« 審査請求は簡単ではありません① | トップページ | 審査請求は簡単ではありません③ »

2013年7月31日 (水)

審査請求は簡単ではありません②

こんばんは

最近、クワガタ虫を飼い始めました。
先週末に娘、息子と採ってきた奴です。
小さなヒラタクワガタなのですが、子供たち2人とも大喜び
因みにワタシも大喜び
・・・いくつになっても『男子』なんですね
写真をアップしようと思ったのですが、オガクズの中に隠れていて撮れませんでした
また、出てきた時にでも撮っておきますね

さて、『審査請求は簡単ではありません』の2回目。
先日、電話相談の中で下記の様なことを言われました。

「審査請求をする場合って、もう一度一から障害年金の請求をやり直すようにやればいいんでしょう?」

前回のブログを読んでいただければ、このことが間違っていることは理解出来ると思います。
(前回のブログ『審査請求は簡単ではありません①』参照
完全に投球のやり直しですからね、認められるハズがありません。
※そういったケースが無いわけではありませんが、原則認められません。

因みに、この方はネットで検索していてこのような記述があったと言っていました。
一般の方でも、ご自宅のパソコンでネット検索をすることで多くの情報を得ることが可能です。
しかし、その情報が正しいとは限らないのです。
間違ったやり方をしても、時間もお金も無駄になってしまいます。

先日、審査請求をしたいという方からご相談がありました。
病院のソーシャルワーカーさんの協力の下、障害年金の請求をして、不支給になったという方でした。
しかもこの方、診断書を作成した主治医から「この内容ならば、10人中10人が認定される」、
というお墨付きまで貰っていたものでした。

私が診断書を確認すると、とてもそんなお墨付きが貰える内容ではなかったのです。
よくよくヒアリングをしてみると、今回提出した初診日よりも前に初診日があることが分かりました。
そして、今回分かった初診日で提出していたならば、恐らく認定されただろうと思われます。
初診日の存在を軽く考えた、完全な請求ミスです。


しかし、提出した診断書等から処分が決定される訳ですからね。
不支給決定は妥当だったと思います。
従って、このご相談に対しては、審査請求は出来ないとお答えしました。
(この場合は、再請求を行うべきものです。勿論、先方にもそれはお伝えしました。)

この辺の判断は、一般の方では難しいと思います。

もうちょっと書きたいことがありますので、続きはまた次回




障害年金の請求代行@熊本
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
http://www.tabira-sr.com




« 審査請求は簡単ではありません① | トップページ | 審査請求は簡単ではありません③ »

障害年金」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 審査請求は簡単ではありません②:

« 審査請求は簡単ではありません① | トップページ | 審査請求は簡単ではありません③ »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ