" />

« 現症日とは① | トップページ | 研修終了 »

2013年6月 8日 (土)

現症日とは②

おはようございます

今日と明日は講師育成研修があるため、またまた福岡に向かいます
講師としてのスキルアップも勿論ですが、久しぶりに他県の社労士仲間と会えるのでとても楽しみです
また、これまでお会いしたことの無い方とも、いい出会いがあることを期待しています
しっかりと学んで、そのあとの懇親会も両方楽しみたいと思います
(明日もあるので、飲み過ぎないようにしないと

さて、現症日の2回目。
今日は診断書のどの辺に書かれているのかと、私が考える注意点などを書きたいと思います。

先ず、現症日の書かれている場所ですが、具体的には下記の表のとおりです。

診断書の種類 場所 表記 備考
真ん中上あたり ⑩障害の状態  
聴覚・鼻腔・平衡機能・そしゃく・嚥下・言語機能等 真ん中上あたり ⑩障害の状態  
肢体 表面:真ん中上あたり 障害の状態  
裏面:一番上 障害の状態
精神 真ん中下あたり ⑩障害の状態  
呼吸器 下から1/3あたり 4 臨床所見 該当する箇所のみ記載
裏面:一番上 ⑪肺結核症
裏面:上から1/4あたり ⑫じん肺
裏面:上から1/3あたり ⑬気管支喘息
裏面:下から1/4あたり ⑭その他の障害又は症状の所見等
循環器 表面:真ん中あたり ⑪循環器疾患 該当する箇所のみ記載
裏面:上から2行目 ⑫疾患別所見
腎・肝臓・糖尿病 表面:真ん中下あたり ⑫腎疾患 該当する箇所のみ記載
裏面:2行目 ⑬肝疾患
裏面:真ん中下あたり ⑭糖尿病
裏面:下から1/5あたり ⑮その他の代謝疾患
血液・造血器・その他 表面:下から1/3あたり ⑬血液・造血器 該当する箇所のみ記載
裏面:一番上 ⑭免疫機能障害
裏面:真ん中上あたり ⑮その他の障害

現症日を記載する欄には、必ず(平成   年   月   日現症)という表記がなされています。
そして、ここの日付が所定の日付になっていることが求められます。
(このブログ
『現症日とは①』参照)

ここで注意をしていただきたいのは、
呼吸器、循環器、腎・肝臓・糖尿病、血液・造血器・その他の診断書には、
検査数値や手術、輸血などについて記載する欄があり、その日付を書くようになっています。
この日付は現症日とは関係ありませんので、必ずしも現症日と一致している必要はありません。
誤解の多いところですので、注意をして下さい。

今回、わざわざ表にしたのは、結構見落としがちだからです。
そして、実際の診断書においても、記載漏れが少なからず存在します。
難しい内容は置いといて、現症日の記載の有無のチェックくらいは必ずするようにして下さいね。



障害年金の請求代行@熊本
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
http://www.tabira-sr.com




« 現症日とは① | トップページ | 研修終了 »

障害年金」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現症日とは②:

« 現症日とは① | トップページ | 研修終了 »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ