« 6月から障害認定基準が改正されます① | トップページ | 6月から障害認定基準が改正されます② »

2013年5月15日 (水)

雨のち晴れ、のち晴れ

こんばんは

今日も障害認定基準改正について書こうと思ったのですが、
今日は色々なことがあったのでそちらを書きたいと思います。

朝一で、途中まで障害年金のお手伝いをさせていただいている方から連絡があり、
請求を取止めるので関係書類を返して欲しいとのことでした。
※因みに、私に非は全くありません。
非常に残念ですが仕方がありません。
障害年金を請求するのはご本人様の権利ですからね、私が決めるべきことではありません。
しかし、請求の過程では当然ながら労力が掛かっています。

医療機関に書類作成を依頼するのにも、連絡をとり依頼文書を作成しています。
そして、出来あがったら取りに伺い、内容に不備があれば追記や訂正を主治医にお願いします。
また、その内容によっては、別の医療機関に再度お願いした方がいいこともあります。
(この辺の判断は一般の方では難しいと思います。)
それに、電話やメールなどの相談を回数の制限なくお受けしています。
特殊な病気であればその病気について調べますし、
特殊なケースであれば、同様の事例がないかどうかを調べます。

一つの請求をするだけでもかなりの労力が掛かるのです。
しかし、目に見えない部分については伝わりにくいのかも知れません。
今回のケースも詳細は書けませんが、それなりに時間も労力も掛かっています。
それが全く分かって頂けなかったのが残念でなりません。
でも、もうどうこうしようという気はありません。
その方にはかなり振り回されましたので、これ以上関わりたくないというのが本音です。

落胆しながらFacebook(以下FB)を開くと、受信箱にメールが届いていました。
大阪のとある社労士の先生です。
この先生とは”全国社会保険労務士FB会”という会があり、
そこでその先生の書き込みにコメントさせていただいたことをきっかけに、
FB上でお友達になっていただいています。

今年の1月、この先生が審査請求に臨むにあたり、医師の意見書を付けようと思うが、
具体例などがあれば教えて貰えないかと言われ、快くOKさせていただきました。
・・・で、私の送った例を基に意見書を作って主治医からサインを貰い、審査請求に臨まれたそうです。
その結果が今日届いて、見事現処分の変更が認められたそうです
(要するに主張が通ったということです
報告を受けて、私も非常に嬉しく思いました

審査請求が通ったのは、その先生と依頼者様の努力の賜物以外のなにものでもありません。
依頼者様の喜びは相当なものだったことでしょう
K先生、本当におめでとうございます

そしてお昼から、障害年金の請求を考えられている方との面談でした。
お母様と娘様2人の3人で来られました。
旧法がらみの難しい案件で、私も事前に調べた上で面談に臨みました。
色々と説明させて頂いた結果、私に依頼したいという嬉しいお言葉を戴きました(感謝です)。
この瞬間は非常に嬉しく、そして身の引き締まる思いです。
受給権獲得のために頑張ります

今日1日は残念な報告から始まりましたが、その後嬉しいことが2件ありました。
トータルで考えるといい1日だったと思います。
障害年金は2つとして同じものは存在しない為、1件1件本当に頭を使います。
しかし、うまく行った時の依頼者様からのお礼のお言葉は、何事にも代えがたいものがあります。
辛いことも沢山ありますが、これからも1件1件誠実に対応して行きたいと思います。



障害年金の請求代行@熊本
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
http://www.tabira-sr.com




« 6月から障害認定基準が改正されます① | トップページ | 6月から障害認定基準が改正されます② »

障害年金」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨のち晴れ、のち晴れ:

« 6月から障害認定基準が改正されます① | トップページ | 6月から障害認定基準が改正されます② »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ