« 再請求で障害認定日請求は出来るのか?① | トップページ | 視野障害も障害年金の対象です »

2013年7月22日 (月)

再請求で障害認定日請求は出来るのか?②

2013072212470000こんばんは

今日のランチは健軍駐屯地前の『香味拉麺』のAランチでした
鶏肉を甘辛いタレで焼いたものと白身魚フライ、
ごはん、サラダ、味噌汁、高菜漬けまで付いて498円
ボリュームはそれ程ありませんが、充分お腹を満たせる量ですし、
何よりもコストパフォーマンスが素晴らしい
それに、家庭的な味で美味しかったですよ
クチコミコミを見たら、ラーメンがあっさり目で旨いみたいなので、
今度食べたら報告しますね
(クチコミ、アクセス等は
コチラからどうぞ)

さて『再請求で障害認定日請求は出来るのか?』の2回目。

前回は、再請求で障害認定日請求は原則出来ないことを書きました。
原則ということは例外が当然あります。

それは、最初に障害年金の請求をしたときの初診日と、別の初診日で障害認定日請求をする場合です。
初診日が変われば、当然1年6ヵ月地点も変わりますので、
障害認定日も変わります(症が認定日の特例の場合を除く)。

障害認定日が変わるのであれば、
その時の状態が最初に提出した時の状態と異なる診断書を提出したとしても、
特に不思議はありませんよね?

したがって、障害認定日請求が可能ということになります。

しかし、下記の3点に注意をして下さい。

①あくまでも、他に初診日がある場合だけであること。
②最初に提出した初診日よりも後になることは絶対にないこと。
③審査が厳しくなること。


【補足】
①例えば精神疾患の場合は、最初に行った心療内科や精神科を初診にしていることが多いのですが、
その前に不眠や頭痛などの症状で、近所の内科を受診しているケースがあります。
②初診日とは、障害の原因となった傷病により、初めて医療機関を受診した日ですので、
時系列的に後になることは絶対にありません。
③これは当然ですよね。したがって、きちんとした証明をすることが大切です。

いかがでしょうか?
当然受診状況等証明書や診断書の内容が重要なことは言うまでもありません。

それと、今回書いたケースはちょっと裏技的な話であって、
やっぱり、原則として再請求で障害認定日請求は出来ないと思っていただいた方がいいでしょう。

障害年金の請求後、思うような結果が出なかった場合は、

①審査請求を行う。
②再請求を行う。


これらの2つの選択肢があります。

しかし、①は相当にハードルが高いですし、②についても障害認定日請求が出来ないなどの、
不利益を被るケースがあります。

後で後悔しない為にも、請求の際に少しでも不安を覚えるのであれば、
障害年金を専門とする社労士にご相談下さい。




障害年金の請求代行@熊本
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
http://www.tabira-sr.com




« 再請求で障害認定日請求は出来るのか?① | トップページ | 視野障害も障害年金の対象です »

障害年金」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再請求で障害認定日請求は出来るのか?②:

« 再請求で障害認定日請求は出来るのか?① | トップページ | 視野障害も障害年金の対象です »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ