" />

« 帰りのバスにて | トップページ | 休業手当① »

2013年5月 5日 (日)

縁の下の力持ち

こんばんは

今日は、従弟の子の初節句のお祝いに行って来ました
両家から合計20人くらい集まっていたかな?
結構賑やかな会でした
主役のあかちゃんもゴキゲンだったし、陣羽織が非常に可愛らしかったです
いや~、子供のイベントっていいですね

さて、今日はある方からアンケートが届きました。
これは、障害年金の請求のお手伝いをさせていただいた方にお願いしているもので、
障害年金のことをどこで知ったのかや、最初の無料相談の感想、
また、請求までの私の対応についてご意見をいただいているものです。

一つ一つを丁寧に書いていただきました。
感謝です

その中で、とても貴重なご意見をいただきましたので、ここで紹介したいと思います。
※ご本人様からの許可は受けております。


世の中には、障害年金を知らない人がたくさんいます
ドクター、ケースワーカー等に絶対無理と言われ
諦めている患者さん達がたくさんいます
これからも縁の下の力持ちになり
障害を持ち困っている方達の為にお仕事頑張ってください


先ず制度自体についてですが、本当に知らない人が沢山います。
初診日が相当に古いために、初診日の証明を取るのにとても苦労することも沢山あります。

「当時から知っとけばね、こんなに大変な思いせずに済んだとに」

こういうことを言われたこともあります。

また、医療関係者であっても、障害年金についての正確な知識を持っている方は稀なのです。
実際、この方もドクター、ケースワーカー、看護師などに「障害年金は絶対無理」と言われ、
相談にも乗って貰えなかったようです。
不安、怒り、悔しさ、いろんな感情があったのではないかとお察しします。

障害年金を請求する中では、様々な誤解や偏見に触れることがあります。
その中で、本来であれば障害年金を貰える可能性があるにも関わらず、
請求すらせずに諦めている方が大勢いることは、大変残念なことです。

そのような現実の中で、私たち社会保険労務士は、「縁の下の力持ち」の役割を担わなければなりません。
知識と経験を駆使して可能性を探り、
ご本人様の肉体的精神的な負担を軽減させつつ、請求を進める必要があります。

そして、これも大切なことですが、あくまでも代理人として行動するのですから、
ご本人様が望まないような強引なことはするべきではありません。
あくまでも「縁の下の力持ち」に徹するべきなのです。

今回のアンケートのご意見、私にとってとても嬉しく、そして身の引き締まる思いがしました。



障害年金の請求代行@熊本
たびら社会保険労務士事務所
電話:096-221-1318
http://www.tabira-sr.com




« 帰りのバスにて | トップページ | 休業手当① »

障害年金」カテゴリの記事

コメント

老齢年金と異なって、障害年金は敷居が高いと思われていることが多いのが現状でしょう。
職場のケースワーカーから聞かれるのは、まずは、どの障害が年金をもらえるかとの質問。
先生のような専門家でない限り、ある程度の目安が立つわけではありませんし、実際、裁定されてみないと分かりませんのにね。
(私の頭に入っているのは、労災に準じた、要介護、随時介護、就労不可のアバウトな目安くらいです。(笑))
それより、初診日、認定日、保険料納付の3要件を押さえて、相談することの方が大切ではないでしょうか。
先日の蒸し返しではないですが、年金事務所でも無理ですと言われることもあるかも知れませんが、とりあえずは、チャレンジしなければ始まりませんし。

田舎のCWさん、コメントありがとうございます。
ご存知かと思いますが、障害年金は一部の例外を除いて、殆ど全ての疾患が対象になります。
要するに病名で決まるという訳ではないんですよね。
でも、「難病指定されている疾患なので大丈夫」とか思われている医療関係者は現実に存在します。
あくまでも、日常生活や就労にどの程度の支障をきたしているかが、認定の際の基準になって来ます。
障害年金に絶対はありませんので、可能性があればチャレンジしてみることは大切だと思いますね。
ただし、診断書代など、請求するだけでもそれなりの費用が掛かりますので、
本人がそれでも請求したいという意思があることが大前提にはなりますが。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 縁の下の力持ち:

« 帰りのバスにて | トップページ | 休業手当① »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ