« ”飛ぶボール”隠ぺいについて考える | トップページ | それでも保険料は納付すべき① »

2013年6月14日 (金)

成功率100%=いい代理人?

こんにちは

既に昨日の事になりましたが、福岡ソフトバンクホークスが交流戦の優勝を決めました
ソフトバンクが勝ち、阪神とオリックスが負けか引き分け、
楽天が負けという全ての要素が整った場合に、
昨日の優勝が決まるという複雑な要件でしたが、見事優勝と相成りました
交流戦が始まるまでは、決して好調とは言えなかったホークス。
これを契機としてリーグ戦の優勝そして日本一
夢は膨らむばかりです

さて、今回のタイトルは『成功率100%=いい代理人?』です。

障害年金の支給を受ける為に、社労士を代理人として委任する方も多くいらっしゃいます。
勿論、私も業としてそれをやっている訳で、
委任された案件は受給権獲得の為に全力で取り組みます。

障害年金には非常に複雑なルールが存在するため、専門知識を持った社労士に頼むことにより、
ご自分で請求を行うよりも、成功する確率は高くなるのは間違いないでしょう。
手前味噌で申し訳ございませんが、これは自信を持って言えることです。

社労士を代理人として選ぶ際の選定基準は、それぞれの中にあると思います。
そして、多くの社労士が自分を代理人として選んでいただけるように、色々とアピールをしています。
(勿論私もやってますし、それ自体は全く悪いことではありません。)

たまに無料相談の中で、「成功率はどのくらいですか?」と聞かれることがあります。
依頼者としては、当然に気になることかも知れませんね。
幸い私も失敗したことはありませんのでそう答えていますが、
私は『成功率100%=いい代理人』とは思いません。
なのでそこをアピールする気はありません。

相談を受ける案件の中には、相当に難しいものも多く、
成功する可能性が決して高くないと思われるものもあります。
その場合はそれを正直に話した上で、
「それでも請求したいのであれば、全力でお手伝いします」と答えるようにしています。

これまでにも、支給か不支給か、どちらに転んでもおかしくないような案件もありました。
幸い支給されたので本当に良かったのですが、
難しい案件ほど不支給に対するリスクは高いものなのです。
なので、正直に失敗例を話す代理人は、私は信頼できるいい代理人だと思います。
(それだけ難しい案件にも正面から取り組んでいるということですからね、
これは本当にそう思います。)

成功率100%をアピールしている社労士が悪いと言っている訳ではありません。
(勿論、本当に100%成功しているか否かは分かりませんが)
しかし、そういった社労士は、
難しい案件は最初から受けないというスタンスを取っていることも考えられます。

成功率100%というのは、非常に魅力的に映るかも知れません。
しかしそれだけに捉われず、
難しい案件であっても自分の為に全力を尽くしてくれる代理人を探すことが、
受給権獲得のための近道だと考えます。



障害年金の請求代行@熊本
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
http://www.tabira-sr.com




« ”飛ぶボール”隠ぺいについて考える | トップページ | それでも保険料は納付すべき① »

障害年金」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成功率100%=いい代理人?:

« ”飛ぶボール”隠ぺいについて考える | トップページ | それでも保険料は納付すべき① »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ