« 6月から障害認定基準が改正されます④ | トップページ | 街角の年金相談センター熊本 »

2013年5月21日 (火)

フィーリングは大事(社労士を選ぶ際には)

2013052112130000こんばんは

今日のお昼は合同庁舎1階の食堂のA定食。
今日は『3色丼』でした
ちょっと写真が見にくいですが、手前左が卵、
右がほうれん草、奥が鶏そぼろとなっています
給食を彷彿とさせる味でなかなか旨かったのですが、
笑ったのはこのディスプレイ 。
丼物なのに、何故か左奥にご飯茶碗が
間違って置いちゃったんでしょうね~
食堂の前に並んでいる職員さん達も、
「丼物にご飯が付くんだ」って笑っていました
何ともシュールな光景だったので、思わず写真を撮っちゃいました

さて、今回のタイトルは『フィーリングは大事』です。

先日、障害年金の請求のお手伝いをさせていただいた方にお会いしていました。
この方は、昨年の5月から請求のお手伝いをさせていただき、11月に3級での決定がなされました。
結果に納得が行かなかったので審査請求を行い、
4月に無事2級への処分変更がなされたという経緯があります。
ここまで約1年掛かりましたが、ご本人様、奥様、主治医の先生、
以前部下だった方の協力のお陰で最高の結果を得ることが出来ました。
大変ではありましたが、このような結果に私も大変嬉しく思っています。

・・・で、書いていただいたアンケートを帰ってから読むと、
日頃から私が感じていたことが書かれてありました。
ご本人様からの許可は得ておりますので、ここで紹介したいと思います。


県外の社労士の方のHPで先ずTELしてみましたが、フィーリングが合いませんでした。
そこで近いところを探していた時に、田平さんのところに辿りつきました。
初回相談の時に話を良く聞いてもらい、分かりやすく説明して戴きました。
安心感がありお願いしようと思いました。

因みに私の自慢の為に掲載している訳ではありません。
私が言いたいのは、
フィーリング(相性)は大事だということです。

どんな社労士を代理人として選ぶかは、依頼する方の自由です(当然です)。

雄弁に話をする方を好む人もいるでしょうし、
寡黙でもじっくり話を聞いてくれる人の方が信頼できると感じる人もいるでしょう。
若い社労士の方がフットワーク軽く動いてくれると感じる人もいるでしょうし、
年配の社労士の方が経験もあり安心感があるという人もいるでしょう。
また、同姓の方が相談しやすいと感じる人もいるでしょうし、
歳が近い方が話しやすいという方もいるでしょう。

選定基準はそれぞれにあるものです。
でも、その中で相性が合うか否か
も考慮すべきだと思います。

障害年金の請求に携わる中では、かなり込み入ったことを聞くことになります。
はっきり言って、かなりデリケートな話をします。
昔あった辛い思い出を話していただくこともあります。

でもそれって、お互いの信頼関係がないと、なかなか難しいことなのです。

冒頭で紹介した方と1年間一緒に戦って来れたのは、
やはりフィーリングが合ったことが一番の要因ではないかと考えています。

初回の相談は、大体どの社労士も無料となっているハズです。
そこで色々と聞いてみて下さい。
そして、自分とフィーリングの合う(信頼できる)社労士を探すのが、
受給権獲得の為の近道だと考えています。



障害年金の請求代行@熊本
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
http://www.tabira-sr.com




« 6月から障害認定基準が改正されます④ | トップページ | 街角の年金相談センター熊本 »

障害年金」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィーリングは大事(社労士を選ぶ際には):

« 6月から障害認定基準が改正されます④ | トップページ | 街角の年金相談センター熊本 »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ