« 街角の年金相談センター熊本 | トップページ | 社労士受験学習ルーム~再評価率②~ »

2013年5月26日 (日)

社労士受験学習ルーム~再評価率①~

こんばんは

今日、東京競馬場で第80回日本ダービーが開催され、
1番人気のキズナが見事期待に答えて優勝しました
直線大外を豪快に伸び、ゴール手前で2着エピファネイアを鮮やかに差し切り。
いや~、非常に見応えのあるレースでした
キズナの父は3冠馬のディープインパクト、親子2代のダービー制覇です
しかも鞍上は同じ武豊騎手。
さらにいうと、2着エピファネイアに乗っていた福永祐一騎手も、
武豊のお父さんも名ジョッキーでライバル関係にあったんですね。
そういう視点から考えると、競馬がブラッドスポーツと言われるのが良く分かりますね

さて、久しぶりに社労士受験学習ルーム(というか、ブログも4日ぶりなのですが)。
今回の教科は厚生年金保険法、苦手とする方が多い科目です
ただし、国民年金法と共通規定も多いので(通則、障害厚生年金など)、
1つずつ丁寧に押さえるようにしましょう。

さて、今回のテーマは再評価率。
「そんなんテーマにすんなよ!」と思われるかも知れませんね
イマイチ良く分からないという方も多いでしょう。

再評価率とは何かを解説する前に、先ずは報酬比例部分の年金額の計算式をおさらいしましょう。
具体的には下記の①と②を合算したものになります。


平均標準報酬月額×7.125/1,000×被保険者期間の月数(注1)

平均標準報酬額×5.481/1,000×被保険者期間の月数(注2)


(注1)平成15年3月までの被保険者期間の月数
(注2)平成15年4月以降の被保険者期間の月数

では、平均標準報酬月額や平均標準報酬額とは何なのか?
分かりやすいように、平均標準報酬月額について解説します。
(平均標準報酬額についても、同じような考えでOKです。)

平均標準報酬月額とは、普通に考えれば、
これまで支払ってきた保険料算定の基礎となった標準報酬月額(以下、標月)の合算額を、
その間の被保険者期間の月数で割ったものですよね?
計算式を示すと、下記のように考えるのではないかと思います。

(標月+標月+・・・+標月+標月)÷被保険者期間の月数

ところが、これだと
非常にマズイことが起きてしまうのです。

どうマズイのか?そして再評価率はどこで出てくるのか?
続きはまた次回



障害年金の請求代行@熊本
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
http://www.tabira-sr.com




« 街角の年金相談センター熊本 | トップページ | 社労士受験学習ルーム~再評価率②~ »

社労士試験」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 社労士受験学習ルーム~再評価率①~:

« 街角の年金相談センター熊本 | トップページ | 社労士受験学習ルーム~再評価率②~ »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ