« 障害認定日の診断書 | トップページ | 受診状況等証明書における間違った認識① »

2013年12月18日 (水)

年賀状

2013121812080000こんばんは

今日のランチは、熊本市東区健軍本町にある、
”upup cafe”のグリーンカレーでした
普段、あまりこじゃれた店に行かないので、
何となく落ち着かないような、そんな感じでした
(周りは女性客ばかりだし…
そう言えば、ライスじゃなく、パンビュッフェにしたのですが、2013121812190000_6
写真のように大量に食べてしまいました
(しかも、おかわりまでしちゃったし・・・)
完全に食い過ぎですね
あっ、グリーンカレー旨かったですよ
upup cafeの詳細はコチラをご参照下さい。

さて、今日のタイトルは年賀状。

皆さんは、年賀状はどのくらい出されますか?
沢山出すという方もいれば、全く出さないという方もいるでしょう。
私の場合は100枚くらいかな?
多くも少なくもないというところでしょうか

そう言えば、数年前にどのような年賀状を貰ったら嬉しいか?というアンケートがありました。
多くの方が、”手書きの年賀状”という回答をしていました。
確かに、手書きは気持ちがこもっていますからね、手が掛かっている分、
貰った方は嬉しいですよね

では、自分が送る年賀状はどのようなものか?についてはどうだったかというと、
殆どの方が、”印刷した年賀状”と答えていました
…まあ、現実はそうですよね

私の場合も、やはり印刷した年賀状に頼っています。
勿論、一言くらいは手書きの挨拶も添えますが

手書きの挨拶が、少しでもあるとやっぱり嬉しいものです
逆に、まったくそれがないと、やっぱり味気なく感じてしまいます
なかなか会えない方であれば猶更ですね

…などと偉そうなことを書いていますが、
まだ全くと言っていいほど取り掛かれていないワタシです



障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com







« 障害認定日の診断書 | トップページ | 受診状況等証明書における間違った認識① »

その他」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年賀状:

« 障害認定日の診断書 | トップページ | 受診状況等証明書における間違った認識① »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ