« 精神の障害用診断書が旧様式のまま(+_+) | トップページ | 成功率100%=いい代理人? »

2013年6月13日 (木)

”飛ぶボール”隠ぺいについて考える

こんにちは

朝から長男を病院に連れて行ったのですが、着いた途端泣きだす始末
やっぱり”怖いところ”なんでしょうね~
診察中は大号泣
・・・別に痛いことされていないのに
終わった後は、先生に大きく手を振って『バイバイ』していました

さて、朝からテレビを見ていたら、プロ野球の公式戦で使用する統一球を、
反発力の大きい”飛ぶボール”に変更していたというニュースが流れていました。
しかも、NPBの加藤コミッショナーは会見の中で、変更の事実を「知らなかった」とし、
「これは不祥事ではない」との仰天発言が飛び出しました。

・・・どう考えても不祥事ですよね?

仮に加藤コミッショナーがこのことを知っていたなら言語道断、
知らなかったとしても、ご自身の責任は全くないとは言えませんよね?
組織の長としてあるまじき発言だと思います。

それと、変更するならするで、
何故言わずに勝手にやっちゃったんですかね?
この辺がよく分かりません。

”飛ばない”統一球によって、投打で言えば明らかに投手に有利になりました。
昨年、ノーヒットノーランが3回も達成されたことは、このこととは無関係ではないでしょう。
ホームランが激減したのは当然の結果ですよね。

しかし、ホームランと言えば野球の醍醐味。
ルールを詳しく知らない人でも、ホームランは知っていますよね。
確かに息詰まる投手戦も見応えがありますが、やっぱりファンとしては豪快な一発を見たいもの。
特に球場まで足を運んだ時はそう思います。
(私の場合、ホームランが無い試合を観に行った場合は、ちょっとだけ物足りない気がします
恐らくそう思うのは、私だけではないハズ

そう言った興行的な魅力の面から見ても、”飛ぶボール”に変えることの意味はあるのです。
何故、開幕前に堂々と「変える」と言わなかったんでしょうか?

投手も野手も、”飛ばないボール”を前提とした調整をしています。
朝のテレビでもコメンテーターが言っていたのですが、
ピッチャーは飛ぶボールに変わったなら、変わったなりの配球をしてくるハズです。

また、ヤクルトの宮本選手は、
「昨年飛ぶボールにしていたならば、
(極端な話だが)辞めずにすんだ選手もいるだろう」と言っていました。

公式球を変えるのには色んな意味があると思います。
興行的な意味、スポンサーとの兼ね合い、国際ルールとの調整等々・・・。
それはいいとして、やっぱり黙ってやっちゃマズいですよね。

野球、柔道、相撲など、最近のスポーツ界ではその組織の不祥事が取り沙汰されています。
その度に「またかよ」とうんざりしてしまいます。
スポーツの本来の魅力以外の部分で、こういう報道の方が目立ってしまう、
非常に残念なことです。

NPBも今回の事をちゃんと『不祥事』と捉えて、今後このようなことの起こらない組織にして欲しいものです。



障害年金の請求代行@熊本
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
http://www.tabira-sr.com




« 精神の障害用診断書が旧様式のまま(+_+) | トップページ | 成功率100%=いい代理人? »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ”飛ぶボール”隠ぺいについて考える:

« 精神の障害用診断書が旧様式のまま(+_+) | トップページ | 成功率100%=いい代理人? »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ