« 新ポスティングシステムって… | トップページ | 相談業務は人間力 »

2013年12月27日 (金)

勤めている期間が短い方でも~300月みなし~

こんにちは

先日、山口県の仲のいい社労士さんから、
”しそわかめ”と”のり”が届きました
しそわかめについては、
以前このブログでも紹介しましたが、メチャメチャ旨いです
それと、この社労士さん、わざわざ茶封筒に入れて、
『例のブツを送ります』って手紙が添えてありました
こういうノリ好きですね
M先生、ありがとうございました<m(__)m>
※興味がある方はココからどうぞ。
(ワタシは井上商店の回し者ではありませんが

さて、今回のタイトルは『勤めている期間が短い方でも~300月みなし~』です。

この前受けた相談なのですが、ちょっと耳を疑うものでした。

「厚生年金加入期間が短い人は、それだけの分の障害厚生年金しか貰えないと、
他の社労士から聞いたのですが、私は勤めていた期間が数十か月しかありません。
請求しても金額が少ないのであれば、あまり意味がないのでしょうか?」


いやいや、これが社労士が回答した内容であれば、
余りにも知識が足りないと言わざるを得ません

障害厚生年金の額は、お給料や賞与の平均と、
厚生年金の被保険者期間(加入期間)を基に計算がなされます。
したがって、加入期間が長ければ長いほど、年金額も多くなります。

ところで、老後に貰える老齢年金に比べて、
障害年金は比較的若い世代で受給するケースも少なくありません。

例えば、大学を卒業してどこかの会社に入社したけれども、
入社のその月に交通事故にあい、重い障害が残ったケースを考えてみますね。
この場合、被保険者期間は数か月に過ぎません。
(被保険者期間は、障害認定日の属する月までカウントされます。)
まともに計算したら、とんでもなく少ない額になってしまいます。
(下手すると、年間数千円程度ということも考えられます)

これでは、障害のある方の補償になりませんので、
被保険者期間が300月(25年)に満たない場合は、300月として計算することになっています。
これを300月みなしと言います。

もうお分かりですね?
前記の質問のように、被保険者期間が数十か月だったとしても、300月として計算してくれるのです。
さらに、障害等級3級の障害厚生年金の場合は、最低保証額も設定されており、
300月みなしで計算しても相当に低い場合でも、最低保証額は支払われることになります。
※最低保証額は約58万円/年です。
※1級と2級の場合でも、300月みなしは適用されますが、最低保証はありません(例外あり)。

いかがでしょうか?
被保険者期間が短かったとしても、それなりの額は支給されることになります。
若いからどうせ殆ど貰えないとか考えずに、
ご自分の権利として障害年金を請求して頂きたいと思います。




障害年金の請求代行@熊本
【全国対応いたします】
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
スカイプ名:tabira-sr

http://www.tabira-sr.com






« 新ポスティングシステムって… | トップページ | 相談業務は人間力 »

障害年金」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勤めている期間が短い方でも~300月みなし~:

« 新ポスティングシステムって… | トップページ | 相談業務は人間力 »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ