« メールでもお電話でも、お気軽にご相談下さい | トップページ | 障害認定日請求は大変② »

2013年8月 7日 (水)

障害認定日請求は大変①

2013080712150000こんばんは

今日のお昼ごはんは、にぼらや宇土店で食べました
写真は、いただいた『煮干しラーメン』 750円です。
煮干しで取ったあっさりしたスープに、チャーシュー2枚、
煮卵、メンマ、水菜、海苔が付いていて、
最後にお好みで鰹節をかけます。
因みに、ランチタイムということで、
ご飯がサービスで付いて来ました
あっさり目のラーメンが好きな方にはオススメです

さて、今日は宇土市のとある病院に行っていました。
先日頼んでいた診断書が出来あがったということで、取りに伺った訳です。
出来あがった診断書を確認したのですが、特に不備もなく、
しっかりと書かれたものでホッとしました

障害年金の診断書は結構不備が多く、特に書きなれていない先生が書くと、
必ずと言っていいほど抜けや整合性の取れない部分があります。
必要個所の記入漏れは、年金事務所で追記するように言われます。
また、診断書の内容は支給決定に大きな影響を与えるため、
きちんと確認しないと、後で大変な目に遭う事になります。

以前書いたことがあるのですが、
主治医が自分の日常生活状況を正確に把握しているとは限りません。
(このブログ『きちんと伝えていますか?』参照
特に精神や肢体の診断書は、日常生活状況が大きな意味を持ちます。
出来れば診断書をお願いする際には、自分の日常生活状況を書いたメモなどを渡すようにしましょう。

ところで、障害認定日請求を行う場合は、診断書が2枚必要になります。
具体的には障害認定日以後3ヵ月以内の現症のもの1枚と、現在のものが1枚必要です。
その両方とも、日常生活状況を伝える必要があります。

しかし、何年も経過してから障害認定日請求を行う場合は大変です。
例えば障害認定日が、既に20年前といったケースの場合は、
20年前のことを思い出して伝える必要があるのです。
これは容易なことではありません。

私の場合は、障害認定日頃の日常生活について、詳細なヒアリングを行います。
ご本人様も大変ですが、勿論私も結構大変です
先日は、ヒアリングだけで2時間以上掛かりました。
それから事務所に帰って伝えるべき内容をまとめて、ご本人に送って確認して貰う。
何度かのやり取りの後に、日常生活等を記した聞きとり表が完成するのです。

当然、現在のものについても、同様のヒアリングが必要になります。
まあ、簡単に言うと倍の労力が掛かるということです。

もう少し書きたいことがあるのですが、長くなって来ましたので、続きはまた次回



障害年金の請求代行@熊本
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
http://www.tabira-sr.com





« メールでもお電話でも、お気軽にご相談下さい | トップページ | 障害認定日請求は大変② »

障害年金」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 障害認定日請求は大変①:

« メールでもお電話でも、お気軽にご相談下さい | トップページ | 障害認定日請求は大変② »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ