« 出来るだけ詳細に教えて下さい | トップページ | ご本人の気持ちが一番大切です »

2013年9月18日 (水)

審査請求において大切なことは

こんばんは

3日ぶりの更新です
別に怠けていた訳ではありませんが(←言い訳)。
読んでいただいている方がいるのにダメですね
毎日のように更新されているブロガー、本当に凄いと思います
私も出来る限り書きますので、これからもご愛読下さいませm(__)m

さて、今日は審査請求書を出して来ました。
医師が意見書の作成に協力してくれないなど、完全に思い描いた通りとは行きませんでしたが、
こちらの主張は充分に分かって頂ける内容に仕上げています。
審査請求は簡単ではありませんが、想いは届くものと信じて待ちたいと思います。

さて、今回のタイトルは『審査請求において大切なことは』です。

結論から書きますが、それは、最初の障害年金請求の時の診断書であり、申立書であり、
その他添付資料の内容です。
これが一番重要なのです。

このブログの中でも何度か書いていますが、審査請求(再審査請求)は、
ピッチャーが投げたボールに対して、判定を変えるように要求しているようなものです。
ストライクゾーンギリギリであれば、「これはストライクだ」と主張することができます。
一方、誰がどう見てもボールであれば、ストライクの主張をしても、それは認められないことは、
火を見るよりも明らかなことです。

なので、最初の障害年金の請求の段階で、これなら認められるというものを提出する必要があります。
(勿論、事実に反する診断書などを出せと言っている訳ではありません。誤解の無い様に。)

診断書の出し直しは原則認められません。
投球のやり直しのようなものですから。

したがって、最初に障害年金の請求をする際には、ちょっとくらい時間が掛かっても、
しっかりとしたものを準備する必要があるのです。
そうすることによって、不本意な結果が出る可能性は低くなりますし、
そうなった場合にも、審査請求の際の根拠にもなります。

これから障害年金の請求を考えている方へ。
手続は煩雑で大変ですが、くれぐれも手抜きをしないで下さいね。

これから審査請求(再審査請求)を考えている方へ。
残念ながら、一般の方が自分でやって認められるのは至難の業と言えます。
出来れば、障害年金を専門とする社労士にご相談下さい。




障害年金の請求代行@熊本
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
http://www.tabira-sr.com




« 出来るだけ詳細に教えて下さい | トップページ | ご本人の気持ちが一番大切です »

障害年金」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 審査請求において大切なことは:

« 出来るだけ詳細に教えて下さい | トップページ | ご本人の気持ちが一番大切です »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ