« 複数の障害がある場合は② | トップページ | 再請求で障害認定日請求は出来るのか?② »

2013年7月21日 (日)

再請求で障害認定日請求は出来るのか?①

2013072110170000こんばんは

今日は家族で、宇土にある赤瀬海水浴場に行きました

熊本市内から1時間弱で行けるし、
人も少なくて私みたいな家族連れには持って来いのスポットです。
2人とも海でジャブジャブとハシャギまくりと思いきや、
1歳の息子は海が怖かったらしく号泣
4歳の娘も海に入るより、その近くの砂場で遊ぶ方が楽しいらしく、
右の写真の様な状態でした
でもまあ、娘はそれなりに楽しそうだったので良しとするか
帰りにタコ焼きとかき氷を食べて、
夏らしく過ごした今日の午前中でした

さて、今回のタイトルは『再請求で障害認定日請求は出来るのか?』です。

先日、ある社労士の先生からこういう質問を受けました。


最初の障害認定日請求で不該当となったので、
再度、障害認定日請求をやり直したそうです。
※前回と診断書の記載内容は異なり、少し程度が重い状態になっていた様です。
提出後、暫く経ってから日本年金機構より、
「認定日不該当の処分をしているので、再度の処分はできない。事後重症に訂正するように」
との連絡が入りました。
認定日請求のやり直しは、やはりできないのでしょうか。

といったものでした。

結論から申し上げますが、このケースでは原則として障害認定日請求は出来ません。
日本年金機構が言うように、事後重症請求しか出来ません。

では、何故出来ないのか?


当たり前の事ですが、過去の状態が変化することは絶対にあり得ませんよね?
従って、診断書の記載内容が変わったものを提出しても、それは認められないのです。
(最初に提出した診断書について処分が決定していますからね、それと整合性が取れなくなります。)

従って、このケースで障害認定日の状態を3級以上として認めさせるには、
審査請求をするしかなかったのです。

しかし、審査請求をするには下記の2点の問題があります。

①原処分(このケースでは不支給決定のことです)を知った日の翌日から、
60日以内にしなければならない為、悠長に構えている訳にはいかないこと。
②そもそも審査請求(再審査請求)は、非常にハードルが高いこと。


審査請求・再審査請求を甘く見てはいけません。
今回の事例では、再提出したときの診断書は最初のやつよりも重く書かれていたとのことですので、
最初の請求時にそれを持って来れなかったのかが悔やまれます。

ご自分で請求した、または病院のソーシャルワーカーさんに手伝ってもらって請求したというケースでは、
この様なことが少なからず起こり得ます。
確かに社労士に頼むのとは違って、申請に費用は掛かりません。
(勿論、診断書等は費用が発生しますが)
しかし、今回のケースで仮に障害認定日に3級、5年の遡りが認められた場合は、

最低でも295万円程が支給されたことになります。

このブログをお読みの皆さま。
障害年金を請求するのは、一生に一度のことです。
それならば不利益を受けない為にも、障害年金を専門とする社労士に相談することをオススメします。

もう少し書きたいことがありますので、続きはまた次回



障害年金の請求代行@熊本
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
http://www.tabira-sr.com

 

 

« 複数の障害がある場合は② | トップページ | 再請求で障害認定日請求は出来るのか?② »

障害年金」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再請求で障害認定日請求は出来るのか?①:

« 複数の障害がある場合は② | トップページ | 再請求で障害認定日請求は出来るのか?② »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ