ったが2級に認定されたというのがこれに当たります。

この場合の選択肢は1つだけ、『不服申立てを行う』しかありません。
更新時に別の等級になった場合は、大臣の審査が行われていますので、
額改定請求をするには1年またなければなりません。
※今月から法改正により、『障害の状態が増進したことが明らかである場合』は、
 1年待たなくても額改定請求が可能です。
 
 しかし、この『障害の状態が増進したことが明らかである場合』として認められるのは、
 22個のケースに限られています。ご注意下さい。
 
 具体的な22個の範囲はこのブログ、
 
『1年待たなくてもいいようになります、しかし…(かなり限定されています)』
 をご参照下さい

【等級が変わらなかった場合】
※元々3級で2級に上がると思ったのに3級のままだった場合などがこれに当たります。

この場合は、『不服申立て』および『額改定請求』の2通りの選択肢があります。
先ほどとは異なり、更新時に障害等級が変わらなかった場合は、
大臣の審査がなされたという取扱いはなされない為、
1年待たなくても(直ぐにでも)額改定請求が可能です。
因みに、『不服申立て』と『額改定請求』は、同時に行うことも可能です。

今回は更新時に考えられるケースについて書いてみました。
実際、等級が下がったが何とかならないかという相談は結構多いです。
そして、提出した障害状態確認届(診断書)を確認すると、
不服申立てしても勝ち目がない内容であるケースが数多くあります。

このような事態にならない為にも、
障害状態確認届(診断書)を提出する前に、
(出来れば主治医に書いて貰う前に)先ずはお気軽にご相談下さい。



 
障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com





« 1つの傷病でも複数の診断書を求められることがあります | トップページ | 土日でもお気軽にご相談下さい »

障害年金」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 更新結果に納得がいかない場合は:

« 1つの傷病でも複数の診断書を求められることがあります | トップページ | 土日でもお気軽にご相談下さい »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ