« 審査請求において大切なことは | トップページ | 平成26年度に向けて »

2013年9月19日 (木)

ご本人の気持ちが一番大切です

こんばんは

最近、2件の深刻な相談を受けています。
お二方とも県外の方で、共に特殊なご病気に悩まされています。
そして、障害年金の請求に対してご不安なところがあり、色々と迷いがあるようです。
(ご本人様のプライバシー保護のため、これ以上のことは書けません。ご了承下さい。)

私は、「ご自身がどうしたいのか?そしてそれが一番大切だ」ということをお伝えしました。

我々社労士は、受給権獲得のために全力を尽くすこと、
請求の過程において、出来るだけご本人の負担を軽減することが大切だと思っています。
しかし、それもこれも、先ずはご本人に請求の意思が明確にあることが大前提の話です


請求するのはご本人様であり、その権利はご本人様のみが持っているものです。
我々は、そのお手伝いをするに過ぎません。

請求の過程では、昔の嫌な経験を思い出していただかなければなりません。
これは絶対に避けられません。
しかし、本当にお辛いことだと思います。

以前、「私は最初からこんな請求したくなかった」と言って、途中で止められた方がいました。
周りから勧められて、
気持ちが固まっていないのに請求しようとしたことが原因ではないかと思います。

これから請求をお考えの方。
ご本人の気持ちが一番大切です。
その上で、信頼できる社労士をお探し下さい。



障害年金の請求代行@熊本
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
http://www.tabira-sr.com





« 審査請求において大切なことは | トップページ | 平成26年度に向けて »

障害年金」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ご本人の気持ちが一番大切です:

« 審査請求において大切なことは | トップページ | 平成26年度に向けて »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ