« 社労士受験学習ルーム~均等待遇の原則~ | トップページ | 聞かれたことをきちんと答えるべき② »

2013年9月24日 (火)

聞かれたことをきちんと答えるべき①

2013092412160000こんばんは

今日のお昼は餃子の王将のマーボー丼です

もう少し辛くてもいいかなという味付でしたが、
今日はマーボー丼な気分だったこともあり、
それなりに満足しています
それはいいとして、メニューにはマーボー丼”定食”はあるのに、
”単品”は書いていない
何故だったんでしょうか?
因みに、定食700円に対して、単品(スープ付)は504円でした

さて、先日とある役所に電話での問い合わせをしたのですが、非常に残念な対応をされました。
黙っておこうと思ったのですが、思い出すと腹が立って仕方がないので書きたいと思います。
(こういうのが嫌いな人もいると思いますので、そういう方は今回は読まないで下さい。)

皆さんは特定疾患医療受給者証というのをご存知でしょうか?
現在、国で特定疾患となっている病気が130疾患あり、
その内の56疾患が特定疾患治療研究事業対象疾患として定められています。
そして、特定疾患治療研究事業対象疾患については、
医療費の全部または一部が公費の対象となります(要するに補助されるということです)。
※詳細は、難病情報センターのHPをご参照下さい。

私が障害年金のご相談をいただく方の中にも、
この56疾患に該当する方が何人もいらっしゃいます。
その中には、特定疾患医療受給者証をお持ちの方もいますし、
そうでない方もいます。

中にはこの制度自体を知らない方もいます。

そんな方にはこういう制度があることを、情報として伝えています。
※因みに私は、これ以外にも特定疾病療養受療証自立支援医療なども、
ご相談者様への情報提供として、制度の紹介をさせていただいています。

・・・で、実際にお持ちの方から手続きは煩雑かどうかを聞いたところ、
詳しくは覚えていないが、そんなに難しくなかったと思うと言われました。
それで、どの様な手続きをするのかについて、ネット等で調べていました。

その中で、その申請書を県庁や市区役所(以上熊本市の方)、
各保健所(熊本市以外在住の方)に提出することは分かりました。
しかし、申請書と一緒に提出する『臨床検査個人表』(診断書みたいなものです)が、
どこで手に入るのかが分かりません。
そこで、某役所に電話を掛けた訳です。

・・・ちょっと長くなりそうなので、続きはまた次回




障害年金の請求代行@熊本
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
http://www.tabira-sr.com





« 社労士受験学習ルーム~均等待遇の原則~ | トップページ | 聞かれたことをきちんと答えるべき② »

社会保障制度」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 聞かれたことをきちんと答えるべき①:

« 社労士受験学習ルーム~均等待遇の原則~ | トップページ | 聞かれたことをきちんと答えるべき② »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ