« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月26日 (水)

感情論では太刀打ち出来ない

こんばんは

今日は車の任意保険の更新手続きをしていました。
前々から同じプランでやって貰ってはいるのですが、
正直、自分の保険について、しっかりと理解しているとは言い難い状況です
障害年金の相談を受けていて、
たまに車の保険や生命保険の質問を受けることがあります。
しかし、分野が全く違うので分かりません
我々社労士は公的保険を扱っていますので、
保険なら一緒と思われるのかも知れませんね

さて、今回のタイトルは『感情論では太刀打ち出来ない』です。

先日、ある方の相談を受けていました。
詳細は書けませんが、原処分に納得がいかない、どうにかならないかというものでした。

この方のように、ご自分で請求をされて納得のいく結果が得られず、
不服申立て(審査請求、再審査請求)からの相談というのも結構多いです。

「これだけ大変なのだから2級の筈だ」
「これで不支給は納得が行かない」
「認定日から状態は変わらないのに、何故事後重症扱いなのか?」


色々な不服をお聞きします。
しかし、実際に診断書の中身を確認すると、原処分が妥当だと思われるものが結構あります。

原処分に納得が行かなければ、処分を知った日から60日以内に、
社会保険審査官に対して審査請求をすることが出来ます。
そして、審査請求自体は審査請求書を提出すれば誰でもすることが出来ます。
しかし、これはあくまでも手続きの話であって、
請求者の主張が認められて処分変更がなされるか否かは、全く別の話です。

不服申立てをする場合は、不服の内容を理論的に述べて、
何故しかるべき処分になされるべきかを主張する必要があります。
障害等級についての不服であれば、障害認定基準に沿った理論が当然に必要になります。

一般の方の審査請求書を何度か見たことがありますが、
全く理論的な内容ではなく、単なる感情論を書き記しているものが殆どです。
これでは万が一にも勝算はありません。

一般の方が、難解な年金の仕組みや障害認定基準を理解するのは、
かなり困難なことだと思います。
審査する相手(社会保険審査官および社会保険審査会)はプロですので、
このあたりの知識を持った、
障害年金を専門とする社労士にご相談いただきたいと思います。

しかし、前記の通り原処分が妥当だと思われるもの
(審査請求をしても勝負にならないもの)が多いのもまた事実です。
障害年金は書類審査ですので、提出した診断書等の内容でしか、
請求者の障害状態を確認することが出来ません。
極論を言うと、実際の障害状態ではなく、診断書に書かれた障害状態の方が重要なのです。
実際の状態を、どれだけ診断書に落し込んだものを提出するかがカギとなります。

したがって、出来れば最初の請求から相談していただいた方が賢明です。



障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com






2014年2月23日 (日)

初診日は神のみぞ知る!?②

こんばんは

今日は久しぶりに、子供たちを連れて実家に帰っていました(嫁は仕事でした
ウチの実家には中型の雑種犬がいるのですが、この犬を娘が怖がっていました。
(嬉しさのあまり飛びかかって来るんですね悪気はないのですが…
しかし、じいじと一緒に散歩に連れて行って仲良くなったみたいです
娘の成長を感じた日曜の昼下がりでした
(完全に親バカですね

さて、初診日は神のみぞ知るの2回目ですね。
前回のブログを読んでいただければ分かる通り、
初診日がはっきりとしないケースは結構あります。
しかも、もしかしたら前回書いた①より前に、
どこかの病院の受診歴がある可能性は否定出来ません。

病歴が長ければ長いほど、本人の記憶は曖昧になって来ます。
受診状況等証明を取得して初めて、自分の思っていた初診日より前に、
他の医療機関の受診歴が判明することも少なくありません。
(要するに忘れていたということですね。)

初診日は、必ず確定させなければなりません。
しかし、その症状が請求に係る病気のものであるのか否か、
また、本人の記憶が正しいのか否かなど、実は非常に危ういものでもあります。

本当の初診日は神のみぞ知るものなのです。

日本年金機構だって、そんなことは分かっている筈です。
しかし、障害年金は初診日主義なので、危ういと分かっていても、
書類上それを確定させる必要があります。
書かれている初診日よりも前に、絶対に受診がないかどうかなど、
余程内容がおかしなものではない限り疑われることはありません。
(というか、日本年金機構に疑う術がないと言った方が正確かも知れません)

したがって、書類上矛盾がないかどうかについては、きちんと確認してもらいたいのです。

「〇〇クリニックの紹介にて当院受診」

こういったことが、受診状況等証明書に書かれていませんか?
書かれていたら、現在提出している初診日は、初診日として認められないことになります。
(流石に、書類上で初診日は別にあることが確認出来る場合は、
日本年金機構も認める訳には行きません)
しっかりと確認して下さいね。




障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com






2014年2月20日 (木)

初診日は神のみぞ知る!?①

こんばんは

寒い日が続いていますね
この時期は体調を崩しやすくなっていますよね
私の障害年金の依頼者様の中にも、
この寒さで体調を崩されている方もいらっしゃいます。
インフルエンザなども流行っていますので、
体調管理には十分お気を付け下さい。

さて、今回のタイトルは『初診日は神のみぞ知る!?』です。

このブログでもしつこいくらいに何度も書いていることですが、
非常に(というか異常な程に)重要なものです。
これが変わるだけで年金額が変わったり、そもそも年金が貰えなかったりします。
初診日の確定は障害年金を請求するにあたっての入り口部分であり、
これを疎かにすると、結果に大きな影響を及ぼすことがあります。

…ところでこの初診日ですが、複数の候補があって、
どれが初診日なのかを判断するのが難しい場合があります。

例えばうつ病などの精神疾患で障害年金を請求するとしますね。
その場合に初診日の候補として、下記の4つがあった場合を考えてみましょう。
※今回の事例は、誰か特定の方のものではありません。完全なフィクションです。


①高校3年生のころ、部活中に過呼吸に悩まされることがあり、
 A呼吸器内科に度々通っていた。

②大学生のころ、失恋のショックで体調を崩し近所のB内科を受診した。

③卒業後、地元の企業に営業職員として勤務。数字に追われ、
 毎日のように上司の叱責を受ける。この頃から度々頭痛に悩まされ、
 近所のC脳神経外科を受診。脳CT検査を受けるも異常なし。

④頭痛が数か月続き、気分の落込みや不眠に悩まされていたことから、
 D心療内科を受診。うつ病と診断される。


どれも初診日の可能性を秘めています。

例えば④を初診日として、受診状況等証明書(以下、受証)をD心療内科に書いて貰ったとしますね。
この場合、①~③のことが受証に何も書いていなければ、
普通に初診日として認められるでしょう。

しかし、「C脳神経外科からの紹介にて当院受診」と書いてあったならばどうでしょうか?
恐らく、C脳神経外科が初診日になってくるものと思われます。

②に関しては、失恋のショックで一時的に落ち込んだり、
体調を崩したりすることは、誰しもが経験することです。
このことをもって初診日にはならないと思われます。
しかし、それから度々頭痛が起き、何年もの間悩まされていたとしたら、
話は変わってくる可能性があります。

また①についても、部活中に過呼吸になる方は沢山います。
したがって、これだけだと初診日とは認められ辛いでしょう。
しかし、高校3年生ということで、大学受験での悩みを抱えており、
過呼吸以外にも頭痛や不眠などの症状に長く悩まされていたらどうでしょう?
こちらについても、初診日になる可能性はあると思われます。

さあ、初診日はどれでしょう?
難しいですよね?
実際私も、これがうつ病の初診日だと断定できるものはありません。
精神疾患は初期症状が多様(頭痛、過呼吸、不眠、気分の落込みなど)なので、
初診日として認められる診療科も多岐に渡っています。

今回は精神疾患を例として取り上げましたが、
珍しい難病等の場合も初診日の特定が困難なケースが非常に多いです。

もう少し書きたいことがあるのですが、
長くなってきましたので、続きはまた次回



障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com






2014年2月19日 (水)

おススメの本(これから障害年金に携わる社労士の方へ)

こんばんは

今日は審査請求書を2件出して来ました。
審査請求にあたっては、どちらもご家族の協力をいただきました。
「そんなの当たり前じゃん!」と思うかも知れませんが、
必ずしもそうではないケースもあります。
協力が得られないまま、ご本人様と2人だけで進めることも少なくありません。
これから障害年金の請求をされる、、
若しくは結果に納得がいかなくて不服申し立てをお考えの方のご家族の方。
ご本人様の身体的、精神的な負担を軽減するためにも、
是非とも協力してあげて下さいね。

さて、私も障害年金専門を名乗っていますので、
同業者の先生からご相談をいただくこともあります。
その中でも、これから障害年金に携わろうと思うけれども、どのような本を読んだ方がいいのか?
といった相談を受けることも少なくありません。

そういう相談を受けた時は、私は迷わず次の2冊の本を紹介することにしています。

2014021922180000


『知ってほしい障害年金のはなし』 佐々木久美子著(日本法令 1,600円+税)


2014021922190000


『障害年金をもらいながら働く方法を考えてみませんか?』松山順子著(日本法令 1,500円+税)

どちらも障害年金を専門とされている女性の先生が書かれた本です。
(当然ですが、知識も経験も私なんかとは比べものにもなりません
これらの本は、どちらも一般の方向けに書いてありますので、
これを読めば実務もバッチリ!というものではありません。

しかし、両先生とも障害年金に向き合う姿勢が本当に素晴らしく、
私も読んでいて非常に勉強になりました。

このブログでも何度か書いていますが、
障害年金の請求を社労士に頼んだけれどもあんまり動いてくれなかったとか、
どんなに訴えても自分の辛さを分かってもらえなかったといった話を聞くことがあります。
こういう話を聞くたびに残念な気持ちになりますし、
その社労士の障害年金に向き合う『姿勢』とか、
障害年金を業として行う『資質』に問題があるのではないかと感じてしまいます。

勿論、私も至らない人間ですので、これからも自分自身を見つめなおして、
日々の業務に当たって行かなければなりません。
それにこういう話を聞くと、どうしても自分の行動を振り返ってしまいますので、
反面教師として私自身の為になっている部分も多々あります。

私は障害年金の業務が大好きです。
請求の過程はとても大変ですが、
年金証書が無事届いたときの感謝の言葉やねぎらいの言葉は、
何事にも代えがたいものがあります。

一方、障害年金の業務は非常に怖くもあります。
病気や怪我で働くことが出来ず、生活の糧を得る手段がなく、
すがるような気持ちで障害年金の請求を考えられている方が沢山います。
電話口で泣き崩れられたことも何度もあります。

病気で苦しみ、周りの人には理解されず、
経済的にも追いつめられている方が相手なのです。
そういったことを理解した上で、請求を進める必要があるのです。

障害年金の知識だけを蓄えて、
こういったことを無視して業務に当たった結果、
前記したようなことが起こるのではないかと思います。

これから障害年金の業務に携わろうと思われている社労士の先生方。
今回紹介した2冊は本当にお勧めです。
是非購読されて、佐々木先生と松山先生の障害年金に対する姿勢を学んで下さい。



障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com





2014年2月17日 (月)

ポストポリオ症候群で障害年金請求の際の注意点②

2014021712090000こんばんは

今日は江越食堂でお昼を食べました
実は私、〇〇食堂チェーンの卵焼の大ファンです
久々に食べたけど、ふわふわに柔らかく焼きあがっていて、
美味しかったです
しかしここのお店、そんなに安くはないので、
調子に乗って取っちゃうと、
結構なお値段になってしまうので注意が必要です
(因みに写真の組み合わせで745円でした。高い?安い?)

さて今回は、前回書いたポストポリオの要件3つを、もう少し詳しく見ていきたいと思います。
※前回のブログはコチラをご参照下さい。

これら4つの要件を、何をもって確認するかというと・・・、

①新たに加わった筋力低下及び異常な筋の易疲労性…診断書
②ポリオの既往歴があり、少なくとも一肢にポリオによる弛緩性運動麻痺が残存していること
診断書及び病歴・就労状況等申立書等
③ポリオ回復後ポストポリオを発症するまでに症状の安定した期間…病歴・就労状況等申立書
④新たな筋力低下や異常な筋の易疲労性の主たる原因が他の疾患ではないこと…診断書


となっています。

これを見ると、診断書や申立書の内容がとても重要であることが分かります。
幼少期にポリオにり患し、その後普通に社会生活を送った後にポストポリオによる障害が出たとしても、
当然にポストポリオとして認められる訳ではないのです。
申立書の記述を注意するのは勿論のこと、
①②④については診断書にしっかりと記述してもらう必要があるのです。

前回から書いている内容は、旧社保庁時代に出されていた通達を紹介したものです。
こういう通達が出ていることを知らない医者は沢山います。
(これは医者が悪いのではありません。障害年金のルールがそれだけ複雑だと思って下さい。

「医者だったら言わなくても当然に書いてくれるだろう」とは思わないで下さい。

最後に、④に関してポストポリオであるか否かを判断する際に、
ポリオにり患した者が筋力低下や疲労を引き起こす疾患の例として、
医学的に挙げられるものは次のとおりとなります。
(要するに、これらの疾患が既往歴に書かれていたら、
④を否定することになり兼ねないというものです)

〇筋力低下を引き起こす疾患例
・絞扼性抹消神経障害
・多発性硬化症
・重症筋無力症
・パーキンソン病
・末梢神経障害
・神経根障害
・脊柱管狭窄症
・脊柱骨折、脊椎腫瘍、脊髄腫瘍
・筋委縮性側索硬化症
・脊髄性筋萎縮症
・頚椎症性脊髄症
・腰椎症性脊髄根症
・変形性関節症
・廃用症候群
・脳血管障害

〇疲労を引き起こす疾患例
・悪性腫瘍
・慢性呼吸不全
・慢性感染症
・糖尿病
・うつ病
・心不全
・甲状腺疾患


※ちょっと数が多いですが、ポストポリオで障害年金の請求をお考えの方もいると思いますので、
通達に掲載されていた疾患は、全て記載しました。




障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com






2014年2月16日 (日)

ポストポリオ症候群で障害年金請求の際の注意点①

こんばんは(お久しぶりです

先日のフィギュアスケートの羽生選手の金メダルに続いて、
スキージャンプの葛西選手が銀メダルを獲得しました
葛西選手は長野オリンピックの代表として、本来なら出場するハズだった選手です。
それが、直前の練習で怪我をして、
団体での金メダルを逃してしまった悲運に見舞われてしまいました。
あれから16年、連続してオリンピックに出場するだけでも凄いのですが、
とうとう個人での銀メダルを獲得しました
さらに凄いのが試合後のコメント。
「また次の目標が出来ました」。
レジェンドと言われる人は凄すぎますね

さて、今回のタイトルは『ポストポリオ症候群で障害年金請求の際の注意点』です。

先ず、ポストポリオ症候群という病気について簡単に説明したいと思います。

これは、幼少期にポリオに罹っていったん回復し、

通常の社会生活を送っていたポリオの既往歴のある方が、
成人してから(多くの場合50歳〜60歳くらいになってから)運動・呼吸機能などの、
様々な障害を引き起こすものの総称を言います。
(正確には引き起こすという表現は適当ではありませんが、
分かりやすくするために敢えてこういう表現にしました)

ポストポリオはポリオに罹った方に生じるものであり、
ポリオが無ければポストポリオは生じないということで”相当因果関係あり”として取扱い、
ポリオで初めて診断を受けた日をもって、ポストポリオの初診日とする取扱いが、
平成18年初頭まで行われて来ました。

これが、社会保険審査会の採決や国会での議論等を踏まえ、
専門家からの意見を聴取したところ、ポストポリオを生じるものからは、
過去にポリオの既往歴があってもポリオウィルスは検出されないこと、
相当な期間を経た後に筋力低下などの要素が加わることにより、
各種の障害が発生することが指摘されました。

これを踏まえて、次の①〜④の要件を全て満たした場合は、
ポリオに起因する疾病として取り扱わないことになりました。

①新たな筋力低下及び異常な筋の易疲労性があること
②ポリオの既往歴があり、
 少なくとも一肢にポリオによる弛緩性運動麻痺が残存していること
③ポリオ回復後ポストポリオを発症するまでに、
 症状の安定していた期間(おおむね10年以上)あること
④①の主たる原因が、他の疾患ではないこと


そして、①〜④を満たす場合は、初診日はポストポリオについて、
初めて医師の診療を受けた日
とすることになっています。

もう少し詳しく書きたいのですが、
続きはまた次回



障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com





2014年2月 9日 (日)

講義終了!

こんばんは

私は今、福岡からの帰りのバスに揺られています
無事、2日間の講義を終えました
大きな山を乗り越えて、ちょっとだけホッとしています

ただ、審査請求や相談、次の講義の準備など、
もう暫くは忙しい日々が続きそうです

来週も、自分らしく頑張ります
では



障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com






2014年2月 7日 (金)

暫く無料相談を中止します

こんばんは

これからまた福岡に向かいます
明日、明後日の講義(雇用保険法)に備える為です。
気合を入れて頑張ります

さて、最近色んな方からの相談が増えています。
それに伴い、請求代行を受注する件数も増えています。
私の知識と経験を生かして皆様のお役に立てるのですから、
私を頼っていただいていることに、本当に感謝をしています。

しかし、現在受けている相談だけで、私の許容量は一杯になっています。
これ以上受けてしまうと、適切な対応が出来かねる可能性があります。
したがって、大変勝手ながら、暫く無料相談を中止したいと思います。
(相談を有料にするということではありません。暫く新たな相談を受けないという意味です。)

勿論、現在請求を進めている方については今まで通りきちんと対応しますし、
今日現在で無料相談のお約束をしている方については、
きちんと行いますのでご安心下さい。

恐らく、3月上旬になれば、
また今まで通り相談をお受けできることになると思います。
(再開する際には、またこのブログで発表します。)

ご理解の程、宜しくお願いいたします<m(__)m>

※平成26年3月10日(月)より、無料相談を再開しています。
どうぞお気軽にご相談下さい。




障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com





2014年2月 3日 (月)

値段だけで決めると…

こんばんは

今日は節分ですね
私も鬼の役をして、豆まきに華(?)を添えました
でも、1歳の息子は怖かったのか、少し固まっていましたが
その後は、年の数の豆を食べて、今年1年の無病息災を願いました
…しかし、毎年食べる量が増えているので、ちょっとシンドイですね
(因みに40個食べました

さて、今回のタイトルは『値段だけで決めると…』です。

日ごろ障害年金の相談を受けていて、非常に残念なことがあります。
それは、社労士に頼んだけれども、大して動いてくれなかったというものです。
これは、県内外を問わずたまにお聞きします。
そしてその場合、
「安さにつられた私にも問題があるんですが」と言われることが多いです。

ここで、誤解のないようにして頂きたいのですが、
私は値段が安いのが悪いとは思いません。
価格については、各社労士が自由に設定出来ますので、
提供するサービスの範囲で価格は決めればいいだけです。

要するに、問題はそこなのです。

自分がここまではやって欲しいと思っていたのに、実際はそうではなかった。
依頼者のここまでやって欲しいという需要の範囲と、
社労士が提供するサービスの範囲に相違があったので、
先記のような言葉が出てくるのではないかと思います。

障害年金の手続きは、非常に煩雑で時間も掛かります。
自分でやった方から、「こんなに大変だとは思わなかった」と聞くこともよくあります。
そして、自分の頑張りと結果は、必ずしも比例しません。
どんなに大変な思いをして手続きをしても、
やり方が間違っていれば残念な結果になってしまいます。
そこで、我々社労士にお願いするのだと思います。

そうであれば、何故最初にどこまでやってくれるのかを確認をしなかったのか、
とても残念でなりません。

これから障害年金の請求をお考えの方々。
そして、社労士に請求の代行をお願いしようとお考えの方々。
最初に確認して下さい。
具体的にどこまで動いてくれるのかを。
どこまでやってくれるのかを。

そのあたりを書面できちんと貰って確認して下さい。
そして、ちゃんと契約書を交わしてから動いて貰うようにして下さい。
口約束ほど信用のないものはありませんので。
(後で言った言わないの問題が簡単に生じてしまいます)

値段が安いのが悪いとは言いません。
しかし、それだけに目を奪われて失敗している方がいるのも事実です。

障害年金の請求は、恐らく一生に一度きりのことです。
しっかりと確認すべきところを確認するようにして下さい。
値段だけで決めると、後で後悔することになり兼ねませんよ。



障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com







« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ